Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆自然派お掃除、その後・・・

自然派お掃除を心がけ始めて早10日がたとうとしています。

今回はじめた自然派お掃除だけでなく、キッチンも何も置かないようにして

1日の終わりにさーっとひと拭きしたり、

アクリルたわしで洗面台やシンクをさっと洗うという行為が定着してきました。

旦那もお風呂の後はちゃんと水分をふき取ってくれているし

お鍋を洗ったときに気になる汚れがあったら重曹でパパっときれいにしたり、

少しずつですが、何に何を使えばよいのかがわかるようになってきました。

重曹の威力には相変わらずびっくりしてばかりです。

本によれば一度で落ちなくても、何度も続けていれば段々落ちていくとのことで、

たとえば便器の尿石みたいな汚れなどは、地道に落としています。

手あれも以前に比べればましかもしれません。

ただ、あまりに重曹やクエン酸の力が面白すぎてお掃除しすぎている感もあり、

水仕事が増えているのでやはり手は常に乾燥しています。

後はちょっとだけキッチンも見栄えを良くしました。

今まで買ったままの容器で使っていた食器用洗剤とハンドソープは

統一した入れ物に入れました。

透明のボトルかこの白のボトルかどっちにしようか悩みましたが、

白のほうがすっきりする気がします・・・が、中身が見えないので残量がわかりません。

例の顔が余計なたわしと共に、こんな感じになっています。

そう、この余分な顔の付いたたわし、購入時はこんな状態でしたが

かれこれ2ヶ月がたち、こんな感じになりました。

水分を含んで木が黒くなっていてほとんど顔がわかりません(笑)

これでいいのよ、これで。

ちなみに、このお顔の付いたたわし、日本のおしゃれ雑貨屋さんで売っていました。

同じ顔でした・・・。顔が無いほうが絶対売れる!!

でも、かなり使えるのでこのたわしがくたびれた日には、

どんなに変な顔が書かれていたとしても、また買うと思います。

でも先代のたわしも6年ぐらい使ったので、まだまだ長い付き合いになりそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ