Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆ドイツの生活はどうですか?

今日は本当によいお天気でした!抜けるような青空ってまさしく今日のことですね。

空が本当にきれいでした。真っ青だった!

そして今夜は満月かな・・・たぶん。

とにかくお空が明るい!天窓から差し込む月の光で部屋がとても明るくて

思わずランプを消し忘れたかと思ったほど。

街灯よりも強い光のお月様。ブレブレ写真でごめんなさい。

いっちばん明るいのがお月様、その下は街灯。

fc2blog_20130426060230d30.jpg

これだけお月さんが明るいと夜道も怖くない!

月明かりって言葉は知ってたけど、

お月様がここまで明るいってことにドイツに来て初めて気づきました。

これ、先週末に撮った写真。

fc2blog_20130426060909514.jpg

葉っぱひとつなかった木が新芽を出しはじめた状態。

出てきたばかりの葉っぱは緑の色もこんなに明るい!

これがまさしく「新緑」ですよね。

新緑の時期なんて言葉はいっちょまえに知ってたけど

どんな緑色なのか意識したことなかったかも。

鳥のさえずりって川のせせらぎのようなヒーリング的な音というイメージですが

本当に求愛真っ只中の鳥のさえずりって、寝ていられないほどうるさい。

そして本当に朝早くから鳴きはじめる、鶏にも負けないかも!

そして夜はちょっと肌寒くなったころにピタっと泣き止む。

鳥のさえずりにこんなにたくさん種類があるなんて

そしてこんなにうるさいなんて知らなかった・・・。

最近毎日、お花や雑草、たんぽぽやその辺の木などが

毎日ぐんぐん成長しているのを目の当たりにします。

野うさぎの活動も活発になってきました。

夜に活発なウサギちゃんたち、夜道で見かけるとなんかほっとします。

「危ないから道路には出てこないでねー」と思わず願ってしまう。

ベランダにゼラニウムを飾った家を見て、

「ちょっと早くないか?いやもうそんな時期?」とか思ったり

チューリップの寿命の短さに悲しくなったり

イチゴ畑が今年はあまり元気がないなあと心配したり・・・

燕が低く飛ぶと雨が降るのが本当だと気づいたり

遠くから聞こえてくる高速道路の音がやけにうるさい時は天気が悪くなる。

ドイツに来てこういう何気ない毎日の変化に気づくようになりました。

日本にいたときはあんまり考えたこともなかった。

きれいな景色はきれいだと受け止めていたのですが

もっと身近なすぐそこにある自然をそこまで気にしていませんでした。

どちらかといえば都会で育ったものの、

そんなことに気づないほど仕事に明け暮れていたわけでもなく

毎日通勤に数時間かけていたわけでもないけれど、なぜか時間がなかった。

どれだけ考えてもなぜ時間がなかったかの理由が出てこず

あえて言うなら当時と今との大きな違いはテレビを見る時間かな。

そんなにテレビに支配されてたのか、私の生活?+

この春に新しくドイツに来た日本人の方と話すとたいてい聞かれる

「ドイツの生活ってどうですか?」という質問。

一言で答えにくくて「暮らしやすいですよ」なんてまとめて答えてしまうけれど

こういう日々の感覚に気づくようになった、と伝えたい。

パンやケーキを焼いたり、クッキーを焼いたり、餃子を皮から作ってみたり。

マヨネーズを素材から調合してみたり。

お裁縫に没頭したり、ボタンが取れる前に気づいて修理したり

同じ24時間365日がなぜこんなにも違うのか、不思議でなりません。

でもその割には月日が経つのは異様に早いけど。

ふとそんなことを考えた満月の日でした。