Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆断捨離を意識してからプレゼントが選べなくなりました

物を持たない増やさないとう生活を始めてから

誰かに何か、贈り物をするときにかなり迷うようになりました。

使わないものをもらっても困るだろう・・・とか、

私と同じように断捨離に目覚めている人だったら・・・とか

そういうことを考え始めると、何を贈っていいかわからなくなります。

そんな中、友人の誕生日会に誘われました。

ドイツは大の大人でも誕生日会を開催します。

基本は本人がご飯などを作るのでその家に招かれて食事をする感じです。

手土産にプレゼントを持っていきますがそこまでたいしたものではありません。

ちなみに私たちは夫婦ともども、誕生日会とかはやりません。

せいぜい家族の中でお祝いする程度。

なので逆に招かれることも少ないですが、

友人や知人の多いドイツ人はホント、毎週のように色んなパーティーに誘われてます。

引越しパーティーとかもよく聞きます。

今回はドイツ人夫に日本人妻という友人夫妻の旦那さんの誕生会。

奥さんも3月に誕生日だったのですが、そのときはパーティーに行けずじまいで

奥さんにも渡せてなかったので、2人分のプレゼントを用意。

とは言っても、あまり欲しいものもわからないし・・・と無難に金券。

ドイツでは主流のプレゼントです。「Gutschein」と呼ばれます。

郵便局などでは主要ブランドの金券が買えるようになっているので

近くにお店が無くても買うことが出来ます。もちろんそのお店で直接購入も可。

ゲーム好きの旦那さんには巨大電気チェーン店の金券。

カードにチャージできるシステムでレジでチャージしてもらいます。

金額はレジのお姉さんの手書き。もっときれいに書いて欲しかった・・・。

っていうか、私が書く!!と言いたかった。

そして奥さんには、MUJIの金券。

カードでチャージするお店が多い中、紙の金券は珍しいです。

もらったほうも好きなものが買えるし、あげるほうも迷わなくていいので

あとは何のお店の金券にするかってのがセンスという感じがします。

そんな誕生日パーティー、30人ぐらい来てました・・・。すごい規模です。

旦那さんのお母さんが韓国人なので韓国料理もたくさん!

帰り際手作りキムチを頂いて帰りました。おいしかったです!

自分が欲しいものなんていくらでもいえるのに、

他人のプレゼント選びってホント難しいなぁと思います。

こんな欲しいものが単純明快な私なのに、旦那はいつも迷ってるし・・・。

でも、食器をそろえ始めた今は、私へのプレゼントも

「これからはiittalaのものだよねー」と旦那もわかっています。

そんな今日、仕事から帰ったら日本の友人から手紙が来ていました。

このブログにも時折登場する長崎の友人から。

誰かから手書きの手紙をもらうなんて日ごろ余り無いので、嬉しかったです!

そしてその封筒の中に、とっても嬉しいプレゼントが!本当に嬉しかったです。

私のことを想って届けてくれた友人の気持ちに感謝です。

ほんと、プレゼントって価値とか価格とかではなくて、

気持ちなんだな~とすごく感じました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ