Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆怒涛のオリエンテーションテスト終了

今日は会社を休み早朝から行ってきました、オリエンテーションテスト!

ようやくこの日がやって来ました~!

滞在許可取得の戦いが終わるのももう間近です。

さらっと終わらせたかったのに、ここに書きたくなるほど色々なことが起きました。

毎度のことですが、何事も期待を裏切らない感じです。

本来オリエンテーションテストは6週間?のオリエンテーションコースを受けて

最終日に受けるテストです。

問題はドイツの政治、経済、歴史、宗教、常識・・・などなど色んな分野から250問が

設定されていて、テストはその250問から25問が出題されます。

13問正解で合格だそうです。

250問の問題はインターネットでも見れるようになっていて、

全く同じ問題が出るので、丸暗記可能です。ちょっとボリュームはあるけど・・・。

★もしこれから同じようにコースを受けずテストだけ受ける人がいるとしたら★

さすがに250問の一夜漬けは無理だと思います。でも1週間ぐらいあれば丸暗記は可能だと思います。

250問あっても勉強しなくてもわかるものも多いのでその辺だけさらっと目を通して答えがわからなかったものを何回か勉強すれば十分だと思いますよ。

私はオリエンテーションコースは受けずにテストだけを申し込みました。

「受けたいならどうぞ」という感じで受けさせてもらいました。

何故そうなったかは既に語っているので端折りますね。

先週、わざわざテストを受けるVHS(語学学校)から

「当日は必ず8時半に遅れずに来てください」と連絡がありました。

やけに律義なVHSからぬ対応が不思議でしたが、今朝行ってわかりました。

なんと、コースを受けずテストだけを受けるのは私だけでした。

かなり常識ハズレの行動なのか、先生が私の顔を見るなり

「あなたが◯◯さんね、良かったわ時間通りに来てくれて!」

と、なんだか出迎えてくれる感じが意外でした。

そして「今日はこのクラスでの最後の日だから

テストの後にみんなでカフェにいく予定なんだけど一緒にどうかしら?」

と誘われましたが全員知らないし、お断りしました。

ずっと一緒に勉強してきた生徒達は団結していてみんな仲良し。

先生からは今日の授業の最初に

「今日のテストだけ受ける人だけどみんなよろしくね!」

と私のことを皆に紹介してくれて自己紹介までさせられました。

VHSでは毎回出席簿が回って来て各自がサインをするのですが

その出席簿には私の名前が1回目の授業から書いてあって

全部欠席の生徒になってました。今日の欄だけ出席のサイン。

もうちょっとテストっぽいのを想像してたので普通の授業に仲間入りするのは意外でした。

まずは最初の1時間はテスト直前の復習をしますとのことで授業が始まりました。

開始数分でもう誰がどういう感じかわかるほど

うるさい人、空気読まない人、ただ喋りたがりの人、説明したがりの人・・・

相変わらずぐちゃぐちゃのクラス。

先生が問題を言って生徒を1人ずつあてるのですが

もちろんそんなことは従わず我れ先にと答えを大声で叫ぶ叫ぶ。

私もあてられて困りました。

周りに答えられないように即答してやったぜ!

私は試験問題丸覚えなので意味とか理由とかそういうことはわかりませんが

みんなしっかり意味とかも答えるんですよね、勉強しただけはあるなあと感心。

先生は私に向かって

「インターネットで勉強するのは間違ってないわ!

ただこうしてみんなで討論をしたり色んな局面から

議論するクラスの授業もまた違った面白さがあるのよ。」と言ってましたが、

政治経済、それに歴史や宗教で討論なんて、

授業の空気を読まないグチャグチャ具合が手に取るようにわかるし、

さぞかし各国の意見で激論を交わしたことでしょう。

そういうことで熱くなれない私にはインターネットで十分です。

テスト開始前に5分間のトイレ休憩。

「すぐに始めるからトイレだけね!タバコを吸いたいなら5分で済ませて!」と先生が念押し。

5分休憩ですよ、5分。でも15人ぐらいいた生徒で教室に残ったのは私1人。

ってか5分だよね?マジで全員トイレに行くの!?

時間通り始めると散々言われてるのに全員戻ったのは30分後。あー、ウザい。

もぉー!!ちゃんとしてーー!

ようやく全員が揃い、テスト用紙が配られました。

テスト用紙にすでに名前や生年月日が印字されているのを見て

なんかちゃんとしたテストなんだなあとしみじみ。

用紙に印字された名前や生年月日の確認、

住所の記入とサイン、たったそれだけのことでも大騒ぎ。質問続出。

先生の説明は聞いてないわ、理解してないわで全く進まない。もうちょっと空気読もうぜ!

テストは「ボールペンで」と言われて一瞬戸惑いました。

散々質問しまくりのみんななのにボールペンのところでは戸惑いません・・・・。

あれ・・・・?ってか普通マークシートっぽいのって鉛筆じゃない??

ボールペンなので間違った場合の訂正方法とか説明されて、それが何よりも違和感です。

でも私は叫んだりしませんよー、心の中で驚きつつもおとなしく従いましたよ。

こういうところで「えー!マジ?普通鉛筆じゃね?」とか叫ぶのが

ドイツにおける語学学校の外国人たちのよくある態度ですけどね。

しっちゃかめっちゃかの皆を怒らずに対応する先生がすごい。

まるで大人ばかりの幼稚園です。

ようやくテスト開始。

丸覚えの私は3分程度で終了し退席しました。

私が帰る頃「できたー」と大声で叫ぶアフリカ人。

まだテスト中ですよ、わきまえてください・・・。

全問正解かどうかは自信ないけどさすがに13問はあってるでしょう。

なので完璧に合格していると思います。

はやく来い来い、合格通知~♪

それを持って外人局に行くんだーー!念願の無期限滞在許可だー!

で、肝心のテストの結果ですが

「結果を郵送するまで6ヶ月かかります」ですって。

はっ・・・・?

半年!?

ってか、先日お金払って3ヶ月延長した私のビザ・・・・・・・・・・・・。

間に合わないよね。

ふざけるなーーーー!