Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆赤ちゃんの肌着

娘よりちょうど1歳年上の女の子のいる同僚がまとめて服を貸してくれているのですが、その中の一つ。ピンクのジーンズ。

pp.jpg

赤ちゃんなのにいっちょまえにこういうのを穿くんですね。なんとなく動きにくそうな気がして着せていなかったのですが、せっかくなので穿かせてみたらちょうどピッタリでした。

いつもはレギンスとかなのでハイウエストな物がほとんどなんですけど、普通に大人と同じようなウエストの深さなので中に穿いたタイツが腹巻みたいになっちゃてます。

pp (4)

やっぱりハイウエストのほうがしっくりくるわー。ドイツの赤ちゃんは早くから上下別の服を着るし、ロンパースとかはパジャマのような扱いってのもなんだかなーと思っていましたが、いつの間にか私もそういう気分になってきました。でもロンパースとかのほうが赤ちゃんらしくて今しか着れないし可愛いなーと思うんですけどね。

妊婦さんから質問を頂いたので肌着の話を。

こちらでは産後すぐの病院の肌着ですら頭からかぶるタイプのもので本当に着させにくく、家では前開きのものを中心に着ていました。最近もやはり選ぶのは前開き。

気に入っているユニクロのサイズ60(前開き)の肌着もまだまだ大活躍!なのですが、洗濯しまくるのでパリパリのゴワゴワ、色もくすんできました・・・。サイズ56あたりはもう入らないので、ほぼこのユニクロの2枚を毎日毎日着ては洗って・・・の繰り返し。乾かないときは主に外出時に着ているBORNINOの肌着(かぶるタイプ)を着させていますが、できれば夜中や家にいるときは楽に脱着できる前開きにしたくて、結局選んでしまうユニクロの肌着のせいで洗濯回数が増えているような気がします。ということで買い足すことにしました。

首はしっかりしてきたので頭からかぶるのでも以前のように難しくは無いのですが髪が多いので肌着を頭のところから下に引っ張るときに髪の毛も引っ張ってしまいそうになるのと、あとはウンチがよく漏れるのですが漏れたときに前開きだとさっと着替えさせられますが頭からかぶるタイプだと脱がせるときに体や頭が汚れちゃうー。

この前開きの肌着、あまり売っていないと思っていたのですが探せば普通に売ってるんですね。一番小さいサイズは前開きも多いものの、大きくなるとなくなってきますがH&Mのネットオーダーだとサイズも最低でも74、時には90サイズ以上まで売っているし(店頭ではみかけません)、2枚買い足しました。

tb (8)

H&Mの肌着は1枚お下がりで持っていて一番小さいサイズだったので新生児の時にこれでもかーというほど着せました。いろんな写真を見返してもその肌着を着ている写真が一番多いです(笑)。暑かったので肌着だけで過ごしたのもあって、ドットで可愛かったのでよく着ていました。どれだけ着ても、洗濯しても全く傷まない。お下がりだから新品じゃないにもかかわらず、素晴らしい製品だ!と感心していて、店舗を探したのですが全く売っていなくて、その時はネット販売まで気が回らなかったんですよね。ほんと、H&Mの肌着、おすすめです!今、出産前に戻れるならば、絶対H&Mで肌着、買ってますね。

オーガニックコットンの肌着2枚セットで9.99ユーロ。希望のサイズがなかったので(私が欲しかったサイズ62はどの色柄もほぼ売り切れでした)、ワンサイズ大きなものにしました。布おむつの時はサイズが大きなほうがいいので、上半身はちょっと大きいけれどすぐに着ることになると思います。ちなみに50/56とかダブルサイズではなくて6センチ刻みで売られているのも好感が持てます!

中のボタンの縫製もしっかりしていますよ!

tb (11)

そしてついでにずーっと探していた黒のシンプルな肌着(これは頭からかぶります)も発見!4.99ユーロ!どこにもなかったのに、H&Mのネット販売にはありました!これでやっと重ね着ができるー!サイズ62でもまだちょっと大きめ。布オムツのふくらみ分でピッタリサイズでした。

tb (12)

男の子みたいな色合いですね(笑)。カラフルなトップスも黒をチラ見せしたほうが引き締まるしね、って完全に親の趣味・・・。

ボディ2枚と黒の肌着1枚のみ頼んで、送料が4.9ユーロ。うーん、ちょっと送料がもったいないけれど、店舗に行っても売られていないものだから仕方ないですね・・・。そしてなんと!小さなパッケージだったのでポスト投函だったんです!これはうれしい。留守中に近所に預けられるのとか嫌だし、ポストに入れてもらえるとかなりうれしいです。

あとは、dmの店舗で子供服がある店舗にも前開きの肌着は結構売ってます。しかも安くて可愛い!ただ、品揃えにかなりばらつきがあるから欲しいサイズとデザインがなかなか合わなかったりしますが。

それと、存在は知っていたけれど子供ができる前は一歩も立ち入ることのなかったお店、Ernsting's family、ここも最近ちょくちょく見るようになりました。前開きの肌着も少し売られていますが、ネットで見て可愛いなと思ったものが店頭になくて、たった1枚のために送料払うのも・・・と思ったら、最寄りの店舗受け取りでネットオーダーが出来ました。送料は無料です。支払いも店舗で支払いだからオーダーの時に支払ったりする面倒も無くてスマートです。

これもオーガニックコットン。このお店のは時々、何故そうなる?って色合いとか柄とかがありますが、これは可愛いです。

tb (9)

ちなみにドイツでは前開きの肌着をWickelbodyとかErstlings―Bodyって呼ぶようです。

昨日も夜中にうんちもれが発覚して全身着替え。頭からかぶるタイプだったので娘もしっかり起きてしまったしかわいそうでした。早速新しい肌着を洗濯して使えるようにしないと!