Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆皆さんご存知でした?「Blautopf」

先日のイースター4連休のドイツ国内旅行。

とにかく寒くて雪で残念だったテーガン湖からの帰り道、

往路のロマンチック街道めぐりで飛ばした「アウグスブルク」へ。

雪が降り、とっても寒い日。

見所はそこまで多くないものの、少しずつ距離があるので歩くのが疲れた・・・。

もっとすばらしい場所かと想像していただけに、やや印象は薄め。

まあ、天気の影響が大きいともいえます・・・。祝日でお店も何もやってなかったし。

1 (41)

そして、そこから次はウルムへ。

ウルムといえば世界一高い大聖堂がありますが、ウルムには過去に行ったことがあるので

今回の目的地はウルムではなく、ウルムから程近いBlaubeurenという街へ。

ここ、みなさんご存知ですか?

私は全く知りませんでした、聞いたこともなかったです。

でもネットで調べると日本語の情報がたくさん出てくるので、有名だったのか・・・?

ガイドブックにも載ってないし、ほんと全く一度も聞いたことがなかったんです。

そのBlaubeurenという街に、旦那が言うには「青い鍋」があるらしい・・・。

Blautopfって言うところ、「鍋」と解釈してしまいましたが、正しくは「青い泉」。

街も古くて可愛い町でした。

1 (42)

1 (43)

ものすごい田舎道で、こんなところを尋ねてくる人がいるんだろうか?と

不思議になるほどの場所でしたが、結構観光客がたくさんいました。

さすがに外国からのツアーなどはなかったけれど、ずいぶん賑わってました。

ここに何があるかというと、透き通るほど青い泉!

2 (1)

1 (45)

1 (44)

石灰が多いのでこのような色になっているそう。

写真からはこの透明度が伝わらないのが悔しい!

太陽の光の向きによってずいぶん違って見えるだろうし

きっと夏場なら木々も緑でもっと綺麗な風景なんだろうなー。

1_2015040707083028e.jpg

十分綺麗だったけど、ここもまた違う季節にまた訪れたい場所になりました。

日帰りは出来なくはないけどちょーっと遠いなあ、という場所なので

なかなかすぐには行けそうにないけれど、絶対また行きたい!

旅の最後にここに来れたから、なんだか寒くて雪ばっかりだった休暇も

綺麗に締めくくられ、素敵な思い出となりました。