Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆義理パパの介護がはじまりました

ここでは触れていませんでしたが、実はずっと入院していた旦那のパパが5月に自宅に戻ってきてママが在宅介護をしています。いわゆる老々介護です。パパはほぼ寝たきり、介助して何とか動けるという状態です。

この辺のことは色々あってどうしてもネガティブなことになってしまうので詳しくは触れませんが、旦那は一人っ子で、実家から車で10分のところに住む私たち、もちろん何もないわけはなく、色々なことが勃発しています。

パパを家に連れて帰りたいと言ったのはママ。病院の対応が気に入らないのと、長年連れ添ったパパと別々に過ごすのは寂しいとのこと。旦那は「ママがそういうなら・・・」という感じ、そして私は反対しました。家で介護をするなんて簡単なことではありません。私の実の母が介護の仕事を長年しているのでよく話も聞いていたし、ママは完全に私たち家族に頼ることを前提にしている。旦那は出張で不在が多いし、私は今は育児休暇だけれど小さな子供を抱えて手伝えることも限られているし、普通に考えて無理だろうと思ったので反対しましたが、一番のよそ者(嫁=私)が反対し、まるで私は悪者状態・・・。結局、ママの希望でパパが戻ってきました。

パパが家に戻ってから色んなことが起きています。私も旦那もしょっちゅう実家に行っています。ママは介護に疲れていつもイライラしています。ママと旦那の喧嘩もしょっちゅう。いつまでもつのやら・・・という感じです。

慣れない介護、そしてパパが少し痴呆が入ったこともあり、ママは本当に疲れています。「こんなはずじゃなかった、家に戻ったらパパは元気になると思っていた」と、ほんと楽天的なママ。だからこそ余計に、理想と現実の違いに滅入っているようです。私からしたら、すべて「想定の範囲」なんですけれど、一番の当事者であるママが一番何も考えてなかったという・・・。

さて、そんないっぱいいっぱいの状態なのに、いろいろと突っ込みどころの多い日々。

実家は1階が玄関、バスルーム、ベッドルーム、2階がリビング、キッチン、お庭など、生活のメインは2階なのですがパパがもう歩けないので、生活の中心が1階となりました。ママは2階のキッチンで作ったお料理を1階に運びます。

そんな生活なのに、「ご飯食べにいらっしゃい」とよく言われます。無理しなくていいから、とやんわり断っても全く聞かず。いつも疲れた、疲れたっていうし、そんな食事を作る時間があるなら休んだらいいのに、と思うんですけどね。

1階に小さなテーブルがありそこで食事をするのですが、大人4人が食事をするような大きさのテーブルではありません。お皿を4枚も置いたらもういっぱいです。

そんな状況なのに、、、、コーヒーカップはかならずソーサー付きでないといけないし、食器もちゃんと使います。ナイフ・フォークもしっかり準備。その都度1階と2階を食器や食事を持って移動します。小さなテーブルの上には置く場所がありません。取り皿ぐらいの小さなお皿(コーヒーのソーサーが最適!)でよくない?と思うし、フォークだけで食べれるように盛り付けの前に小さく切ったら?とか、もう本当に私からすると突っ込みどころ満載なのですが、こんなにいっぱいいっぱいの生活でもそこにはこだわるママ。

先日、庭の草が伸びているから芝刈りをしてほしいとの依頼。こんな介護の日々なのでお庭に出ることもないし、多少草が伸びていても誰もわかりません。裏は畑だし誰の目にも触れないお庭。このお庭の芝刈りをいつするかで旦那とママが言い合いしてました。っていうか、っていうか、1日2日を争うようなことでもないし草ぐらいもう今はどうでもよくない?どうやらあまり伸ばすと次に刈るときが大変なんだとか。

パパとママの友達が遊びに来るようでママがケーキを焼くんだと張り切っていました。お天気もいいからちょっと玄関の外にテーブルと椅子を置いて外で食べたいんだとのこと。まあそこまでは構わないのですが、「お友達の手前、車いすなんて嫌だから、この椅子にパパを座らせたいの!」と椅子登場。ベッドから車いすへの移動も支えて何とか、というぐらい大変な状況なのに、この期に及んで椅子にこだわるか?車いすでよくないか?

などなど、なんなんでしょうかね、「ええかっこしい」というのでしょうか、でも食器とかコーヒーソーサー等は別に「ええ格好」とかではなくて、もう長年の習慣なんでしょうかね。

覚えておられますか?旦那が3月に引っ越しパーティー兼、誕生日会をするときに、紙やプラスチックのお皿やコップを頑なに嫌がったこと。これも、そういうところから来ているのかな、とママやパパを見ているとすごく感じます。

そして私が「え?」って思ういろんな事を様子を見てママに言ったりするのですが、まったくわかってもらえません・・・。

ということで、今まで時折登場していた義理両親とのネタはあまり出てきていませんが、実際の生活はここに書けないぐらいいろんなことが起きてますー。