Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆一人静かにM-1を見る夜

気になっていたM-1をやっと見ましたー。ここ数年は優勝ネタをYou Tubeで見たりするぐらいで、M-1自体は生でも録画でも見てなかったので結構久々。いつのまにオートバックスがいなくなったんだ?と変な疑問(笑)。

 

ネットで結果を見てるから今更感はあるけれど、娘が寝静まり旦那もいない夜に一人で見るM-1、平和だー。

 

でも、今でもM-1を見ると思い出すのは初回の2001年の頃。当時、会社の寮に住んでいてM-1を見るのは毎年恒例のイベントで、それはそれはキャーキャー言いながら同期たちと部屋に集まって見ていました。「紳助こっわーー」とか言いながら。

 

遅番でリアルタイムで見れないから結果を聞かずに録画して夜中にみんなで見たこともあったなあ・・・。

 

久々に見たM-1は、見事に知らんコンビばっかりやーー!名前は知ってるなというコンビが数組、でも顔がわかるコンビなし。すっかり疎くなったものです。

 

以前もらったのか買ったのか忘れたけれど吉本のノート。いつか懐かしく思う日が来るかなと思ってカバーだけ置いてあるんです、レシピ本にはさんであります。ここに書かれてある芸人までは何とかわかる。もうすでに懐かしんでる・・・。

 

f:id:miyabi2:20171206074748j:plain

 

ネットでM-1審査員の上沼恵美子が怖いとかで批難されてるとか書いてあるから一体どんなことを言ったんだ?と(言った内容はネットの記事なってたけど)それも気になって見てみたのですが、なんやーいつもの上沼恵美子やん・・・と。

 

漫才って一人で見るより誰かと見たほうが一緒に笑えて楽しいと私は思います。そして私的には全く面白くなくても会場がウケてることもあります。でもこれも経験があって、漫才ってライブで見るとこれまた面白さが違うのです。

 

短大生の頃、友達とミナミを歩いてたら漫才のライブでお客さんが集まらないからと声を掛けられ観覧したんですよね。覚えているのはTKOとかスミス夫人とかがいたなー。あまり乗り気ではなかったのに時間があったから見にいった程度でしたが、大爆笑で大満足だったのを覚えています。

 

そして漫才を見ると思い出す、学生時代のお好み焼き屋でのバイト仲間。風藤くん。NSCに入るんや!って意気込んでバイトしてた同い年の彼。どうやら今も漫才師みたい。当時、「将来売れたら自慢するでー」って撮った写真とか(たぶん・・)実家にまだあるはず。バイト辞めてからは連絡も取ってないし何のつながりも無いけれど、なんか漫才を見るとふと彼のことを思い出します。同い年だけに特になんか気になる。

 

風藤くーーん、頑張ってるん??

 

もし皆さんもどこかで見かけたら応援してあげてくださーい!

 

風藤康二オフィシャルブログ Powered by Ameba