Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆日本旅行から戻りました

ドイツに戻りました!寒い!でも紅葉がとても綺麗です。

日本は暑い日が多く10月だと言うのに夏日!30度を超えた日もありました。

覚悟はしていましたが、予想以上にドイツが寒く感じます。

しかもリビングの窓は壊れたまま・・・大家さんも不在らしい。

寒すぎて凍えそうなリビングです。

今回の日本への一時帰国は過去最長かもしれません。16泊18日。

あっという間でしたが、旦那が居たので帰国というより旅行でした。

なにより忘れられない思い出となった沖縄の旅。

台風でおじゃんになった長崎の旅。

式年遷宮の記念年になった伊勢の旅。

どれもこれも思い出がたくさんです。

旅の話はまたまとめますが、今回旦那が初体験した日本の日常がふたつ。

銀行に行くことと美容院に行くこと。

銀行は私が休眠口座や貯蓄口座(日本では収入が無いから貯蓄無理)を解約に行きました。

ずっと気になっていたし、スッキリしたかったし。

私は学生のころから銀行が同じです。

何が理由なのか自分が知らない(気づいてない?)口座がいくつかありました。

カードも通帳も無いので解約には紛失手続きを取って解約が必要で、

言われるがまま書類を記入して捺印。何枚やったかわかりません。

まずは印鑑文化にびっくりの旦那。

しかも銀行員さんは記入や捺印も私に自分でやるように言います。

代筆とかしたら問題なのかなぁ。

捺印時にぶれてしまって印鑑照合が上手くいかず、また一から書類の作り直し。

しかも手続きごとに全て書類が違うんですよ。

山のような数の引き出しから書類を選んで「これに記入して下さい」ってな感じで、

そもそも紙が無駄だし、必要な情報は自動で印刷して

それを確認してサインは本人というのが主流のドイツからはかなり無駄の多い世界。

何故?なんで?を連発する旦那。

そして警備員さんとか順番待ちのカードを出すのを手伝ってくれる方とか

みんな「いらっしゃいませー」と元気だし親切。

でも旦那的には「あの人達、必要?」という疑問。

あとは銀行に来る人の人数にびっくりしていました。

ドイツだとECカード(デビッドカード)が主流だから現金を必要とする人が少ないからか

ATMの台数も少ないし窓口も混みません。

旦那には日本のイメージとは全く違った空間だったようです。

予想以上にマニュアルな世界だったらしい。

そして美容院。私は予約していてその間は旦那に家で待っていてもらう予定でした。

でも旦那が髪が伸びてきたから自分も行きたいと言い出しました。

床屋ではなく美容院。男性も来ているお店だからまぁ大丈夫だけど。

あまりに行きたいというので旦那も予約して一緒に行きました。

日頃、霧吹きで濡らしてカットのみという安い床屋にしか行った事がない旦那に

美容院、ましてや日本の美容院はかなり至れり尽くせりで感動していました。

カット前とカット後にシャンプー。帰って来て、家に髪が落ちないと驚き、

シャンプーの後にマッサージされて驚き、

丁寧なカット(ザクザク切らない)に驚き、感動したようです。また行きたいらしい。

その他、久々の日本で思ったこと、感じたこと。

実はスマホを持ってからはじめての日本滞在でした。

色々ネットで調べたいときに意外にWifiが使えないな~と思いました。

ソフトバンクとかauとかのWifiってあれってその会社の携帯を使っている人が使えるのですか?

日本の携帯事情に全くついていけません…。

Wifiなんて日本は結構発達していると思っていただけに意外でした。

携帯自体は前から使っているプリペイドがあるので問題はありませんでしたが

今後スマホでどうして行くべきか調べないと!

そして、たった2週間ほどでしたが、一体どれほどの事件があったでしょう。

毎日毎日違うニュースが飛び込んできます。

ニュースの内容はなかなか理解できない旦那も、映像からなんとなく理解しては

やさしくておとなしい日本人のイメージと違う・・・と言っていました。

後は今に始まったことではありませんが

日本で手に入らないものってないんだな、とつくづく感じました。

大阪にダルマイヤーのカフェがあってびっくりしたり

雑貨屋さんでもWeckを初めとするドイツのものも充実しています。

とにかく物であふれています。

こんなにお店があって誰が買うの?と旦那が不思議がっていました。

今回、行きたかったここにも行きました!

IMG_3156.jpg

イッタラのお店の商品の充実振りに感激でした。

ARABIAの食器もたくさん売っていますね。

でもあまりにビルが出来すぎて、ちょっと驚きというか不思議というか

さすがに異様なほど出来ていますよね。

本当にこんなに必要なのだろうか・・・。

ではでは、これから旅の報告をゆっくりとまとめて行きたいと思います。

コメントのお返事も少しずつ書いていきますねー。