Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆旦那の誕生日会、事前愚痴。

明日は旦那の誕生日です。

旦那の誕生日は毎年恒例、パパとママそして旦那の親友が1人やってきて5人で夕食。

たいしたことはしなくていいと言われても、何もしないわけに行かないし、

結局、今日と明日は私はずーっとキッチンにいることでしょう。

今年は最近流行っている(笑)、魚をメインにしたいと思います。

早速今日もいつもの「トルコ」に魚の買い出しに行ってきました。

そうそう、トルコの近くにアジアスーパーを見つけました!

ちょっと高めかな、とは思うもののニラとかもやし、お豆腐なんかが買えるので

これからはお魚屋さんとセットで買い物に行くことになりそうです。

買い物に行く前、家で買い物リストを記入しつつ

明日の夜、どんな料理でおもてなしするか、旦那と話し合いました。

お魚(鯛の塩釜焼き)、さばの竜田揚げを魚料理として

あとはサーモン巻、サラダ巻きを作るってことで。

そのほかちょっとサラダか何か、スーパーでお野菜見て決めよう、というのが

私からの提案でしたが、それを聞いた旦那は

「じゃあ前菜はどうする?」「デザートはどうする?」と、聞いてきます。

そりゃね、ママのお料理はサラダ⇒メイン⇒デザートの3コースは最低あって

誕生日などになればスープが付いた4コースってのが多いのですが、

私はそういうのは出来ないので、全部作ってドンと出す!という日本式しか無理です。

デザートって、誕生日ケーキのことだよね?って感じなんですけど!!!

そりゃね、ママの場合はまず夕方、ケーキを食べてから夕食。

夕食の後のデザートはまた別のものっていう

いつまでたっても理解できないスイーツに挟まれた夕食だけどね・・・。

私的には、誕生日ケーキが十分デザートの役目を果たすので、それでOKとしました。

そして、買出しへ。

スーパーでレジを出たところに、トルコ人がやっている

オリーブとか色々売っている小さなお店があります。

パンにつける色んな味のクリームチーズなども売っていて何度か買ったことがあるのですが

そのお店の前で、パンにチーズを塗って前菜にしようよ!と旦那が言い出しました。

いやいや、やめてくれるかなあ・・・・

お寿司とかお魚食べる前にパンとか無しなんですけど!

まあそれでも今まではあんまり私の作った料理を食べられないパパのために

別途パンも用意してましたけど、もうそれはやめます。

私の作った料理が口に合わなかったら、後で家に帰って何かつまんでちょうだいって感じです。

あくまでも私流にやらせていただきます。

ただね、やっぱり竜田揚げとかは揚げたてのおいしいのを食べて欲しいじゃない?

だからみんなが来てから食事が始まるのにあわせて揚げたいわけよ、

でもホスト側が席を立つってのは無礼って感じで、

ママがお料理したときはいつも「席を立たないけどおいしいお料理」ということを

自慢するというか、なんというか、そういう話に毎回なるんです。

なので、なんとなく私もみんなが食事している間に立つのは気が引けて・・・。

別に割り切ってキッチンに立ってもいいのですがそうするとママがやってきて

手伝ってくれるので「いいのよ!座ってみんなで話してて」と断るのですが

「だめよ、ママが手伝ったら早く終わってあなたも一緒に話せるでしょ!」といわれます。

ママの性格上、私が立ったら自分も何かしないと気がすまないみたいで・・・

でも、和食メインのお料理ではママに何か頼めることも無いわけで。

大丈夫だから、お願いだから1人にさせて!って思うけどそんなこと言えなくて・・・

以前はママに頼むものをわざと残していた時期もありましたけど、

もう最近は、何も手伝わなくていいので座ってて、とはっきり言う、というか

半ば強引に命令っぽく言えるようにもなったし、

そばにいるのは構わないけど手伝いは不要!見たいなら見ててね!

と勝手にして頂戴、と開き直れるようになりました。

とはいえ、なるべくはみんなが来る時間に合わせて全部用意するわけですよ。

そしたらね、もうみんな来たらすぐにでも「いただきまーす」ってしたいのに、

来てからのご挨拶と近況報告、そして乾杯するにもボトルのコルクをあけたり

ワインを説明したりして、いちいち面倒なのー!

そうしているうちに時間がたつわけですよ、お料理なんて冷めちゃうわけ!

洋風のご飯みたいに、オーブンから出してドン!って豪快さは無いので

暖かいものをタイムリーには出せないのよね・・・。

それにね、最初の頃はお箸を出してたんですけど、

両親は全く使えないので、最近はナイフとフォークにしてるんです。

そしたら「せっかくの日本のご飯、お箸で食べたいわ!」とママが毎回言い出します。

巻き寿司をお醤油につけて食べるなんて到底無理なんですよ、お箸で。

ご飯がお醤油の中でぼろぼろになってしまって・・・。

「お寿司は手で食べていいのよ」って言っても、子供みたいだと信じてもらえず

無理に頑張ろうとするのですが、お醤油がお洋服に飛んでしまったり、

とにかく危なっかしいので、私としてはそういう気遣いはもういいんですけど・・・。

そういうところは気を使わず、フォークで豪快に食べてくれるパパは助かります。

今回もまたおんなじ展開になると思います。

私もそろそろ洋風のおもてなし料理をマスターしないといけません。

明日の時間の確認のために、先ほど旦那が実家に電話しました。

「明日は18時に来てね」ってそれだけ伝えればいいのにいつものごとく長電話、

嫌な展開になってきたので忙しいフリをして動き回る私。

でもやはり、ママが私に代わってー!と言ったみたいで電話が回ってきました。

「日本はどうだった?、パパやママは元気だった?」と聞いてきました。

あら、日本から帰ってきてからまだ話してなかったっけ?と

そんなことすら忘れている私。ってか、明日会うから明日話せばいいよね。

今日のこの会話はなんなのさー?

お雛様の飾りにプラスして、お祝いっぽくお花を買ってきました(ALDIだけど・・・)

明日までにちょっとは花開くかな?

じゃあ、明日頑張ります!

また報告します。

っていうか旦那へのプレゼント、買ってません。

なので約束手形にさせていただきます、何にしよう・・・。