Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆ドイツ語「リアルフレーズ」本

約2年のイギリス滞在を終え、もうすぐ日本に帰る弟。

せっかくだし最後に会おうよ!と集合場所を丁度中間で

弟がまだ行ったことがないという「パリ」に決めましたが

旦那は一人っ子で兄弟がいないし、弟も私と2人なので

兄貴ができたことがきっとうれしいだろうし、と勝手に解釈し

「せっかくだし兄弟水入らずの旅行をしておいで!」とはやしたて

私は同じタイミングでちょっと長めの休暇にして「日本へ」。

短い滞在ですが満喫したいと思います。

さて、今日は近場では大きめの本屋さんに行きました。

いろんな方がおすすめしている「123人の家」が欲しくて。

20010009784905353959_1.jpg

でも全然見つからない!どこも「売り切れ」か「取扱いなし」。

大きなところに行けば!と期待するもそこも「売り切れ」でした。

でもその大きな本屋で、ふとのぞいた「ドイツ語」コーナーで

いい感じのドイツ語の勉強本を見つけました!

書いてある通り「ネイティブが使う自然な言い回し」。

こういうの英語だといろんな本があるのですが、

英語以外の言語はどうしても初級向けだったり、トラベル会話だったり

中級レベルのものや、こういう言い回しを学ぶような本がぐっと減ります。

いわゆる敬語の「Sie」を使わず「Du」を使うものすら少ないですし。

しかもできれば、こういう表現ものは日⇔独で学びたい。

きっとドイツにならこういう語学本もあるかもしれませんが、

独⇔独で学んでもピンとこないんですよね。

なのでこういうのがずっと欲しかったんですけど、探せばあるんですねー。

別に探してたわけではないのですが、ふと立ち寄った語学コーナーで発見。

パラパラっとめくった時点で「欲しい」と思いました。

たとえば

P1290446.jpg

P1290445.jpg

P1290444.jpg

↑これとか、学ぶ用は「二人だけで話せる?」ですが

下の例文では「ふさぎ込んでるね・・・」といった表現も出てきます。

別の言い回しで想いを伝えることはできる、

でも気の利いたネイティブっぽ言い方ができません。

たとえば

Na,und?

なんて生活していればいろんなところで直面する言葉。

こういうのが載ってる本って稀です。

ちなみに意味は「だからどうしたの?」って意味。

何かに対して文句を言ったり、小言を言うとこのNa,und?が帰ってきて

イラっとしたことがある人、たくさんいるはず!とくに「サービス業」相手に・・・。

もちろん知っていることもたくさん載っているのですが

ほらやっぱり!

しかたないな

嫌ならいいよ

そう言われるとそうだよね

目の上のたんこぶだよ

目が点になったよ!

あいつが君に色目を使ってるよ(←使わないと思うけど)

お安い御用!

お手の物です

五十歩百歩だね

飲み込みが遅いねえ・・・

類は友を呼ぶ

悪循環だよ・・・

みたいな、別に言えなくても困らないけど

言えたら相槌やコメントの幅が広がるな~と思うセリフ。

こういうのを探している人にお勧めです。

詳しい情報はこちらです、CD付です!

20010009784327394257_1.jpg