Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆念願の一生使うお皿たち

誕生日プレゼントにもらった(半分出してもらった)食器。

iittalaのTeemaです。

スターターセットの中には、

26cmプレート 2枚

21cmプレート 2枚

21cmボウル  2枚

15cmボウル  2枚

の合計8枚が入っています。

中でも21cmプレートは本当に使いやすいです。

この21cmのプレートは今後枚数を増やしたいと思います。

21cmボウルも使いやすく、フライングして買ったのが1枚あるので計3枚。

早速嬉しくて毎日毎日使っています。食洗機に入れると足りなくなるので、

手洗いしています、でもそれぐらい使いたい!

・・・というよりは、それ以外のお皿を処分したり、倉庫にいれたので、

他に無いので洗うしかないという感じです。

でも、洗ってまで使うということはそれだけ使えるということだな、と。

夜ご飯の取り皿に。

チャーハンに。

朝ごはんに。ここに一緒に写っているのが引き出物のティファニーマグです。

サラダに。

とってもよく使えます!大正解です。

シリーズを決めたこと、すでに誕生日プレゼントでもらったこを

彼のパパとママに報告したところ、

それぞれパパとママに別々のタイミングで言ったのですが、

なんと見事に2人とも「そのメーカー、そのシリーズは何年もの?」と聞いてきたんです!

2人ともそこにこだわっているみたいです。もちろん歴史は長いですよ!

2005年にリニューアルしているようですが1981年から続いているシリーズで、

ブランド自体は1881年から。歴史はしーっかりあるブランドです。

それを説明すると少し納得した様子。

有名なブランドでも、売れないシリーズだと10年ぐらいでなくなってしまうから

集めるのはある程度10年ぐらいで考えたほうがいいらしいです。

でもこのTeemaは長く続いているので定番なのかね~とのこと。

やはり彼の両親もドイツブランドではないことにちょっと残念な様子ですが、

そんなの知ったこっちゃありません!

パパとママからも誕生日にはこの食器のシリーズで

足りないものをプレゼントするといわれたので21cmのプレートをリクエストしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ