Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆とっても困るリゾートでの食事

最高のホテルですが、リゾートならではの悩みの一つ「食事」。

全てが高くて、高くてもおいしいならいいのですが、あまり・・・。

初日は、右も左もわからないからとりあえずレストランへ。

貸切状態・・・・。

価格はベトナムプライスの5倍ぐらい違うかと・・・。

コーラもこんなお洋服を着て出てきます。

まあ、この湿度で冷たいものは結露がすごいですからね・・。

お料理も見かけはお洒落ですが、

他に誰もいないし、きっと新鮮ではないかと・・・・。

すごーいご飯のおいしいベトナムだけにがっかり・・・。

ああ、小汚い食堂でいいから食べに行きたい。

結局高くついた初日の夕食。明日からどうしよう・・・・。

朝ごはんはラインナップも多くて、私の好きなフォーももちろんありますが

フォー用の香草だってこの通り!

器も何もかもお洒落です。

お洒落だけど味はあんまり・・・・。

彼は大好きなミュズリーを見つけて大喜び、でも小さっ!

メコンで食べた新鮮なフルーツ、あの味が忘れられず

おいしいものをあの時食べ過ぎたのか、フルーツは味が無く感じます。

リゾートホテルってなかなかレストランもピカイチってのが無いと聞きますが

やっぱりそうなんですね・・・。

翌日は街へ繰り出し、おいしいランチ!って思ったのですが

Da Nangの街はヌードル屋ばかりで、私は嬉しかったけれど

彼はなんだかイマイチみたいで。

とりあえずスーパーでビールとポテチを買い込みました。

リュックサックが一杯になるぐらい大量に買っても、ホテルのビール1缶より安い!

その後ホテルに戻り、前日海沿いを散歩してたら、

海鮮って書いた食堂みたいなのを見つけたので

2日目はその海鮮食堂に行ったら、「メニューは無い」とのこと。

水槽に魚や海老がたくさん泳いでいて、好きなものを選んで!とのこと。

お料理方法とかも指示するらしい。

でも、ここ中国人グループの食堂みたいになっていて、

中国語しか通じないらしい、支払いも中国元か?って聞かれました。

ただ、お姉さんがまーったく英語も何もわからないため

オーダーするにも出来ません・・・・。

人が食べているものを指差しても、みんなグループなので凄い量で、

少なくね、ってこともわからないみたいで

もうコミュニケーションに限界を感じてあきらめました・・・。

しぶしぶお部屋に戻り、昼間に買ったビールとポテチ。

でもあまりにわびしいので、ルームサービスで1品だけ頼みました。

これまたお洒落・・・・。でもイマイチ・・・・。

気を取り直して3日目は、Hoi Anの街に出て、

たらふくお昼ご飯を食べました。

夜もHoi Anに残りたいところですが

ホテルからは無料のシャトルバスがあるので、その時間の関係で

夜ご飯までいることができないので、

同じお店で、テイクアウトをお願いしてホテルで夕食。

冷めてはいますが何よりも、おいしかったです!

ハネムーンだしあんまりケチケチしないでいよう、と2人で言うものの

おいしくて超安いものが山ほどあるベトナムで、

あまりおいしくないものに、法外な料金を払うことがなんだか悔しく・・・。

結局3日目はHoi Anの街にあるちょっとよさげなレストランで

ワインのボトルも買って、持ち帰り、ワインで乾杯!

これだってホテルのワインの半額以下・・・。

3日目にして、食事の調達方法、生きていき方を学びました(笑)

今晩もHoi Anに出ることにします。

っていうか結局Hoi Anぐらいしか行くところが無いので、

このホテルに泊まっていれば、あえてHoi Anに宿泊する必要は無かったな・・・と。

連日ホテルのレストランは無人です。2つも大きなレストランがあるのに・・・。

そりゃ高くてあんまりだったら誰も食べないですよね。

みんなHoi Anに出てるようです。

Hoi Anまで行かなくてもタクシーで近くのレストランに行っても

タクシー代込みでもホテルより安くておいしいですし。

リゾートホテルは、食事が問題・・・。

これって万国共通!?

さて、今日はベトナム最後の夕食。

もう行くレストランは決めてます!楽しみ!

もちろんまたまたHoi Anに出ます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ