Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆ドイツの自動車教習所

車購入に向けて着々と進んでいるのですが、ここに来てなんと!!

大どんでん返し~! って最近使わない言葉ですよね・・・古っ。

またまた中古車センターに行ってきました。

今回は一番最初に行った大型中古車センターへ。

IMG_5248.jpg

広すぎて嫌になるほど・・・。しかも私的には全部同じに見える。

IMG_5249.jpg

ようやく見つけたスタッフの方に相談。

旦那から希望を伝え、調べてもらって幾つか候補を見せてもらいました。

先日試乗までしたのになぜまだ探すのかって?

やっぱりタバコのにおいとか、シートの穴とかネガティブなポイントがあるのは

高い買い物だしどうかと思うよね・・・ってことであまり気持ちのよい買い物ではなくて

粗探しをしてしまうような買い物ってのが旦那も私も気になったポイント。

本当に本当にAT車にするのか?ATをはずしただけで5千ユーロぐらい下がると旦那が主張。

AT車じゃなければ選べる車が一気に増えるし、満足のいく車が探せるのにって。

旦那はやっぱりAT車には納得していない。ATが嫌だと言っているわけではなく

運転する、所有することは構わないけれど、高くて選択肢が無いということが不満みたい。

そこで私がひと言

「じゃあ私のAT限定の免許をドイツではどうやって書き換えればいいのか何が必要なのか調べてみて!」

と言ったところ、いつもはのんびりなのにこんなときだけ速攻調べて回答を用意してきた。

私も色々考えて、ここで3000~5000ユーロも多めに払うよりは確実に安い

MT車への免許切り替えをすべきではないか、と思うようになりました。

ちなみに教習所に電話したらしく、私の今のシチュエーションはその教習所にとっては

珍しい状況らしい。でもちゃんと教えてくれたって。

要するにわたしの場合、免許はあるからMT車に乗る実地訓練を行い、

実地テストをパスすればそれでいいらしい。

なのでルールとかそういうのは別に勉強しなくていいらしいです。

でもテストでは教習所のいろはもチェックされるからその辺大丈夫ですか?ってのが

私の心配事、ドイツの教習所には行っていないのでいろははわからないかも。

乗る前に前後ろをチェックして、乗ったらミラーを合わせてとか??

車間距離とかも重要らしい、交通標識も全てわかっているか?と言われると困る。

とはいえ、これから先のことを考えるとやっぱりMT車に乗れないというのは

どこかで困ることもあるかもしれないし、切り替えるなら今だなあ、、、と。

ということで、私が折れる形になりました。

まさかこんな展開になるとは・・・。

そこで旦那が大喜びし、だったら選択肢が増えるーーー!と

取り扱いの多い中古車センターに再度行くことになったのです・・・。

ということで、旦那が一杯希望を言いましたがそれでもエクセルで画面をスクロールしないと

いけないほど多くの選択肢が出てきました。ちなみにAT車も調べてくれましたが1台でした(笑)

ちょっと希望の枠を緩めて(走行距離とか値段とか)それでも5台ほど。

お兄さんいわく、AT車ということだけであればそこまで高くならないらしい。

だけどAT車を乗る人は、比較的大きな車に乗る、つまり私たちの探しているサイズには少ない、

また車の装備なども完璧にするケースが多いそうです、ナビとかもしっかりつけて

色んなオプションが付けられているそうです、だから結局高いらしい。

ということでAT車についてはもう私が折れるということで却下となりました。

MT車であれば散々希望を伝えても、何十台もヒットするほど。

「もっと希望はありませんか?」って逆に聞かれていました。

お値段も前回試乗したものより4千ユーロほど安くなります。

実際に今回も試乗したのですが、車に入った瞬間に新車の匂い!1年ものですがまるで新品。

けちをつけるところが無い感じです、ピカピカだし。

オーナーは過去に一人で無事故車、大きな修理もなし。

早速試乗させてくれました、本当は別の日にアポイントがいるみたいですが、

お兄さんが無理して用意してくれました。

カセットテープの聞ける今の車と全然違うね。

IMG_5250.jpg

今回担当のお兄さん、かっこいーーー!ってかめっちゃ好印象。

なんというか、相手のことを思いながら労力を惜しまない感じ。

なんでも調べてくれるし、探してくれるし、さすがセールスマン!

しかもお兄さんのお名前、日本語に訳すと「幸福」っていう名前。縁起もいいねー。

多分この車になるでしょう。そして私、教習所に通うことになるでしょう。

まっ、話のネタになりますね(笑)・・・って思うしかないですよねこのシチュエーション。

まだ最後の購入希望は伝えていないのですが、週明けにも伝えるみたい。

4千ユーロも安くなったからラッキーだ!って言い出して

その分タイヤのホイールを替えるんだって、なんか一回り大きなやつに。

ずっとずっとホイールのかっこいい車に乗るのが夢だったんだーって。

なんだそりゃ?その分私の教習所代出してよねーって言ったら「それは別」って言われました。

ドイツの教習所通い、新たなチャレンジです!