Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆眠れない・・・トロピカルナイト

もう日付は変わっているのですが、全く眠れません。なぜかというと、トロピカルナイトだから。ええ、熱帯夜。ドイツにしては珍しいですが天気予報でも「トロピカルナイト」って言ってました。どれだけ暑い日も夜になるとぐっと涼しくなるのですが、今日は24時ごろでもうちの近辺は30度でした(私のスマホ情報)。

家の中はさらに暑いので、座っているだけで汗が出ます。24時過ぎたぐらいから雷雨となり、雨が入ってくるので窓も閉めなければならず、とはいえ雨が涼しさを運んでくれるでもなく、トロピカルなサウナ、という状況です。今夜はさすがに寝れそうもありません。

正直、赤ちゃん生まれてなくてよかったです。こんな暑い日はさすがに赤ちゃんも辛いだろうし。私一人が暑いぐらいでホントよかったです。明日からは涼しくなるみたいですし。

本当に暑かったから、先ほどまで2時間ほどぬるま湯風呂に入ってました。あまり冷えてもいけないからぬるいお湯に入って携帯で動画とか見てました。部屋にいるよりはよっぽどましです。

ここ3日ぐらいでしょうか、お腹にポコっと山ができます。かかとかな?ぴょこっと出てきてつかめそうなほど。つかまえようと思うとへっこんじゃうんですけど、なんか遊んでるみたいで可愛い。これも予定日過ぎなければ見れなかった現象です。

正直、もう生まれてもいいよーって感じなんですけど、別にそれが明日であろうが3日後であろうが、逆にいつを選んでくるのか楽しみでもあるのですが、おしるしも来たし色々ネットで調べていたら、予定日過ぎても全然生まれなくて、精神的に追い詰められている方も多いんだな・・・と。中には予定日前でも生まれないって悩んでいる方もいて・・・。

家族や周りからの「まだ?」攻撃に心が萎えている方、いい加減生まれて!ってちょっとイライラしている方、促進剤使用や帝王切開を心配している方、などなど、いつかわからず滅入ってしまって涙が止まらないとか赤ちゃんが憎いとまで書かれていたりしてびっくりしました。みんな色んな理由があるから当事者にしかわからない苦しみがあるのかもしれません。

私だって一体赤ちゃんはどれだけ大きくなっているのか、もうこのところ全く教えてもらえていない、というかチェックもされていないので、大きくなりすぎてないか心配ですけどね・・・。

しかも自治体によっては補助券が無くなって40週以降は診察に医療費が実費でかかるとか?なんかそういうのを見ていたら、出産予定日って決めちゃうことが妊婦さんを苦しめていることになっているのかな、と思ったりもしました。正産期である41週の最後の日が最終予定日みたいな名前で存在すればいいんじゃないかな?って思ったり。

予定はあくまでも予定ですもんね。でも、その設定された予定日によって苦しんでいる人がいるならば、なんか悲しいなと。

そんなことを書いているうちに雷雨が激しくなってきてドラキュラが出てきそうな稲妻!!しかもかなり大きな雹が降ってきました。窓ガラスが割れそう・・・。映画のワンシーンみたいです。

さすがにこんな中、病院に走るのは無理なので、赤ちゃん、もうちょっとお腹の中にいようねー。

はぁぁぁ、それにしても暑い。いびきかきながら寝てる旦那がうらやましいです。