Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆引き続き怒る先生

今週は1週間会社を休んでいます。

採卵から移植までは2日だけ休んでその後出社する予定だったのに、

思いがけずの初期胚移植だったこともあり、結局仕事に行けず。

理解を示してくれる上司には本当に感謝です。

昨日(移植翌日)KWZに行って来ました。

移植のときに先生に怒られて、その先生とのアポイントだったので

また何か言われそうで怖くて、旦那についてきてもらいました。

私は言葉の節々から理解するのは難しかったけど

旦那いわく、いやみな言い方でやさしく怒っていたそう。

きっと免疫検査の結果から高額な治療を勧めたかったんだと思います。

だけど私たちは免疫の先生の話だけで治療しないと決めたので

それが気に食わなかったらしい。

免疫に問題がある人は全員僕が見るんだ!って言ってました。

問題があるって決め付けないで欲しいわ!!

もちろん今回妊娠にいたることが望みですが、もし無理だったら絶対に転院しようね、って

旦那と再確認しましたよ、帰り道に。

今のところOHSSもそこまでひどくなくてちょっとお腹が痛いかなという程度。

今回は6個と少なかったからこのまま無いのか、それともこれからひどくなるのか、

一番辛いのがOHSSですね。

今回の胚はグレードAだそうです。ちなみに前回はグレードBだったそうです。

グレードの話、初めて聞きました。

そして初期胚移植になったのは卵が少なかったからだそうです。

肺胞盤まで育つ確率が低かったからですかね・・・。

家ではのんびりしています。お裁縫したりネットでドラマを見たり。

母が日本から送ってくれた母の守り神の大仏さんの写真を

ずっとずっと片時も話さずそばにおいています。

過去に何度も母を救ってくれたもの。

現物は大きな布なのですが、それを写真に撮って送ってくれました。

IMG_8739.jpg

どうか私のお腹の中にある卵をお守りください。