Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆コインロッカー大騒動

日本滞在最終日の出来事。

最後の夜は親友の家に泊まる予定でスーツケースと共に向かいました。

合流は夕方だったのですが昼間は別の用があったので

ちょうど通り道である友達の家の最寄り駅でスーツケースをロッカーに入れて

夕方戻って来た時に引き取る計画を立てました。

駅に着いてロッカーの場所を確認すると改札を出なければならず

引き続きそのまま同じ電車なので駅員さんに

「ロッカーに預けるだけだから一瞬だけ外に出たい」と交渉するもダメとのこと。

ちゃんと改札を通るように言われました。まあ仕方ない。

でもその駅員さん、私のスーツケースを見て

「もしかするとその大きさのロッカーがないかもしれないので

入るかどうかだけ先に見たほうが良いので見るだけなら出ていいですよ!」

とのこと。見に行ったら駅員さんの言うとおり、大型は無かった。

今日の予定を聞かれて私の行動から次の駅か乗り換えの駅なら

大きなロッカーがあるかも、との助言。

親切な駅員さんでした。

そして次の駅。

駅員さんにロッカーの場所と大きいロッカーがあるか聞いたら

「400円サイズならあります」とのこと。

400円サイズってどれぐらい??

そのサイズ感って一般的に認識されているサイズなの!?

とりあえず行ってみようと出てみたら小さくて入らない!

最悪です。もー!改札も出たし。

大きな駅なのでその先をウロウロしたらついに発見!

でもね!空いてるのが上の段だけ!

マジで...?

この重たいスーツケースを上に上げろと!?無理無理~

ってか大きいロッカーは下につけるべきじゃない??

いや、それは私のわがままか!?

誰か手伝って~!って思うもみんな忙しそうに携帯見ながら歩いてて

一瞬だけ扉だけでも押さえて~って思うも候補者が見当たらず

1人悪戦苦闘。こういうのはドイツの方が頼みやすいですね。

無事入れてお金は500円、500円硬貨があってホッとしてたら

なんと100円硬貨専用ですって!

しかもご丁寧に「隣の売店に両替えは頼めません」との張り紙!!

踏んだり蹴ったりとはこのことですね。

実は以前も同じことがあって荷物をいれたまま両替えに走ったことがあります。

その瞬間誰かが来て荷物を取られたりしたら最悪だけど

ここは日本、ちょっとぐらいは安全だろうとそのままに。

だってどうしようもなくて…

今回も同じ羽目になりそうな予感!

でも今回は神様が味方してくれました!

財布に100円玉が5枚ありました!良かった~!

時々ICカードで清算できるロッカーがありますがあれだと便利ですね。

日本でのコインロッカー探しは毎回苦労します。