Living in Germany

ドイツ人と国際結婚。夫&娘とドイツ暮らしです。

 

 

 

 

☆食器のブランドを揃えたい!

このところずっと考えていること、それは食器。

これから先、ずっと使っていく家の食器をちゃんとしたもので

ある程度シリーズで揃えたいと思っていて、それをどのブランドにするか悩んでいます。

昔はばらばらの食器でも、100均の食器でもなんでも良かったのですが、

ドイツに来てから彼の両親や多くのドイツ人が、我が家の食器というのを決めていて

それを何年も何十年も使っているのを目にしてきました。

食器なんて割れたら終わりだし、安くていい、と思っていたのですが、

ある程度良いものであれば、そのブランドでほぼ永久に生産されているので

もし割れたり欠けたりしても買い足しも出来るし、

家族が増えても必要なときに必要なものを揃えられるという利点があります。

高いものであればそれだけ大切に使うし、一生懸命考えてから買うし、

いろいろな点からも長い目で見たら価値がある気がします。

ちなみに彼の両親が揃えているのはVilleroy&BochのTwist Aleaというシリーズ。

黄色がメインのカラフルなシリーズです。ヨーロッパの食卓に似合う感じです。

お皿も何種類もありますし、カップ類はもちろんグラタン皿とかグラスも全てこの種類。

ちなみに全て12セットずつなのだそう・・・多いですね。

それ以外にもママのおばあちゃんから譲られた100年物のシリーズもあったり

とにかく食器がとっても多いのです。ナイフやスプーンもたくさんあります。

私も同じように何かシリーズで揃えたいと思っています。

高いものなので少しずつ少しずつ長年かけて揃えていけたらなと。

今はまだリサーチ中で、どこのものにするかは決まっていませんが

ヨーロッパのものはやはり平らなお皿がメイン。

そりゃナイフとフォークの文化なので、フチや深さがあるものは使いづらいですし、

枚数の考え方も1人1枚、4人なら4枚という調子。

前菜、メイン、パン皿・・・と1人何枚も必要です。

お店でもテーブルセッティングは基本1人ずつが何枚ものお皿を使うような

コーディネートで展示されていて、それを見ては素敵だの趣味が違うだのと

いろいろ考えているのですが、ふと、私はこれからドイツにいるとしても、

彼の実家やお店のディスプレイと同じように人数分のお皿が必要なのか?

と考えるようになりました。

今までドイツでお料理してきたのを思い返しても、アジア食がメインだし

誰かをお招きするときも、いつもお寿司やアジア食。

そう考えたら、たぶん私は日ごろママが作るような

アラカルトで一人ひとりのお料理を用意するようなことはこれからもほぼ無いと思うし、

ドンっと作って取り分けることがきっと今後も多いと思うので、

お皿の種類と枚数だってきっとヨーロッパのスタイルとは違うはず。

どっちかと言うと取り皿的な小皿が必要で、大皿は少しでOKなはず。

ではでは、一体何が何枚必要??と、最近考えまくっています。

そういう観点で考え出してから、お店で見る目線もまた変わってきました。

っていうか、そういうことを考えたり、整理整頓のサイトなどを見ていて思うのが

二人暮らしなのに食器多すぎ!これ以外にもまだあります。

しかもどれもこれもIKEA&100均ばかり・・・・。

最初に生活に必要だからと買ったり、帰国する人からもらったり、

ちょっと和っぽいのが欲しいと、日本で100均で買ったり、

当時は確かに必要だったけどあの時もうちょっとじっくり考えればよかったな、と。

IKEAのなんて1枚1ユーロもしないものもあって、まあ処分してもいいのですが

それはそれでもったいないし・・・。

でも明らかに全部使っていないし、あまりに詰め込んでいるので

日ごろよく使う食器すら取り出しにくい。

ということで、新しい食器を買う前に、食器棚を整理してみようと思います。

そして、最低限何枚食器があれば大丈夫なのか、を今一度考えてみます。

2人なのでどれも2枚あれば十分なのですが

ありがたいかな食洗機のおかげでどうしても多く必要です。

ご飯の都度、食洗機を使うわけではないし、せいぜい2~3日に1度。

そうなると結局お皿がたくさん必要になります。

理想は、ほんの数枚の使いやすいお皿だけで生活すること!

食器棚にはほっとんど入っていないけれど、不自由ないです!っていう生活が夢!

和にも洋にも使えて、電子レンジ、食洗機が可能なもの。

あとはすっきり収納できるタイプの、スタッキングできるものがいい。

全ての望みにかなうものが果たして見つかるでしょうか!?

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ