Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆W杯決勝@アルゼンチン

7月13日、ワールドカップ決勝、まさかまさかのドイツ対アルゼンチン。

 

 

LADE航空のトラブルで知り合ったドイツ人の兄さんと合流し一緒に観戦!

前日、3位決定戦を見たお店が居心地良かったしそこに移動するも既に満席。

 

結局別のお店(イタリアンレストラン)の最後の席を確保し観戦。

 

P1330675.jpg

 

お店の中私たち以外全員アルゼンチン人。

お店の外にも大きなテレビがあるので人が集まってきました。

  

P1330672.jpg

 

前半にアルゼンチンがゴールを決めたけれどオフサイドでゴールじゃなかったシーンで

隣の人の椅子が飛んできてそれぐらい喜んでいたアルゼンチン人。

 

 

ドイツ人2人も黙っていればいいのに、拍手したり声出したりするから

完全に回りは「あいつらドイツ人だ」って気付いている様子。

それで、変な目線を感じるようになって怖くなったかその店を出ました。

ほんと、静かにしてりゃあいいのに、アメリカ人でもイギリス人でも装っておけばいいのにね。

 

後半は宿泊先のホテルのバーで見ました。

小さなバーだし、ホテルだったらまだちょっとは安心だろうということで。

こじんまりしたホテルだからスタッフの人とも顔見知りで

後半戦から合流しても「あら!いらっしゃい」みたいな感じで迎え入れてくれた。

 

ホテルのおじさん。こんなお耳をつけて観戦。

 

P1330683.jpg

 

英語が通じないので、ジェスチャーで「耳Goodだねー」みたいなことを言ったら

「マリアだよ、マリア!」って。

これみんなわかりますー???アルゼンチンのマリア選手、

アンヘル・ファビアン・ディ・マリア選手(よければググッてみてください!)が

怪我で出場できないその思いをおじさんは耳に託したみたい。私は大爆笑。

 

結果はご存知の通りドイツ優勝。

 

P1330685.jpg

 

アルゼンチンは残念そうでしたが、とはいえいい試合だったし

がんばったねーという感じでした。

 

テレビではほんの少しセレモニーを流してはいたけれど

 

P1330688.jpg

 

このドイツの歓喜のシーンと、まったく無関心なお嬢ちゃんたちのコントラストが笑える。

 

あーあ、ここがドイツだったらWeidenfellerとかきっとたくさん映っただろうなー。

あーあ、もっと見たかったなーってなぐらい映像はアルゼンチンの選手ばかり。

 

それでも待ちは大騒ぎ。

 

P1330696.jpg

 

P1330698.jpg

 

そして、その後はファンが暴徒化したのかブエノスアイレスで荒れまくり

街が壊されていく様子がずーっとテレビでやってました。

 

3 (2)

 

サッカーのニュースももう消え去って・・・。それはちょっと寂しかったなー。

 

翌日にはアルゼンチン代表選手がブラジルから帰ってきました。

飛行機が到着する前からライブで放送。

 

そして到着。

 

3.jpg

 

3 (3)

 

あっ!あの機体だ!

Vamos Argentina!だったのがGrasias Argentina!(ありがとう、アルゼンチン!)

に変わってる!!!ニクイ!!

 

ドイツの大騒ぎも全く知ることなく、帰国したときにはベルリンでの記念イベントも終わっていて

どこにもW杯で優勝したって余韻が残っていませんでした。

お店でも「優勝セール」なんて物はまず無くて・・・。

もっと世の中の盛り上がりを上手く使って儲けよう!って思ってもいいのにな・・・と。

W杯前や期間中は、お菓子や飲み物がW杯仕様になったり、

ちょっと無理があるよね?ってほど色んな物がサッカー仕様だったのに、

優勝したら一瞬で終わったのにはびっくりです。

もしや私たちが家路につくほんの数日の間は色々フィーバーだったのかな!?