Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆台風が迫ってきた石垣島

西表島から石垣島に移動して4泊しました。

石垣でもまた民宿です。米原海岸からすぐの民宿「花城」。

P1320077.jpg

この民宿に泊まったことで、石垣の滞在がより素敵な思い出になったといえます。

本当にこの民宿に泊まってよかったな~とつくづく思います。

西表を出るときに民宿の人が「台風が出来ましたよ」と言っていていました。

台風って「来る」という言葉は使うけれど「出来る」って言葉がとても新鮮に感じました。

台風が近づいてくる様子だったのでとにかく急いで観光。

石垣ではレンタカーを申し込んでいたので車での移動がメイン。

お天気のいいうちに!と、とりあえず車を飛ばして色々見に行きました。

P1320022.jpg

P1320009.jpg

P1320012.jpg

それでも段々暗くなってきて・・・・怪しい予感です。

遠くから見た川平湾がとても綺麗だったので近くまで行ったら、

台風に備えてか船を陸に上げていました。

P1320211.jpg

曇っていてもここまで綺麗なのですから、晴れていたらどれだけ綺麗なんだろう・・・

IMG_3252.jpg

実はこの川平湾にはたった4泊の間に3回も行きました!

だってどうしても雑誌に載っているような綺麗な空と海が見たかったから!

ちょっとお天気がよさそうだったら急いで車を飛ばして見に行きました。

民宿からも車ですぐだったので。

でもなかなかスカッと晴れた空にはめぐり合えず・・・。

IMG_3248.jpg

P1320234.jpg

ここはまた晴れた日に来てみたいです。それでも曇っていても十分綺麗でした。

ちなみにここは海の中が見えるグラスボートが有名なんだそうですが

3回とも強風により運行停止でした、あら残念。

石垣島ではシュノーケリングツアーに申し込んでいました。

正直、珊瑚とか熱帯魚とかあまり好きではない私。

水族館なども気持ち悪くてあえて積極的に行くことはありませんでした。

ブツブツしたのとかが気持ち悪くて・・・。

だからダイビングには何の興味もなくて、

ただ石垣に行くんだったら是非一度ぐらいは!と思ってシュノーケリングにしました。

本当は旅の後半の予定でしたが、台風も近づいてきたから急遽日程を早めて

石垣上陸の翌日にすぐに参加しました、結果それが大正解だったんです!

シュノーケリングは1日ツアー、ランチつきのプランです。

お天気はところどころ晴れてはいましたが基本的には曇りで午後は雨。

10人ほど同じ船で出発しましたがみんな体験ダイビングでシュノーケリングは私たちだけでした。

潮がひいているときにだけ現れる幻の島「浜島」へ行ってそこでレクチャー。

まずはそこで軽くシュノーケリング。

すでに魚がうようよいて、すごいなーって言ってたら「こんなの全然いないほうですよー」とのこと。

そしてその後船に乗って何箇所かシュノーケリングをしましたが

何と言ったらいいのか・・・、すごかったです。

魚の多さはもちろんのこと、ただ水面から海を見ているだけなのに

海の底のほうまで見えて、あまりの海の深さに正直怖かったです。

小さなサメもいたし、とにかく魚も珊瑚も一杯でした。

予想以上の感動というか驚きというか、こんなに見れるとは思ってもいなくて

今まで全く興味もなかったことだけに、全く知らなかった世界で

なぜ今まで知らなかったんだろう・・・と後悔するほど素敵な海。

ほとんどの人が半日ツアーで帰っていったのですが

2組だけ残ってお昼ごはん。おいしいお弁当を竹富島で食べました。

とは言っても海辺の端っこなのでそこが竹富島なんて言われるまで気づかず・・・。

そして午後はさらに深いところでシュノーケリング。

ずいぶん慣れてきたので、インストラクターは午後から参加している初心者の人に

ついていたので私たちは自由にうろうろしました。

でも流されてはいないか、旦那やみんなが近くにいるか

気になって気になって何度も顔を上げてチェックして、ドキドキしてました。

ランチを食べすぎたか、途中気分が悪くなって早々と船に戻り

もう十分楽しんだから帰りたい・・・って思ったのですが

「皆さんが希望するならもう1箇所どうでしょう?」って言われて

結局また最後にもう一度シュノーケリングをすることに。

その頃には私も元気になっていて、最後まで楽しみましたけどね。

ウェットスーツは着ていても、肌寒くてお手洗いが近くて

何度もトイレに行きましたが、ウェットスーツの着脱が面倒で面倒で・・・(笑)

お天気が良かったらどれだけ綺麗だったんだろう・・・とこれもまた心残りではありますが、

シュノーケリングという全く興味のなかったことに出会えて、それだけでも良かったと思います。

というのも、宿泊していた民宿から歩いてすぐの米原海岸は

石垣の中でもシュノーケリングのベストスポットで有名な海らしく、

民宿に泊まっている人たちも各自でシュノーケリングに行っていたので、

そんなに簡単に出来るものなの?と思っていたのですが

ツアーに参加したことでどういうものかわかったので、

翌日は自分達だけで米原海岸にシュノーケリングに行きました。

もしシュノーケリングのツアーを最終日にしていたら

自分達だけで海に入ろうなんてアイデアも無かっただろうし

せっかくのチャンスを無駄にしていたかもしれません。

民宿裏の海岸は海に入って1メートルもしない場所から魚がうようよ・・・。

初日に海で泳いだのですがそのときはこんなに魚がいるなんて思いもせず。

台風が近づいていたので波が高くて水の透明度が低かったとはいえ

水族館の水槽の中で泳いでいるようなそんな感覚。

中には気持ち悪い魚もいたけれど、可愛い魚のほうがよっぽど多かったです。

シュノーケリング用のグッズは民宿のすぐ隣にある海の家で借りました。

次回石垣に行くことがあれば絶対に自分用のグッズを買っていこうと思います。

2回、3回借りるぐらいなら買ったほうが安いですしね。

まさか自分がシュノーケリンググッズを買おうと思うとは、

数日前には思いもしなかったのに、すっかりはまってしまいました。

しかーーーーし、楽しいシュノーケリングとは裏腹に苦い思い出が出来ました。

くらげに刺されました。

海にも散々看板が出ているくらげ注意報。

P1320240.jpg

私が刺されたのはこっち。カツオノエボシというくらげ。

P1320241.jpg

このくらげ、見た目はゴミみたいなんです。

最初足首にビビっと痛みがあって、ゴミが絡まったのかと思っていたら

なんだか電気がはしったようなそんな痛みが治まらない・・・。

何何???と周りを見渡したらゴミがあって、これゴミだよねーと旦那と見てたのですが

ちがうよ、これくらげじゃない??とか言いながら恐る恐る木の枝で触ったりしたんです。

その時はまだ上の看板もしっかり見ていなかったし、意味がわからず。

とりあえず民宿のおじさんに聞いてみようと民宿に戻るときに看板を見て

うわー、思いっきりこのくらげだー!という感じでした。

そうしているうちにビリビリした痛みの場所に

蚊に刺されたようなプツプツがたくさん出来てきて見た目も気持ち悪い・・・。

民宿のおじさんは「大丈夫だよ」って軽く言ってたので安心しました。

その後、シュノーケルグッズを借りた海の家のおじさんに話したら

「あららー、出た?早いね~」とそのおじさんも軽く笑って流してくれたので

たいしたこと無いんだなーと安心しました。

でもおじさんが塗っておきな!と塗り薬をくれて塗ったところ、

その後すぐに痛みも腫れもひいたので良かったです。

ちなみにその海の家「ジェリーフィッシュ」って名前、ええ・・・「くらげ」です。

全てが終わって部屋に戻ってから「カツオノエボシ」についてネットで調べたら

非常に強い毒をもち電気クラゲの別名があり、刺されると強烈に痛む。

刺されたヒトの死亡例もある。なんて書いてあってちょっとびっくりしましたけど・・・。

例年もう少し遅くに出るくらげらしいのですが

台風の影響で風が強く流されてきたんだろうとのこと。

ホント夢に出てきそうなほど気持ち悪い物体と痛さでした。

とはいえ、シュノーケリングは本当に楽しかったのでまた絶対にやりたいです!

そしてその後台風もどんどん近づいてきて風が強くなり

絶対に行こうと思っていた竹富島への観光ももう無理だな・・・とあきらめていたら

民宿のおばちゃんが「まだ船は動いているから行って来たら?」と言ってくれて

お天気が心配でしたが竹富に行きました。

これが大正解!風こそ強いもののお天気が良くなったんです!

P1320156.jpg

自転車を借りてサイクリング。

P1320194.jpg

P1320155.jpg

竹富の海はより一層綺麗でした!

P1320118.jpg

行って良かったです!

往復の船は、テーマパークのアトラクションかと思うほど揺れてすさまじい水しぶき、

10分程度だから我慢できましたが、それ以上だと絶対にダウンしてたと思われるほどの揺れ。

そして当初帰る予定だった日は、お空は晴れているし風もそこまで強くないけれど

全便欠航でした・・・。午前中は飛んでいる航空会社もあったのに・・・。

結局石垣から出られなくなり、もう一晩お世話になることに。

その日の夕方ぐらいからどんどん風も雨も強くなって暴風域に入りました。

P1320271.jpg

時には太陽も出るのですが・・・、。

P1320270.jpg

お部屋にいるぐらいしかすることが無く、お昼寝をしてのんびり。

台風の進路や速度をここまで気にしたことなんて今まで無かった。

それぐらい台風情報を随時チェックしましたが、自然相手には何も出来ません。

最終日の朝、午後からは飛行機が飛ぶとのこと・・・。ホント!?

IMG_3305.jpg

ここ石垣島の民宿は、他のお客さんも何組もいてご飯も同じ場所で同じ時間になるので

その都度みんなと顔をあわせます。

それぞれの旅の予定で毎晩メンバーはちょこちょこ入れ替わりますが

同じ時期に泊まったほかのお客さんにも恵まれ、

それはそれは楽しい毎日でした。夜も遅くまで泡盛を飲みながら盛り上がり、

お部屋も近いし洗面所も共用なので一緒に歯を磨いたり、

なんだか寮生活みたいな、最後にはみんなとっても仲良しになりました。

迫ってくる台風の情報交換もより仲良くなれた一つの理由かもしれません。

年齢も住んでいる場所も仕事も何もかも違う人たちなのですが

不思議と縁があって集まって、仲良くなって旅の情報を交換したり一緒に散歩したり、

こんなにすばらしい出会いがあるとは思ってもいませんでした。

連絡先も交換して、いつの日かまたみんなでここに集まろうねー!と誓ってお別れ。

したのですが、台風の影響で結局同じ日に帰ることになり空港でも一緒でした(笑)

本当にこの民宿に泊まってみんなに出会えてよかった!

そして民宿のご飯が最高でした!

IMG_3195.jpg

お母さんが作るような手作りのお料理、品数も多くてボリューム満点。

IMG_3261.jpg

思わずレシピを聞いてしまうようなおいしいものがたくさんあって

毎日どれもこれも全て本当においしかったです。

IMG_3290.jpg

IMG_3257.jpg

IMG_3199.jpg

IMG_3256.jpg

言葉にはしてなかったけれど、私の旦那がいるからだと思うのですが

あえてソーセージを用意してくれたり、スイスのレシピらしいのー!と

初挑戦のメニューだと言いながらもとてもおいしいZüricher geschnetzeltesを作ってくれたり

そういう心遣いも嬉しかったです。

そして、民宿の猫ちゃんたちもなんともいえない可愛さで和みました。

P1320055.jpg

P1320249.jpg

IMG_3246.jpg

お部屋も綺麗でした。お風呂と洗面所は共用です。

P1320045.jpg

P1320046.jpg

洗濯機、乾燥機も無料で使えたし便利でした。

海もすぐ近くだし最高でした。(街中からは少し距離がありますが・・・)

また絶対に行きたいです!

この民宿に泊まって思う存分シュノーケリングがしたい!

お天気のいい時期に絶対にまた行ってやるーーー!!