Living in Germany

ドイツ人と国際結婚。夫&娘とドイツ暮らしです。

 

 

 

 

☆あれ?もう懲り懲りって言ってたのは誰?

今日は朝から・・・

あれ、またお菓子作り!?

・・・・そうなんです、明日急遽ゲストがやってくることになったので。

でも、1人だし、日本人だし、気楽気楽、おいしくて品のある小さなケーキでいいので(笑)

そんな明日のゲストは、なんと女子大生~♪

大学3回生の女の子です。

実は、今1ヶ月だけ春休みを使ってドイツでインターンをしている彼女。

巡り巡って私のところに話が来て、

ドイツで働く女性としてヒントになるような話をしてもらえないか?と漠然とした依頼があり、

たいした話は出来ませんが、と引き受けてやってきたのが彼女。

2時間ほど、色んなお話をしました。

私も、もう12年ぐらい前ですけど「就職氷河期」を経験しましたので、

就職のときの話とか、当時はリクルートの分厚い冊子があってね・・・・

資料請求は全て葉書・・・企業からの連絡も家の固定電話にかかってきて・・・

なんて話していたら、とっても驚かれたので相当古い人だな~と思われたかな。

将来ドイツで仕事がしたいそう。

でも実際どんな仕事があるのか、全くわからなくて・・・と。

1年間ドイツで語学留学も経験していて、パワフルな女の子でした。

私は日本で10年ほど社会人を経験してからドイツに来たこと。

その社会人経験は無駄ではなかったし、どちらかというと

ちゃんと日本で働いてからドイツに来て良かったな、と今は思っていること。

私みたいに30直前で来る人もいるんだから、

チャンスはたくさんあると思うし、急がなくても焦らなくても大丈夫だよ。

と、今思えば思い出話でも、当時は悩んだこととか・・・

生活のこととか、いろんなことを話したあっという間の2時間で、

聞けばもうすぐ日本に帰ってしまうとのことで、

もう一度ぐらいお茶でも出来たらね~と思うも平日は予定があいそうになかったので、

週末の明日、会うことになり、だったらうちに来る~?とお誘いしました。

きっと日本人がドイツでどんな感じで生活してるかとか、

そういうことに興味があるんじゃないかなと思って。

海外で人の家に訪問するってなんか面白いだろうし、現実も見てもらえばと。

ということで明日の彼女の訪問に向けてケーキを焼いているのです。

すごく期待してこられたら、未だバルコニーの椅子しかない食卓とか

夢を壊しちゃうかもですが、飾らずありのままを見てもらいます(笑)

一番張り切ってるのは旦那ですけどね・・・。

若い女の子が来るし、誰かに何かを説明したり見せたりすることが大好きなので、

きっと明日も彼女は餌食になることでしょう・・・。

ワイン畑とか行こうよ!この街も見せたいよねー!と1人張り切ってます。

まあ、私が勝手に招待しても、そうやって「めっちゃウェルカムだよー」と

張り切ってくれるのはありがたいことです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ