Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆荷造りの成功と失敗

今回、ベトナムに旅行するにあたり、

本当に多くのネットの情報がとっても役立ちました。

なので、私も誰かの役に立てればと、

思いついたことをこれからも書いていきたいと思います。

関係ない人にはつまらないと思いますが・・・。

ホテルに関しては早速トリップアドバイザーでコメントしました。

おいしいお店なども近いうちにアップして行きたいと思いますが、

戻ってきた昨日と今日、洗濯に明け暮れているのですが、

ベトナム旅行へ持って行って良かったものやいらなかったものを

今回は報告させていただきます。

服装については、10月中旬の

ホーチミン、メコンデルタ、ダナン、ホイアン、合計2週間

という感じですので、違う時期だとまた感覚が違うかと思います。

とにかくTシャツをたくさん!はおりものはいりません!と、

旅行前に見たサイトにも書いてあったのですが

それを信じず、余計に持って行って後悔しました・・・。

ホント、はおりものなんていりませんでした。

冷房が寒いとか全くありませんでした。

ただ唯一、車が寒かったことが1度だけありましたが

ストールで十分。ストール1枚あればもう無敵かと思います。

汗もかくし、スコールもあるし、Tシャツはあるだけ便利です。

またタンクトップなども便利。要は真夏用の服がたくさんあればよいかと。

ジーンズは全く履きたくなくて、持って行って失敗。重いしかさばるし。

ぬれても乾くのが早い綿のパンツとかが良いかと思います。

あとリゾートでは水着を下に来て上に着るような

ワンピースのようなものがあれば、レストランなども行けるし

ホテル内もうろうろ出来るので良いかと思います。

彼はいいレストランに行くならシャツとかいるよね?と

絶対にいらないという私の意見を無視して持って行ってました。

当たり前ですがいりません。

高級レストランには行きませんでしたが、ある程度のお店でも

普段着のままOKです。

ブログにも書きましたが下着などが雨で濡れすぎて

手洗いしましたが、高い湿度のせいで全く乾かず、また乾いてもくさい・・・・。

日本なら、室内干し用の洗剤とかあると思うので役立つかもしれませんね。

また洗濯物を入れる用に、旅行前に買った袋が大活躍!

予想以上に洗濯物が多かったので、大きな袋がパンパンになりました。

靴は、活動的な日(私はミーソン遺跡訪問など)用にスニーカーを1足。

それ以外は歩きやすいビーサン(鼻緒が壊れてしまいましたが・・・)、

あと海やプール用のビーサンでよかったかと思います。

ワンピースなど用にミュールを持っていきましたが1度も履かず・・・。

また、ペタンコシューズももって行きましたがあまりの雨で濡れるので

結局歩きやすいビーサンが大活躍しました。

旅行にはかならず持参するルームスリッパ(無印の折りたたみ)も使わず。

ホテルにスリッパがあったり、ビーサンが置いてあったり、

もって行ったビーサンを兼用しても良いかもしれません。

あとドイツは寒いので、出発と到着のときににどうしても上着が要るのですが

その上着もかさばってしまうので、旅行のときはこれ

何年か前にユニクロで買ったダウンジャケットです。

すごく軽くてこうして巾着に入ってしまうもの。

旅行中、かさばらなくて便利です。

それに飛行機などでクッションとしても使えます。

あとは、家にずーっと昔からあって使ったことの無かったポンチョ。

予想外に役立ちました。使い捨てタイプなので捨ててきました。

折り畳み傘ももちろん使いました。

ホテルで傘の貸し出しもありますが、微妙なお天気の日はやはり必須。

ホテルのプールや海に行く用のバッグ、というか袋も役立ちます。

お水と本などこまごましたものを入れるように。

濡れようが、どうなってもいいような袋。

あと、旅行には必ず持って行くのですが小さくなるBAG。

私はこのルフトハンザのバッグを使っています。

何年か前に空港のワールドショップで買いました。

チャックがすぐに布を噛んでしまって正直使いにくいです・・・。

かなり大きなバッグになるので、荷物が増えたときとか、

今回はメコンデルタに行く間はスーツケースをホーチミンに置いていったので

その時に荷物を詰めました。荷物がちょこっと増えるようなときには便利です。

海外旅行の必須といえば、やはりお財布!

日常使っているお財布を使う人もいるようですが、

私は通貨が違う国に行くときは毎回これ。キャスのポーチです。

カードも入れられるようになっているので便利です。

ちなみに日本に帰国するときもこれです。通貨が違うので(笑)

ベトナム到着時に、旅行会社の人が引ったくりなどが増えているので

気をつけて下さいとのことでしたので貴重品は基本、ホテルのフロントに預けて、

面倒ですが、都度少しずつ取り出していました。

お部屋のセーフティーボックスもほとんど使わずフロント預けにしました。

あと、私たちは毎回荷物の一つに必ず入れてるワインオープナー。

アメリカでオープナーが無くて困ったことがあったので

それ以来必ず持って行っていますが、今回も役立ちました。

(これはあまり必要な情報ではありませんね・・・)

あと、虫除けスプレーは持って行って使ったのですが、

刺された後のムヒ的なものを持って行ってなくて困りました。

戻ってきてネットで調べたら塩水が良いとのことでしたが、それも後の祭り。

とっても痒くて寝られず、辛い思いをしました。

あと当たり前かもしれませんがポケットティッシュ。

ローカルなレストランなどは、ティッシュが無いことが多かったです。

あとコンセントのソケット(って言うんですかね??)

差込口を変えるもの。

今はデジカメとか電圧は問題ないので、差込口が問題ですよね。

ベトナムはドイツのものはそのまま使えました!びっくり!

一応持って行った、日本の製品をドイツ仕様に変えるものが役立ちました。

デジカメは日本製なので。

今回旅行にもって行ったのが左側のもの。

右側はドイツのものを日本の差込口に変えるものです。

ドイツに来てすぐは日本のものしか持っていなくて、

左側のしか使っていなかったのに、なんか気がつくと今は

ドイツの電化製品を日本で使う(携帯の充電とかPCとか・・・・)

そっちのほうが増えている自分になんだかドイツ生活長くなったなと感じます。

旅行ってなんだかんだと荷物が増えますよね。

まあ、最悪現地で買えばいいんですけど、

いざというときに無いと困りますよね。

ベトナムはまた絶対にもう一度行きたいな!と思うので、

そのときには無駄なものを持たずすっきり旅行したいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ