Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆娘の成長と共に収納を見直しました

2階の部屋で作業をするときに旦那の実家から持ってきたCDラジカセがあるのでCDを聞こうと子供用のCDやマッキーのCDも沢山ある中から娘に選ばせたら「ぴーんく!」という理由でこのCDが選ばれました。

 

f:id:miyabi2:20171130074438j:plain

 

唯一持っているSMAPのCD。昨年は色々あったSMAP、ものすごいファンと言うわけではないけれどやっぱり解散は悲しいですね。

 

マッキーが作った「世界にひとつだけの花」が収録されたCDです、なので持ってます(笑)。マッキーがSMAPの曲を作った!ということでこのCDを買って聞いたらめっちゃいい曲!でも最初はアルバムの収録曲ということだったので世の中にはまだ広まっていませんでした。後々シングル化されたバージョンとはちょっと違いますしね。私はこのアルバムバージョンが好きです。

 

当時「この歌すごいって!」「めっちゃいいって!」と何人の人に聞かせたか(笑)。アルバムが出てから1年ぐらい経ってから、この曲が世間に知られることになりシングル化されて大ヒットした時に「そういえばあの時、ものすごい絶賛してて聞かせてくれた曲だよねー」って気づいてくれた友達もいました。

 

さて、そんなCDを聴きながら取り組んだのはバスルームの収納の見直し。いつもどおり勢いよく取り組んだため、Before写真は無くて比較は出来ませんが、「いつかリフォームだ!」と思っているので家にある家具で何とか収納をしのいでいるバスルーム。

 

タオル、各々のパジャマと下着はバスルーム内に置いているのですが、最近娘が自分の肌着やパジャマの入った箱を「取って!」と言っては中身を出したり仕舞ったりと遊ぶことが増えていて、「これ○○のね!」と自分のものを嬉しそうに見ていたり。

 

娘の手が届かないところにあるのですが、自分で選んだり用意したり出来るようになるにはまだ早いけれど、「これ取って!」とか「仕舞って!」とか言うと嬉しそうにやるし、これはちょっと見直しの機会かな、と思って娘のものは手の届くところに置くことにしました。

 

一番左から「朝起きたら着る服」、おむつ(入れ物が小さくなって入りきらない!)、肌着、パジャマと言う感じです。

 

f:id:miyabi2:20171130080559j:plain

 

自分で好きな柄のオムツを選んだり、朝は「服取ってー」というとカゴから持ってきたりと楽しそうにやっています。

 

ここにはもともとカーテンがあったのでそれをまた付けたかったのですが、突っ張り棒に掛かっているだけだと扱いにくいので、娘の物のある下の段だけレールで開閉できるようにしました。

 

f:id:miyabi2:20171130080848j:plain

 

上の段は実は何も入ってなかったのでそこにタオルなどを移動させ、この横に置いていた家具をひとつ減らしました。一人暮らし時代から使っていて2回の引越しでグラグラになっていて処分しようと思っていたけれど仮の収納としてバスルームで活躍していたIKEAの棚がひとつ減りました。

 

棚に入っていた私と旦那のパジャマや下着は洗面台の下の収納に。奥行きがありすぎて使いにくい収納場所。我慢我慢!

 

f:id:miyabi2:20171130081055j:plain

 

トイレットペーパーやシャンプーなどのストック、旅行用の洗面グッズ、手洗い時に使う洗剤とかが入っています。

 

旦那の実家から使っていないシャンプーとか色々出てきたのでストックがかなり増えている状態。早くスッキリさせたい!

 

とりあえずリフォームまでは(って何年後のことか・・・)、ここにあわせて収納グッズを買ったりしたくないので、あるもので何とかまわしてます。

 

ここは観音開きの扉になっているのですが、扉がグラグラしていて綺麗に閉まりません(何度もトライしたけれど直せない)、扉を取り外して目隠しでカーテンを付けてもいいかな!と思ってますが、必要な突っ張り棒が家には無くて日本なら100均で手に入るような突っ張り棒が10ユーロもしました・・・。実に10倍!

 

100円だったらやるけど、10ユーロ出してまではやらない!ってことで扉のままです。

 

使い慣れた場所からモノが移動して旦那はぶつぶつ言ってますけどね。