Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆冷蔵庫に入れなくてもいいものじゃない?

ちょっと色々買い物したら、冷蔵庫がパンパンになりました。

パンパンの原因は旦那のビール。

日ごろあまりビールは飲みませんがベランダご飯の時は時々飲みたくなるらしい。

なのでこの時期は冷蔵庫にビールが数本、必ず入っています。

缶ならまだしも瓶なので結構場所を取ります。

だけど、ビールだけなのかな、パンパンになる原因。

今一度よく見てみたら、冷蔵庫に入れなくても良いものまで入っているような気がします。

たとえば。

未開封のわさび。日本で買いだめしたもの。

IMG_7214.jpg

開封したら冷蔵庫かなーと思いますが未開封なら冷蔵庫じゃなくてもいい。

これも。お好み焼きソース。未開封。

IMG_7215.jpg

ドイツはそこまで暑くないし、涼しいところに入れておけばそれでいい気がします。

そんな感じで色々チェックしていたら「すし太郎」とかも常温で大丈夫。

カレールーだって未開封なら冷蔵庫にある必要なし。

そんなこんなで冷蔵庫に入れる必要の無いものが意味無く冷蔵庫に入っていたなーと。

食品を常温保管する場所が少ないので冷蔵庫に入れてしまったことが一番の原因。

今一度見直そうと思います。

冷蔵庫の本来の「冷蔵」力が落ちてしまったら元も子もないですし。

冷蔵庫に入れる入れないはスーパーでどうやって売られているかってのが一つの定規ですが

育った環境とか、母が冷蔵庫に入れていたものとかそういうのも影響してる気がします。

いつもテーマになる「卵」もお店では常温で売られてますしね。

今度、冷蔵庫掃除もかねて大々的に整理しようかと思います。