Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆保育園生活も半年が経過しました

このブログをFC2ブログから移転した時に記事も画像も自動で移行されたのですが、写真が入れ替わっていることが多くて、過去の記事は文章とは違う写真が載っていたりしますが全てをチェックすることが出来ないのでもうそのままです。が、まったくどこの誰のかわからない写真が入っていたりして困っています・・・。しかもちょっと変な写真だったり・・・。どうしたらいいんだろう・・・。見つけたら削除しているけれど。

 

※※


それにしても娘からうつった胃腸炎、辛かった…。娘の発症が木曜の夜、私は土曜日の夜から始まり日曜日の夜までベッドとトイレの往復のみ。座ることすら辛くて、日曜日は外が雪景色だったことすら知らなかった。


下痢は続くけれど元気さはすっかり回復した娘は、ベッドに来ては色々話してくれたりおもちゃを見せに来たり。


下の階にいる旦那に伝えたいことを娘にお願いしたらちゃんと伝えてくれてかなり役立ちました。「パパー!ママ水ちょーだい!」って水を取りに行ってくれたり、旦那に洗濯機を回してほしくて伝えるようお願いしたら洗濯物入れを棚から引きずり出して旦那に見せ「これやって!」って主張。ほんと役に立った!しっかりしてきたわ。


そんな娘は保育園に通いだして半年が経ちました。2歳から3歳の1年だけのミニ保育園なのでもう半分が過ぎたことになります。早いなあ。一番年上ではないけれど、かなり古株になりつつあります。

 

娘もしっかりみんなの顔と名前を覚えているようで、今日は○○くんいた?○○ちゃんいた?と聞くと「いたー」とか、お休みだった子は「いなかった」と言うし、ちゃんと正確に答えます。「○○ちゃんとあそんだ!」とか言ってくれるのですが、みんなの名前が私はわからないので一体誰なのさーって感じですけど。

 

あと子供とママのペアもちゃんとわかっているのがすごいなあと。朝送っていった時に、すでに子供を預けて建物から出てくるママとすれ違うと「○○ちゃん、ママ」とか言うのですごいなあ。私の方がわかってないわ・・・。

 

最近は帰りたがらず逃げ回り、先生の足にしがみついたりとお迎えの時に時間がかかります。みんな帰るし先生も帰るし、最後は先生が出るまで粘っていることも多い。部屋中を走り回って逃げています。先生は「泣いて嫌がるよりはよっぽどいいわよ、ここが楽しいのね」と温かく見守ってくれますが・・・。

 

先日、駐車場が見つからずお迎えの時間に数分遅れてしまいました。娘はみんなはママが迎えに来て帰る準備をしているのに・・・と言う感じで立ち尽くしていました。その日はさすがに不安だったのか駆け寄ってきてすぐに帰ろうとしましたけど。

 

お迎えは11時45分と決まっていてその時間になると扉が開いて一斉にママが中に入って行って子供と対面するのですが、ほとんどのママが時間通りに来ているのですが、いつも絶対に時間通りに来ないママが1人います。その男の子はいつもみんながママに抱きついたりしている間、一人で待っていて、みんなが帰って行っても残っていることが多いです。時間通りに来れない理由が何かあるのかもしれないけれど、毎回ママがいないのは寂しい思いをいつもしてるんじゃないだろうか・・・と勝手に心配してしまいます。

 

その保育園には先生が3人いて2人ずつ曜日で交代するのですがそのうちの1人の先生のことが大好きな娘。帰りたくない日にしがみつくのもその先生のことがほとんど。わかるよー、私もその先生が一番好き。もちろん3人ともいい先生なんだけれど、雰囲気とか優しい感じとか私も好きだものー、娘もやっぱりわかってるのかな。

 

うちの階下に住むお兄ちゃんは犬を3匹飼っていて、お散歩で出入りする時によく会うのですが、元気すぎて人懐っこくて駆け寄ってくる1匹は娘はその勢いが怖いらしく嫌がり、1匹はあまり人のことに関心が無いのか関わりが無く、もう1匹はとっても大人しくて触ってもじっとしていて、娘は3匹の中でその犬が大好き。なんだけれど人懐っこいわんちゃんが我先に来てしまうのでなかなか触れ合えず、チャンスは少ないんだけれど。

 

そしたらお兄ちゃんが、その大人しい1匹は近隣の幼稚園で犬と子供が触れ合う日があってそこに定期的に連れて行ってるんだよー、とのこと。どおりで子供に慣れてるのか。そんな背景は知らなかったけれど、一番その犬が好きな娘もやっぱり何かわかるのかなー。

 

人間でも犬でも、子供は子供なりに何かを察知してるんだろうなと思った出来事でした。