Living in Germany

ドイツ人と国際結婚。夫&娘とドイツ暮らしです。

 

 

 

 

☆MUJIはまだクリスマスだった・・・

近々会う予定のお友達にお土産をと思って、

ドイツのMUJIでお買い物をしました。

お買い物したのは1月2日です。

雨の日で紙袋にビニール袋をかけてくれて日本のサービスみたい!って感激しましたが

その肝心の紙袋は・・・

fc2blog_20140102231922845.jpg

クリスマスでした(笑)

まだクリスマスですからね、こちらは。

クリスマスの飾りも、ツリーもまだまだそのままです。

私の中では完全に消し去った過去の出来事ですが(笑)

そしてMUJIに行ったついでに、ドラッグストアdmにも行きました。

実はクリスマスのときに買ったチャッカマン(ええ、ママからのプレゼントではなくもちろん自分で買いました)

新品なのに点火しないんです。何度やっても駄目。

液体はなみなみと入っているし新品であることは間違いないのですが点かない。

100円ちょっとの世界だしまあいいか、って思いつつも

とはいえやっぱり使えないなんて納得いかない!とdmに持って行きました。

返品や交換を申し出ること自体は私、ぜんぜん平気なんですけど

dmに限らず返品の人たちって、レジに並ばずに直接レジの人に声かけますよね?

レジが長蛇の列でも「はい、ちょっとすみませんねー」ってな感じで

横入りというか、レジの人に声かけてその場で返品しちゃう、みたいな。

私はそれが嫌って言うかそういうのは出来ないなーって思ったので

なるべく人が少なそうな時間を目指して行ったところ

2人ぐらいしかレジに並んでなかったので、ちゃんと並んで順番を待ちました。

私の番になったので壊れてると思うって伝えてお姉さんがカチカチっとするも点かず

何回かチェックして、おせっかいなほかのお客さんも一緒になってチェックしてくれて・・・。

そうしているうちにレジの列が長くなってきた・・・。

こういうときなんかものすごーく申し訳ないというか、

私のせいですみません、、、って思ってしまいますが、そんなこと思う必要ないのがドイツですよね。

新しいのは買ってあるので、返品したいと伝えお金を戻してもらいましたが

お金を戻すにも責任者みたいな人が出てきてレジを操作するので

それもまた待たなければならず・・・。そんなこんなで長蛇の列でした。

でね、そのdmはよく行くんですけど、

先日そのdmで並んでいたら、かなり長い列でした。

でもレジが1箇所しかあいていなくて、すぐ隣のレジはまだ閉まっていました。

ドイツでは多くの場合「こちらもどうぞー」って新しいレジを開けたときに、

その新しいレジに並ぶ順番は「早い者勝ち」です。

ずっと隣のレジに並んでた人よりも、たまたまそのタイミングでそこに来た人がいれば

その人が勝ちです、こればっかりは理解しがたいのですが、そうなんです。

スーパーでもそう、どこでも同じです。

普通私たち日本人の感覚なら、

次にレジを受ける権利のあった人からどうぞって感じですけどね。

まあそういうの慣れてきたんですけど、

私は、そうですね長いほうの列の3番目ぐらいだったと思います。

レジとレジの間に柱があるので、そこのお店は新しいレジが開いたとき

前から順番にうまく移動できるようなそんな構造なんです。

私の前の人がベビーカーを押していてすぐに移動できるような人ではなかったのと

そのベビーカーの前の人が大量に買い物をしていてすでに買い物ベルトに物を置いてたから

これは私があのレジに行く権利もあるし、立ち位置的にも有利だし、

間違いなく1番に行ける!と思ってたんです。

そしたら、後ろのほうにいた人が柱の逆側を回って(壁と柱のすごく狭い隙間を通って)

レジに走りこんできました。もうびっくり。

そこまでしますか?って感じです。

よく行くスーパーでも同じ状況のときがあって、

旦那は他の店員さんの動きを目で追って、レジがあきそうなときにささっと動くのですが

私はさすがに無理だし、誰かがすごい勢いできたら譲ってあげてます。

でも旦那にいつも「もっと強くならないと」って怒られます。

いつまでたっても理解できない日常です。

でもね、スーパーなどで時々いいな~っておもうのは

1個か2個しか買い物しないときに、前に並んでいる人が

「先にどうぞ」って言ってくれることがあります。

そういう親切心は素敵だな~って思うんですよね。