Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆免許更新のイライラ

日本に一時帰国した理由の一つ「運転免許の更新」。

これがねぇ、イライライライライライライラー!

ってなりました。

更新は

1.地元の警察署(即日交付は出来ないが家から近い)

2.最寄りの運転免許試験場(即日交付だが遠い)

のどちらかだったので、私は地元の警察署を選びました。

こちらの警察署、管轄エリアの人口が日本一だったそうです、数年前まで。

知らなかった~。

まずは証明写真が必要だったので、駅前で証明写真のボックスへ。

日本で証明写真なんて何年ぶりだろう。お値段なんと800円!高っ!!

昔、バイトの履歴書とかに貼るように撮ったのって300円ぐらいでしたよね?

いつの時代・・・?って言われそうですが、さすがにびっくりしました。

しかも美白とか、肌色補正とか色んなモードがあってまるでプリクラ!

データを携帯に送るオプションとかもありました、ほぉー。

古い免許、証明写真、更新通知ハガキの3点を持って、いざ警察署へ。

警察署入り口正面が免許更新のカウンターなんですけど、もの凄い人。

座るところもなくてみんな立って待ってるんです、大混雑。

いろんな機械が置いてあるし様々な表示案内が天井からぶら下がり、

カウンターにも案内ボードがたくさん置かれ、壁にまで貼られています。

足元にまで防犯課は右だの、遺失物課は左だのいろんな色の矢印が一杯!

目から飛び込んできた情報が多すぎてまず何をすべきかわからない。

「整理番号を取ってお待ちください」とラミネートで作られたポスターがあったので

それを引き取り、待っていたら、カウンターで対応してるおじさんが

「古い免許と更新通知ハガキ、写真を手元に用意して待ってください」と叫ぶ。

そして違うおじさんが、「更新の方は質問表を書いてください」と叫ぶ。

質問表って何?と思っておじさんに聞いたら「今のうちに書いておくように」とのこと。

ついでに機械で暗証番号を事前設定しておいてくださいともいわれました。

でもそれはそのおじさんが時々たまに叫ぶだけで、

待っている他の人にはほとんど伝わってないんです。

順番がまわってきても質問表や暗証番号を用意してない人が続出。

待ち時間も40分ぐらいあって、その間にみんなが準備すればスムーズなのに、

知らない人たちはカウンターに着いてから指示されてその都度時間がかかる。

何をすべきかわからない人が、カウンターで聞くのでその都度対応が中断してました。

更新通知ハガキには必要な印紙代が書かれているので

待っている間に印紙を買えばいいのか、後でいいのかもわからない。

印紙販売カウンターの人、暇そうだし。待たずに買えそうだし。

免許更新はスタッフが2人しかいなくて、どんどん人が来てかなり忙しそう。

隣の車庫証明カウンターのおじさんは眠そうなほど人が来ず。

ようやく呼ばれて「私は全て揃えましたよ」的なドヤ顔で提出したら

質問表のレ点が枠からはみ出しているから書き直し・・・。

5ミリ四方ぐらいの「はい、いいえ」のチェックボックス、はみ出したため出直し。

はみ出さないほうが難しいわ!ならば「レ点」ではなく

マークシートみたいに塗りつぶすとかにすればいいのにぃ。

(まあ、私が悪いんですけれど、四角のレ点ってはみ出さないことが常識でしたっけ?)

印紙を買って、質問表を書き直してからまた戻るように言われる。

ってか、先に印紙を買っておけば早いかと・・・。

そして、1時間後に安全講習があるので当日に受けることにしました。

場所は警察署の隣の建物「交通安全協会」という施設。

その安全協会にも窓口が4つもあるけどガラガラでみなさん暇そう。

そこでは免許の後日郵送の手続きをするのですが簡単な手続きなので即終了。

一方で警察署は激混みなんだけど・・・。

講習は優良講習なので30分だけでしたが、かなり真剣に聞いてしまいました(笑)

免許の点数とか色々変わってるんですね。

時々質問したいぐらいでしたが、そういう雰囲気でもなく。

久々に日本に帰ると歩道を走る自転車が危なくて、

しかも自転車に乗りながらスマホを見てる人も多くて歩道を歩くのもビクビクです。

やはり事故が多いのか講習でも取り上げられていました。

昨日、バス停でバスを降りようとしたら歩道を自転車が走って来て

運転手さんに「自転車が通過してから降りてください」って言われました。

その一言がなかったらマジで危なかったかも。

道が広ければ歩道、自転車道、車道と分けられるものの、

なかなか日本では難しいですよね。

自動車免許の更新なのに自転車の話を聞く時間が長かったような・・・。

自転車は軽車両です!と何度も言っておられました。

ドイツ(海外)生活に慣れた人の日本帰国時の「あるある」かもしれませんが、

横断歩道でも怖い思いをしたことがあるはず。

本来は歩行者優先ですが、現実はかなり自動車優先になってしまっていますよね。

話がそれましたが、免許更新、絶対にもっとスムーズにできる方法があるはず!

地域によってはスムーズなところもあるのかなぁ。

対応する側も書類不備などで何度も説明しなきゃいけないし

イライラしているのがわかったしちょっと工夫すれば絶対に楽になるはず!

な~んて私が1人言ってても変わらないけど。

結局、かなり時間がかかりました。

でも無事、更新手続きは終わったのでひと安心。

免許の更新って数年に1回だけに忘れないかヒヤヒヤしてます。

ドイツの免許をJAFで翻訳して携帯すれば日本で有効だと聞きました。

もう日本の免許はいらないかな、と思うものの

日本では身分証明書の一つだし無いよりはあったほうが便利かなぁと更新していますが、

実際、皆さんはどうされてるんでしょう??

***ブログ村、退会しました。事前にお知らせせずすみません。今後ともよろしくお願いします。***