Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆旅に出た理由と私のリクエスト

今回、休暇はフランスへの旅に出ましたが、

フランスなんて隣の国だし、いつでも行けるしせっかく長い休みを取るんだから

どっか遠いところに行こうよーと旦那に何度も言っていたのですが却下。

旦那がどうしても行きたかったみたい。

でも結局今回訪問した場所は、旦那はもう何度も行ったことがある場所。

学校のクラス旅行で1回、姉妹都市訪問団として派遣された訪問で1回、

フランス人家庭でホームステイをした長期滞在、そしてバックパッカーで1回だそう。

何もそんな同じ場所ばかり行かなくても・・・と思ったら

とっても素敵なところだからこそ私に見せたいんだそうです。

ほほー、そういうことねー。

まあ、その分旦那はフランス語が話せるので(結構微妙な場面が多かったけど・・・)

私にとっては何もしなくていい楽な旅でもあります。

で、どうせ行くなら!ということで私のリクエストは

①ラベンダー畑が見たい

②キッチンのあるところに滞在したい

③モンペリエに住む旦那の幼馴染夫妻に会いたい

の3つでした。

これがかなうなら場所も行き先もどこでもいいから!!と。

全ての計画を旦那に任せたのに、直前まで何も決まらず。

宿泊先も時期的にどこも高いみたいで、キッチン付きとなるとなおさら。

それでも6月だったのでバカンスシーズンよりちょっと早かったのもあり

探せば貸しアパートとか結構安く借りれるところもあったのですが

最初に保証金を銀行送金で千ユーロ以上払わなければいけないところとか

掃除代とかが加算されて結局高くなるところなど、色々面倒。

旅行が近づいてくるのに、まったく宿泊先が見つからなかったときに、

私の同僚が教えてくれた「キャンプ場に泊まればいい」という情報。

キャンプ場=テントでの生活 OR キャンピングカー

というイメージがどうしても強いのですがキャンプ場の中には、

テントやキャンピングカーのように各自が宿泊設備を持参するだけではなく

ロッジとか、キャンプ場に備え付けられたキャンピングアパートみたいなのがあって

それだと価格も安い上に、キッチンなどもついているらしい。

そんな情報を教えてもらった矢先に、

旦那の両親のお友達からも「キャンプ場がいいわよ」との情報をもらい、

全くノーマークだった「キャンプ場」という候補が出てきました。

そして、調べたら山ほどありますー。これにはびっくり。

特にフランスには多いのか?理由はわかりませんがとにかくあるある。

そして見つけたキャンプ場。

予約が遅くて、6人まで泊まれる場所しか開いていなかったので

2人にはちょっと割高な物件でしたが、

キッチンもあるし、場所も問題ないし、ネットで見る限りかなり可愛いし、

「ここに泊まりたいー」と思える場所でしたので予約。

もともと2週間を前半と後半に分けて2箇所に泊まる予定だったので

キャンプ場を7泊予約したのですが、その後次に泊まる場所がまた見つからず

キャンプ場は軒並み満室(6月末からフランスがバカンスに突入したという悪いタイミングもあり・・)

B&Bでも予算オーバーな場所しかなかったので、急遽出発前日に予定変更し

キャンプ場を10泊に延長したかったのですが、「延長」という手続きが取れず

3泊分を新規予約して合計10泊にして、向かったのでした。

ドイツからも車で行けなくは無いのですが、さすがに10時間ぐらいかかるので

旦那1人に運転させるわけには行かず、近くまでフライトで移動してレンタカーに。

本当はマルセイユ空港が近かったのですが、何事も遅い私たち(いや、旦那!)のせいで

マルセイユ便が取れず、ニース行きに。

まあ、そこまで遠い場所ではないので何とかなりましたが・・・。

ニースの空港って、正式名称を「ニース・コートダジュール空港」って言うんですね。

なんか名前からしてセレブな感じです。

着陸するときにもプライベートジェットでしょうか、小型機がわんさか。

飛行機で旦那の隣に座ったアメリカ人男性。

旦那と意気投合したのかずっと話してました。

私は旦那と離れた席だったので、内容を聞いておらずニースに着いてから

対面したのですが先方もご夫婦での旅でした。

荷物を待つ間も旦那同士がずっと話しているので、私は奥様と会話。

ご夫婦とも今回が生まれてはじめてのヨーロッパ訪問であるということ、

仕事のレセプション?の関係できたので滞在は5日間のみ。

行き先はモナコのモンテカルロとのこと。

一応、昨年地中海のクルーズの旅で駆け足でしたが

マルセイユ、モナコ、カンヌなどを見たので、大体の位置関係はわかります。

モナコであればニースからなら電車で1時間もかからない場所。

車でもそう遠くは無い場所です。

ご夫婦はかなり身なりのしっかりした方だったし、仕事で来たというので

さぞかしリムジンでも待ってるんでしょうって思って

モナコだったらここから近いですしね、あまり時間もかからないし良かったですね、

ってコメントしたら、「ヘリコプターで行きます」とのこと。

旅のスタートから、面食らった感じです。ふわーーー、すごいわ。

キャンプ場に泊まるなんて恥ずかしくて言えません・・・。

そしてセレブなご夫婦とさよならした後、

レンタカーをピックアップしてキャンプ場に向かったのでした。

1時間半ぐらいかなと思っていたニースからキャンプ場まで2時間以上かかりました。

だって、持ってきたナビが壊れたんだものーー!

旅の最初からハプニング発生ですが、何とかキャンプ場にたどり着きました。

P1300441.jpg

なんだかすごく綺麗な施設です。

チェックインの際に、7泊と3泊で別々にとった予約を見て

それだと部屋の移動とか(ランクが違ったらしい)、お掃除代も2回分かかるから

それだったら10泊通しで泊まれるところがいいでしょう、とのことで、

結局もともとの予約より安いプランになり(延泊割引も適用してくれました)

しょっぱなから親切なキャンプ場の対応に感動し、手続きを終えました。

ちなみに、キャンプ場ではこのような腕輪を付けられます。

IMG_1839.jpg

このキャンプ場のゲストだとわかるようにとのこと。

今まで過去に1度だけドイツでキャンプをしたことがありますが

そのときはそういうのは無かったのですが、

今回泊まったキャンプ場は結構セキュリティもしっかりしていて、

キャンプ場にも大きな門があって23時~7時はクローズ。

人が出入りできる勝手口だけ利用できて、暗証番号で入るシステムでした。

そのため門限を過ぎた場合は車はどこかに路駐しなければなりません。

インターネットではやたらと可愛かったお部屋。

さぞかし実物は違うんだろうな~と思って向かったら、

いやいや、とってもいいお部屋だったんです!!

続きは後ほど~。