Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆不満、疑問をKWZにぶつけてみた

KWZに行って来ました。

前回突然の自己注射案内に、受付で人が大勢いる中での注射説明。

旦那の精子は足りていないと言われ、

でも注射を言い渡され、訳がわからず自己判断で中止した自己注射。

本来であれば今日は注射から8日目で、

注射の分量などが順調かどうかの超音波検査の日として予約がありました。

でも注射はせずに、先生の話を聞きたくて行って来ました。

もともと旦那が昨日、今回は話がしたい旨電話は入れていたのですが

電話に出た人が「直接先生に言ってください」って回答で、今日の受付でそのことを伝えました。

受付の人が「精子は足りているって書いてあるわよ」って言って来たのですが

私は前回「足りない」って言われたし、旦那も個別に連絡したときに後2回は来てくださいって言われたし

足りているなんてひと言も聞いていないし、

情報が統一されていない、しっかりと説明されていないと伝えました。

受付の人は「それならそれで構わないから是非先生に聞いてみて!」とのこと。

受付の人からも先生にその話が伝わったらしく、

今日先生に会ったときに、先生はまず「連絡がちゃんとできてなくてすまなかった」と謝ってきました。

もちろん1ヶ月を棒に振ってしまったことはもったいないけれど

私としてはちゃんと先生に会いたかったし話も聞きたかったので

今日ちゃんと説明してくれればそれで構わない。

先生いわく、精子は足りている、先生も今しがた確認を入れたので間違いない。

あと2回といわれた背景は、より良い精子を確保するためのものであるとのこと。

とりあえず12月にどうするかという話になり、

12月は生理が来たらもう一度来て超音波検査。

そこで注射の件を伝えますとのこと、すでに購入した注射で大丈夫とのことでした。

その後の予定みたいなのも教えてくれました。

このまま行けば採卵などがクリスマスにかかるのですがそれも質問したら

大丈夫!休みなしでここのスタッフは必ずいるから、心配なし!とのこと。よかった・・・。

ドイツのことだからクリスマス期間中はお休みかと思った・・・。

せっかく生理が来て超音波検査までやったのにまたふりだしには戻るけど、

私にとってはしっかり説明してもらえてよっぽどこちらのほうが安心です。

そして先生が受付の人に注射の説明をしてね!と引き継いでくれました。

私にとっては2度目の注射の説明。今日は旦那も一緒です。

おばさんスタッフが1人専属でついてくれて、個室に案内してくれました。

2周期目以降になると慣れてるからこういう説明は無いけれど

初めての人にはちゃんと説明してますからね、わかるまで説明するから

心配事があったら何でも聞いてね!との心強い言葉。

初めてだったのに立ち話だった前回はなんなの・・・?

人が一杯いる受付で立ち話での説明でしたけど!

っていうか今日のようにやはりちゃんとするべきだと思います、

スタッフの方にとってはもう嫌ほど説明したことかもしれないけど

患者本人にとっては自己注射ってそんなに簡単なことじゃない!

そして、おばさんはゆっくりとまずは全ての順序を説明してくれました。

次に生理が来たら連絡を入れること、そこでもう一度検査をしたら

自己注射スタート、そして7日目ごろに一度来院して様子をチェック。

そこでその後の注射の量などが見直されて、14日目ぐらいに採卵。

採卵日は麻酔をするけれど、採卵自体は15分ぐらいのものでその後麻酔が効いている間は

休んでから帰ってもらうこと、でも軽い麻酔なので2時間ぐらいで元に戻るらしい。

もちろん目覚めてすぐはフラッとするけど心配なし。

採卵日から5日間は仕事はドクターストップの紙を出します。

家でゆっくり体を休めて次に受け入れる準備をすること!

そのドクターストップの紙にはKWZの印鑑が押してあるので、会社に提出するのが都合が悪ければ

かかりつけ医や婦人科に連絡して、書き換えてもらえばよいとのこと。

そして順調に行けばそこから5日位で私の体に受精卵を戻し、そこから2週間後に妊娠判定。

その2週間はきっと判定を待つ長くて辛い2週間だと思うわ、とのこと。

そうなの、こういうことが聞きたかったの。

全体の日程のこととか、前回はまーーーったく説明が無かった。

なぜ誰も伝えてくれなかったんだろうか・・・。

そして注射が始まったら水分をたくさん取ること。目安は1日3リットル。

それは卵胞?を守るため?みたいな事を言っていました。

すぐに3リットルは飲めないから早いうちから訓練しておいたほうがいいわよ!とのこと。

このおばさん、見かけ怖いけど本当に丁寧で、

別に簡単な単語を選んでいるわけではないと思うのですが

びっくりするぐらいおばさんの言うことが理解できて、本当にわかりやすい。

おばさんの親切さに逆に感動して目がうるうるしてしまいました。

そして注射の説明に。

この間ペンシル型の注射の説明しか聞いていないと伝え、

もう一度旦那もいる前でイチから説明してもらいました。

テスト用の注射を見せて、針の入れ方から全て見せてくれます。

この間は全て話だけだったのに、今日は全部ちゃーんと実演してくれる。

本当にわかりやすいし、ついでに説明の写真入説明書もくれました。

fc2blog_201311210503578a2.jpg

私もズボンを下ろしてお腹を出されて、実際に注射をする場所も教えてくれて

おへそから指2本分下ぐらいね、その辺りに毎日違う場所に注射よ!

お腹はリラックス、力を入れないで座って、直角に差し込むのよ!

といって、ブスっと本当に刺したのです!!!

キャー!!!説明なのに刺すわけ???

もう突然すぎて私も旦那もびっくり(旦那は一番こういのが苦手!)

でもテスト用の針だから中身は空だから大丈夫よーっておばさんは笑っていました。

ちょっとチクっとしましたが大丈夫。それより予想してなかっただけにびっくりしたわ。

ぬいぐるみとかで説明してくれるかなって思ったら、本当に注射されて予想外の展開!

それでも本当にわかりやすかったから安心です。

そして3日目ぐらいから増えるもう1本の注射は本当に注射器。

これはテストが無いけれど同じように直角に刺してね!と、

そして終わったら刺した周りが赤くなります、かなり腫れてるなって心配になると思うけど

大丈夫、それは通常の反応だから心配しなくてOK。

そして急激に痒くなるけど我慢して!20分たったらうそのように収まるから!

これ、前回は全く説明が無かった。本当にひと言もこの注射の説明は無かった。

あのまま注射してたら赤く腫れて焦っていたことでしょう。

なぜ、なぜ、何も説明が無かったんだろう、なんだったんだろう・・・。

そして前回渡された注射の予定用紙の日程欄を全て修正液で消してくれました。

っていうか新しい紙をくれたらいいのに・・・。

fc2blog_201311210504084e7.jpg

注射のことはもう何も心配が無いぐらい理解できたので

気になっていた昨日のかかりつけ医でのことを伝えました。

麻酔に向けた血液検査のこと。

担当の先生はいつでもいいって言ってたけど、

実際にかかりつけ医では手術の1週間前って言われた事。

それにUeberweisungの紙も必要って言われました、と伝えたら

「いつでもかまわないけど1週間前でももちろん問題なし。でも通常1年ぐらいは有効なんだけどね。

紙はいつもはいらないけど要るというなら出しましょう!」って。

「かかりつけ医では血液検査の詳細結果がもらえるわ!」

といわれて、1年有効って言うし、っていうか私がKWZに来るときに提出した

かかりつけ医での血液検査結果と何が違うのか、聞いてみました。

最初に渡したので、カルテのファイルの中に入っていませんか?と聞いたら

おばさんがカルテからその血液検査の結果を見つけてくれて

「あら!あるじゃないの!日付も4月だし完璧!」と言ってくれて

一応必要な情報が含まれているか見てくれました。

2つほど足りない結果があったそうなのですがそれはKWZで確認できるらしく

そうなるともう私はかかりつけ医での血液検査は必要なし!とのことらしい。

おばさんが「よくぞ言ってくれたわ!一つタスクが減ったわね!」って。

最近旦那に言われるのですが、日本はいろんなことが完璧だから

自分が黙っていてもしっかり相手がやってくれるけど

ドイツは自分が不思議に思ったこと、あれ?っと思ったことは

自らどんどん発言しないと、発言しなかったことに非があるし、日本みたいに完璧じゃない!

もっと自分からどんどん積極的に聞かないと!って言われていて

今日みたいなこういうことなんだなーと思いました。

最初に血液検査の結果を必要としたのはKWZなのにね。そんなこと忘れ去られてる・・・。

本当に親切なおばさんに教えてもらえて今の私は不安ゼロ!

先日泣きながら歩いた駅までの帰り道を、今日は感動でウルウルしながら歩きました。

旦那がいてくれたことも心強かった。

最初からこうあるべきだったし、最初に今日みたいに説明されていれば

この間みたいに怖くて不安で泣くことも無かったと思う。

ちょっと不信感があったKWZでしたが、今日また気分が上向きになりました。

予定通り行けば生理は12月半ば。クリスマスからお正月ぐらいが魔の2週間になるかも!

それでも自然妊娠の可能性も捨てきれず、もしかしたら!ってのもあるから

旦那と今月頑張ろうねーと意気込んでいます(笑)

そして今日知ったショックな出来事。

前回注射セットを買った薬局、600ユーロぐらい払ったのですが

そこの薬局Paybackのポイントが貯まるんです!知らなかったー!

っていうか600ユーロ分もポイント貯まったらiittalaのお皿とか買えたのに!

旦那もこの間100ユーロ以上払ったのにー!!!

もーーーー!レジの人、何も言ってなかったー!

って、レジの人を責めても仕方ない、自分から言い出さなかったのが悪いのです。

そう、ここはドイツ。全て自己責任・・・。それにしてもショックだわ・・・。