Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆はじめてのハンブルク

週末の弾丸旅行先はハンブルクでした!

IMG_2615.jpg

今まで一度も行ったことがないと言うとみんなに驚かれ、

それと同時にみんな一度は行く街なのねと思う程、周りはみんな行ったことがあって

実は旦那も初めてだと言うと「嘘でしょ?」と疑われる程でした。

行ったことがないことが異例のような反応をまわりから受け、

絶対行くべき!とみんなが勧めるハンブルクにようやく行くことができました!

ハンブルクはドイツで二番目に大きな都市です。

IMG_2541_20130819055814bad.jpg

港町ハンブルクにはお魚やさんがいっぱいあって、

みんなお肉なんて食べない、ソーセージよりも魚!

ドイツらしからぬシーフードの街!と勝手に思いこみすぎて

簡単に魚系のテイクアウトスタンドとか見つかると思ってたのに

そんなに簡単には見つからない・・・。

やっと見つけたお店は美味しく無くてハズレ。

ちょっと期待はずれの旅のスタートでした。

ドイツ人の同僚が「船ツアーに参加すべし、2時間コースで!

ただし小さい船で行くこと!大きなのは駄目だからねー。」と言っていて、

でも一方で2時間は飽きると教えてくれた人もいて迷いましたが

結局1時間コースで小さい船にしました。

私たちには1時間で十分だったし、小さい船で大正解!

IMG_2613.jpg

大きなタンカーの真下に入って行くんです!迫力ありました!

IMG_2552.jpg

IMG_2599.jpg

IMG_2589.jpg

世界最大級のコンテナ船が停泊していたようで近くまで行きました。

IMG_2581.jpg

IMG_2593.jpg

コンテナが上から降ってきそうなほど近くまで寄ります。

小さい船ならではですね!

IMG_2585.jpg

あとは、修理中のDockを見せてくれたり

IMG_2570_20130819055813c04.jpg

いつ完成するのかわからないオペラ座を海側から眺めたりしました。

IMG_2556_20130819055812f82.jpg

その後も街を観光したり、お店を見たり、

ハンブルクの印象は一言でいうと「おしゃれ」。

ショップもカフェも街も人もおしゃれでした。おしゃれな街だからこその!

IMG_2533.jpg

IMG_2534.jpg

iittalaの直営店もあります。いいなぁ、直営店。

金曜日の夜遅くにわざわざ場所を確認しに行ったので夜の写真です(笑)

買わなかったけどArabia のkokoの500mlのマグカップが

セールで5.8ユーロ!かなりの破格値で売っていました。

お天気が良くなってきたのでアルスター湖畔を散歩。

IMG_2622.jpg

ジョギングしている人の多さにびっくりでした(笑)

IMG_2627.jpg

夜はドイツ人同僚が教えてくれたレストランへ。

ハンブルクに行くと必ず食べに行くというレストランだそうで、

とにかく大絶賛していて、私がハンブルクに行くと知って1番に教えてくれました。

口コミサイトはあまり良くない評価なのがおかしいとのこと。

予約しないと座れないほどのレストラン。まあ美味しかったけど、

そこまでびっくりする程のレストランでも無く、

お客さんを少しでも多く入れるためか

テーブル同志が近すぎて暑苦しくて雰囲気は今ひとつでした。

夕食の後は、Reeperbahnと呼ばれる歓楽街へ。

私は知らなかったのですがハンブルクではとても有名な場所らしく

でも旦那は「女性の行くとこじゃない!」と言うのです。

でも同僚は「楽しいし素敵だし怖いところではないから絶対に行くべし」って言うし、

とにかく見てみよう!と話のネタに行く事にしました。

ReeperbahnとはWikiによると、

「ハンブルクはドイツ屈指の港湾都市であり、長い航海を経て港へ帰還した船員が上陸する地であった。大勢の海の男たちは、無事港へと戻ると女性とのひとときを求めて歓楽街へと駆け込んだため、風俗産業が発展していった。また、この地には多くの合法・非合法的な移民が居住し、小規模な中華街も形成されたほどであったように、各地の文化が混合する空間でもあった。」とのこと

ネオンがキラキラした活気ある街でした。

IMG_2638.jpg

歓楽街とは言え、観光客がわんさか訪れ子供連れの人もいたし、

有名人が案内してまわるツアーとかもあってとにかく賑やか。

結婚前に最後に独身生活を満喫するパーティーをしている人も多くて

人も多いし危険な危ない香りも無く大丈夫でした。

いやらしい雰囲気はあまり無く、

ただ男性のみのグループや1人で歩いている人は

速攻、道に立っているお姉さんに声をかけられていました。

ある一角だけは女性立ち入り禁止のエリアがあり、

壁で囲まれていて中がどうなっているのか気になるエリア!

観光客らしきグループは女性だけが外で待って

男性組が興味本位で見に行っている人もいて

なんというか、歓楽街とは言うもののとってもオープンな場所でした。

時間が早かったのもあるのでしょう。21時ぐらいでしたし。

そして翌日、日曜日。

ハンブルクの日曜日と言えば!のフィッシュマルクトへ。

早朝から9時半までしかやっていないので早起きして行きました。

凄い人でした!観光客が多い!

IMG_2647.jpg

フィッシュマルクトと言うからお魚マーケットかと思いきや

お魚だけで無く野菜、果物もたくさん。

IMG_2649.jpg

こんなカゴ入りフルーツがカゴごと10ユーロとかかなり破格!

魚屋さんもまとめて10ユーロ!とかびっくり価格。

IMG_2662.jpg

お店の人が叫んで売っているので活気があって賑やかです。

お花のセリみたいなのもありました。

IMG_2657.jpg

ニワトリやウサギも販売されていました。

IMG_2651.jpg

そして「まるでオクトーバーフェスト」と言われるホールの中へ。

IMG_2658.jpg

ライブ演奏でかなり盛り上がっていました!

IMG_2678.jpg

まだ朝の8時台なのに!みんなノリノリ!

とりあえず私たちは朝ごはん抜きで行ったので、

めぼしいものを探し回りました。

IMG_2661.jpg

旦那はMatjes(ニシンのオイル漬け)サンドイッチ。

IMG_2665.jpg

私はニシンは好きだけどパンと食べる事に違和感がありニシンだけ。

IMG_2668.jpg

玉ねぎたっぷりで美味しかった!

天気も悪くなり雨が降ってきたので再度ホールに移動し、コーヒーを。

IMG_2682.jpg

周りはみんなビールでしたけど。

IMG_2702.jpg

ホールではバンドの演奏が続きます。

IMG_2685.jpg

IMG_2707.jpg

最初は誰もいなかったのに、1人増え2人増え・・・徐々に増える踊る人達。

それでもまだ午前10時ぐらいですけどね。

IMG_2690.jpg

何より先に踊りだしたのは見事におばちゃん達、いや、おばあちゃん達。

みんなノリノリです。

白い服でカラフルなカツラのおばあちゃん、わかります?

杖をついて踊ってるんです。とっても楽しそうに。

IMG_2693.jpg

こうやって年をとっても好きな事を楽しんでいるおばあちゃん。

年齢なんて関係ないし、杖をついてでも踊りたいと思う気持ちが素敵。

そして何よりすんごい笑顔!とっても楽しそうなおばあちゃん。

なんだか素敵だなあ・・・と思いながら見ていたら

感動というのか、なんだかいいなあと思っているうちに涙が出ました。

上手く言えませんが、なんか私も毎日頑張ろう!って思えました。

ずっと一緒に踊っている高齢のご夫婦も可愛かったなあ・・・。

若い人も子供もみんな一緒に踊ります。

買い物袋を持って踊る人、スイカを片手に踊る人も。

マーケット帰りにちょっと踊ってく?みたいなノリですね。

せっかくだしカツラ持って来たわ~みたいな人も。

IMG_2697.jpg

この人達、仲間内でカツラを順番につけて行くのですが

カツラがつくと、人が変わったように踊り狂うのが面白かったです。

踊っていない人も叫んだりしながらとにかく元気。

朝と言う事をすっかり忘れてしまいました。

結局、日曜日はずっと雨でせっかく行ったBlankeneseも雨。

お天気がよければすばらしい街だったと思いますが・・・残念。

カフェで雨宿り、その後は濡れながらお散歩しました。

IMG_2714.jpg

週末だけの旅でしたが、十分楽しめました。

次はお天気の良い日にしっかり下調べしてから行きたいな~。