Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆部屋着一つでこの満足感!

部屋着。パジャマでも外出着でもない存在。

日本で働いていた頃は、パジャマから仕事に行く際に外出着に着替え、

家に帰ったら即お風呂でパジャマ、という感じでした。

なので部屋着という位置づけも必要性もなく、

時にはパジャマが部屋着の延長みたいな状態でした。

仕事が制服だったので、仕事に行く格好も楽チンだったのもあり。

ドイツに来てから微妙に部屋着に困ってきました。

これという部屋着も無く、パジャマだったり外に行ける普段着だったり。

お料理とかする時は汚れるのですがそのまま普段着だったり

汚れるのが嫌な服だったら着替えたり。

でもほとんどはそのままお料理したりくつろいだりすることはせず着替えていました、

シャワーも今は家に帰ってすぐというわけでもなく寝る前とかに入っています。

特に残業も無く、家に帰ってからの時間も長いのもあると思います。

よく考えたら日本にいた頃は、仕事から帰って寝て仕事してみたいなそんな感じで

アフターファイブで何かあっても仕事後直接、ということが多かったし。

なんとなく部屋着という位置づけが固定されることなく今までやってきました。

出来れば今の生活スタイルからパジャマでも外出着でもない

部屋着というカテゴリーに1着か2着あればいいな、と思いながら

だとしたらどんなものがいいのだろう・・・と考えていた部屋着。

ボトムはユニクロのしましまパンツ(みんな1本は持ってますよねー)、

ジーンズだったり、レギンスだったり色々バリエーションはありますが

トップスが今ひとつこれというものが無いので見つけたかった。

お料理とかでもトップスが肝心ですよね、汚れたりもするし。

家で部屋着として手に取る服からも大体どんなものが便利かも想像がつき

日本ほど暑くないドイツで年間通じて着る機会が多いものが良く

生地でいうと薄手のトレーナー系、分厚くもなく、でもTシャツ程薄くもなく、

パーカーはいらなくて、出来れば家事がしやすい七分袖。

ゆったり着れてガンガン洗濯できて、着心地のいい素材。

1枚で着れて、寒ければ下に着ることもできる。

いざという時は(地下ケラーに行くとか、ゴミ捨てに行くとか)そのまま出れる、

部屋着だから手頃な値段で。

そんな服を探していました。別にそこまでわがままなことは言っていないと思うのですが

デザインとか色とかは二の次でしたが、まぁ無いんです。見つからない。

急を要するものでは無いので必死には探していませんが、

お店に入ったときなどは事あるごとに気にして見ていました。

かなり完璧に近いのにスタッズとかが付いていて洗濯したら取れそうだったり

ブランド名だけで価格を釣り上げてるような物も。

無ければ無いでいいので妥協することもなく探していたら、ついに見つけました。

なんてことない黒いトレーナーです。

IMG_4923.jpg

17ユーロと安かったけど、Tchiboの物で品質は悪くない。

(Tchiboのスポーツウェアとか旦那は下着とか持っていますが、かなりいいです)

試着が出来ないのが残念ですが、返品は出来るのでとりあえず買って家で試着。

完璧でした!

ちょっとドルマンっぽいのでゆったりしてるし裏が起毛になっていてきもちいい。

冬でも1枚で寒くない。ドイツの気候ならよっぽど暑い日を除いて着れそうです。

こんなに完璧ならもう一枚買おうか悩むほど。

昔は「今日はこれを探しに行く!」って決めてお買い物に行って

それに極力「近いもの」を見つけて買っていたこともあります。

欲しいものに近いもの、欲しいもの100%ではないので妥協もあり。

特に今回のように安いものの場合は、安いからいっか~という気にもなり。

特に物を増やさないと決めてからは

時間的余裕があるからなのか、ゆっくり気に入るものを探すようになりました。

今もずっと探しているものがあるのですが、それもまたいつの日か見つかるでしょう。

部屋着一つでこの満足感!やった~♪