Living in Germany

ドイツ人と国際結婚。夫&娘とドイツ暮らしです。

 

 

 

 

☆キッチンにカビが繁殖・・・。

ハネムーンから戻ってきて玄関においてあった便器

あれからあの便器は約2ヶ月そのままで、クリスマス前になんとか

トイレを使える状態にはなりました。彼のパパが相当業者にプレッシャーをかけてました。

ただ、あのときに壊した床のタイルはまだはがれたままで、

そのタイルは大家さんにオーダーしてもらわなければならず

まあ、でも使用するには問題が無いのでそのままにしていました。

配管の水漏れが原因だったようで、専門の業者さんが修理しましたが

最初の段階で大家さんには伝えていたのですが、

タイルの問題が出てきたので、今日、大家さん夫妻が見に来ました。

そしてそのついでに、電球を替えたのに点かない備え付けのランプも見てもらったら

配線に問題があるとかで、よくわかりませんが、釘のようなものは無いか?とのこと。

配線をつなぐ・・・釘・・?なんか専門的なものの様。

うちにはあってドライバーぐらいだし、そんな釘とか常備していないし・・・、

でもその釘のようなものがないと直らないらしく、また後日来てもいいけど

それさえあればすぐに直るから、「ちょっと近所の人に聞いてきて!」と

大家さんに言われ、お隣さんに釘をもらいに行きました。

ちゃんとその大家さんが意味する釘みたいなのをもっているお隣さんも凄いなと。

宅配便の荷物の預かりもそうですが、なんとなくまだドイツでは

こういうお隣さんとのお付き合いみたいなのが残ってるのかな・・と感じました。

そして肝心のトイレの床は、近いうちに修理してくれるそうです。

実は先週キッチンの大掃除をしたときに、棚の隅っこが真っ黒になっていて

カビが繁殖していました。棚のものを全部出したから気づいたようなもので、

大掃除をしなければ気づかなかったであろう隅っこなのですが。

このような棚の

奥の奥にカビが生えています。

見つけたときにカビキラーをかけて、ずいぶんマシにはなったのですが、

実はこの壁は、例のトイレのちょうど反対側に面する壁で、

おそらく、キッチンとはいえ日ごろは水が来ない場所なので

例のトイレの件が原因ではないかと思われたので、これも大家さんに相談。

とりあえず、水分を乾かして!とのことで電気ストーブみたいなのをもってきて

中を暖めています。

数日この状態で乾いたら上からペンキを塗ってくれるそうです。

もちろん、この棚に入っていたものは全て外に。

ここにはお鍋とかボウルとか調理器具が入っていました。

ああ・・・掃除したばっかりなのに・・・当面この状態で過ごします。

まあでも先日掃除したからわかったカビなので、それはそれで良かったです。

いずれ気づいたと思いますが、なかなか見るところでもないし、

この角は例の引き出物が入っていたところで、

壁にくっついて置かれていた引き出物の箱もカビだらけだったんです。

それはそれで引き出物を使うきっかけにもなったのでいいのですが。

そしてあれだけ、物が無ければ掃除がしやすい!なんて言ってたけれど

こうしてお鍋とかボウルとかが外に出ているとすぐに手に取れるので、

めっちゃ楽!いちいち扉を開けなくてもいいししゃがむ必要もないし。

まっ、要は何を一番優先するかですね。

大家さんは業者さんと違って、対応も早いので近いうちに元に戻る予定ですが

(じゃないと、家賃の値下げ交渉されても負けちゃうし、

引越しされたら家賃収入なくなるし、かなり丁寧ですばやい対応です)

まあ、なにはともあれ、大掃除をしたからわかった事実なのでよかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ