Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆寒さと便器で現実に・・・

土曜日の早朝に、無事戻ってきました!

怪我もせず、体調を崩すことも無く、喧嘩もせず無事に戻りました。

出発日も最高のお天気に恵まれて

チェックアウトの後も、海辺でごろごろ。

出発は18時過ぎだったので、それまでホテルで過ごしました。

もちろん出発日もSPAを受けました!

少し暗くなってきた17時ごろに、レストランへ移動し、最後に乾杯!

(とにかくやたらと乾杯好きです・・・、素敵なハネムーンに乾杯だそうです)

そして、ホテルのレストランで自由に使えるipadを借りました。

実は私たち、2人ともipadどころかiphoneも持っておらず

最先端のものにうといです。

ほかのゲストがアメリカ人が多かったのもあってか、

みんな当たり前のように持ってました。

デジカメで写真撮る人減ってる??って感じ。

ほぼ初めてなぐらいのipadは

「すごいね~、指でピュっとやったら大きくなる!うわ~」とか

超初心者の会話してました、私たち・・・。恥ずかしい・・・。

ホテルから空港まで送迎車を手配してもらっていたのですが、荷物を載せ忘れられ、

出発前に言葉では確認したのですが目視確認はしてなくて、

空港着いてびっくり!みたいな・・・・。

そんなハプニングもありましたが無事出発。

ホーチミンの空港は、JALやANAの日本行きの便が同じ時間に出発するので

空港はほとんど日本人では?と思うほど日本人だらけ。

日本行きの飛行機を見てはこれに乗れば日本なのに・・・私の帰る先はドイツ・・・。

と、ちょっとセンチメンタルになりました。嫌だとかそういうことではなくて、

なんとなく、なんかアジアに来て日本まであと少しなのに

ドイツに帰るの~!?みたいな。ちょっと悔しい感じ。

そして無事、国内線+12時間の国際線の旅を終えてドイツ到着。

ちょうど深夜発だったので、機内ではほとんど寝て過ごしました。

私は暑かったけれどベトナムを出るときにはジーンズに履き替え

彼は、ドイツに着く直前に着替える!と飛行機にジーンズを持ち込み、

結局めんどくさくなって、もうこのまま半ズボンで家に帰る!とのこと。

上着だけセーターを着て、下は半ズボンのまま降り立ちました。

空港からはタクシーですぐだし、そこまで寒く無いよね~と。

ドイツに着いて荷物をピックアップして税関で呼び止められ、

え~!スーツケースあけろとか言わんといて~!パチもんとか買って無いし!って

ショックがってたら、税関のお兄さんが彼に、

「それで外に出るのはちょっと寒すぎる、今朝は2度だよ!格好間違ったね!」

とのこと、それが言いたかったらしい(笑)

わざわざ指摘していただきありがとうございます。

そして外に出たら寒っ!!なにこれ!完全に冬ですやん。

息は白いし、寒いし、なにこれーーー!

で、家について扉を開けたら・・・

便器。なにこれーーー!トイレはなぜか工事中!

どうやら不在中に下の階に水漏れしていたらしく、

配管がどうやら・・・とのことで仕方なく入りましたとのこと。

ポストの管理と植木の水遣りに、彼の両親がちょくちょく来てくれていたので

その時に対応できたみたいです。

っていうか、玄関に便器って・・・・。いつまで続くのかしら・・・。

まあ、もう一つトイレあるからなんとかなるけど・・・・。

ドイツのことなので、ここから先が流そう・・・。

年内に元に戻れば御の字です。

っていうか部屋の片隅に便器があるのが困る・・・。

楽しかったハネムーンを現実に引き戻した寒さと便器。

ああ・・・ドイツに戻ってきたんですね。

家には、彼の両親からメッセージとプレゼント。

取り急ぎお腹が減ったら食べられるものをと思って、と食べ物色々

そして無事戻ってきたことに乾杯ね~とミニゼクト(←乾杯好きは親譲り!?)

こういうちょっとした可愛い気配りが彼のママは上手いな~と思います。

ポストの管理とお花の水遣りをお願いするような長い旅行から戻ってきたら

必ずこんな感じでメッセージが置いてあります。あとお花もありました。

来週からはまた仕事・・・。

でも、そういう日常があるから旅行が楽しめるんですよね。

毎日旅行だったらありがたみがなくなってしまいますし。

そう思って、頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ