Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆断乳とトイレトレーニング同時スタート♪

娘、2歳半。実は断乳しました。

 

ずっと続くことは無い授乳期間。このまま娘の気持ちに寄り添って娘のタイミングで「卒乳」できたらなと思っていたのですが、特に明け方のおっぱいへの執着が凄くてお互いよく寝れないし、夜中も2回は授乳していました。寝かしつけも添い乳。そろそろこういうのも卒業したほうがいいのかな、とも思いつつ、でも私主導の「断乳」ではなく、娘主体の「卒乳」がいいような気がしていたのですが、やはりここでやめることにしました。

 

手持ち無沙汰になったら「おっぱい!」、怒られたり、何かで泣いたりした時も「おっぱい!」、もう毎日何度「おっぱい!」と叫ぶか・・・という日々。「後でね」と言っても「いまのむ!」と会話も成立し、意思も伝えてくる。

 

日本滞在中はいつも以上に要求してきました。デパートのベビーコーナーで授乳したのですが、平日の昼間ということもあってかそこには沢山の親子がいましたが見事に赤ちゃんばかり。娘みたいな子供はおむつ替えのコーナーですらいませんでした。

 

そこで娘に「もうおっぱいもおむつも赤ちゃんばかりだねー、この中では一番のお姉ちゃんだねー」と言ってみたり、娘自身も赤ちゃんばかりだということは分かっていたようです。

 

タイミングは日本の一時帰国から戻ってきたその瞬間から。娘にも「ドイツに帰ったらおっぱいはバイバイだよ」と言い聞かせ、フランクフルト空港に到着するまでは機内では欲しいタイミングで授乳していました。

 

機内でも「ドイツに着いたらおっぱいとはお別れ、バイバイだよ。だから今のうちに好きなだけ吸っておきなーー」と何度も伝え、そしてそのタイミングで「おむつにもバイバイしよっかー」とトイレトレーニングも同時スタートしてみようという魂胆。

 

これがもう最後の授乳かな、という時には「沢山飲んでくれてありがとねー」と何度も何度も声をかけ、感謝と寂しさもあり涙。でも悔いもないし、何のトラブルもなくここまで授乳できたし、私も満足。夜中の授乳も2年半、よく頑張ったなー私、という感じです。

 

ドイツに到着した瞬間からスタートした断乳とトイレトレーニングの状況をレポートします。

 

おっぱいとおむつバイバイねー

 

わかってるんだかわかってないんだか、自分から何度も繰り返していました。

 

★DAY 0★

ドイツに到着したのが15時ごろ、そこから授乳はストップしました。夜、寝入る時に要求しましたが、「もうバイバイだよー」と言い聞かせ時差ぼけもあり、移動疲れもありですぐに寝ました。夜中は3度「ママー、おっぱいー」と要求。泣いたりもしましたが5分程度で落ち着きました。思っていた以上に騒ぎませんでした。もっと泣くと覚悟していたのですが。

 

★DAY 1★

帰国翌日からはトイレトレーニングもスタート。ただ、これはあまりピリピリせず、トレーニングパンツを履かせてトイレに促すように。外出時や夜はおむつ、ということに。可愛いパンツを用意したこともあり嬉しそう。今までもまぐれで2度ほどおまるで成功したこともありますが、まだまだおむつに頼りっきりでした。

 

でも友達のところで夜まで面倒を見てもらったときに「自分からおまるに行ってたよー」と報告を受け、娘の中ではちゃんとわかっているんだなということも知っていたので、これもゆっくり言い聞かせつつスタート。

 

初日は1回も成功せず。それどころか「トイレ行く??」と聞いたら「まだいかない」と笑顔で言いつつそこで力を入れてわざとおしっこをしました。「あー、出たよー」と大笑い。明らかにわざと。さすがにそれは怒りました。ソファーの上だったし。

 

あまり怒りたくないし、プレッシャーに感じて欲しくもないけれど、ものすごいわざとらしくて、私の反応をうかがっている様子もわかったので、きつく注意。

 

おっぱいは朝から何度も「おっぱいのむ!」と言われましたが「もうバイバイしたよー」と言えば納得するような感じもあるけれど、「おっぱいかわいいしていい?」と手で触ってきたり、「ちゃんとかわいいするー!」と中に手を入れてきたり。引っ張られて母乳が出てきて「でてるー」と娘が報告してくれました(笑)。

 

「おっぱい、ひこうきね、ひこうきのるー」と、飛行機までと言い聞かせていたことがどうやら飛行機に乗ったら飲める、とでも思っているのか「飛行機のるー、飛行機のってばあちゃんとこいくー!おっぱいのむー」と。

 

触りながらこっそり吸おうとしたり、でも本人が笑いながら吸おうとしているので私に気づかれて二人で大笑い、という感じで楽しく遊んでる感じ。もうバイバイした、ということはかなり良くわかっているのかなと感じました。

 

時差ぼけで朝4時に起きたのにお昼寝なし。さすがに夕食後は眠かったようでお風呂無しで寝ることに。子供部屋に連れて行きベッドに寝かせたところ、いつもなら「おっぱい!」と言うのに、「ママ、おふろはいっていいよー」「あとでね、まってるね」とびっくりするぐらい物分りの良い子になり(いつもなら、おふろダメー、行かない!と叫ぶのですが・・・)、結局私がお風呂に入っている間に寝入ってました。これはさすがに時差ぼけと昼寝なしが効いていると思いますが、おっぱいの要求ゼロでびっくりしました。

 

夜中に1度「おっぱーい!」と泣きました。数分で収まり寝るものの、深夜2時半ごろに「何か食べるー」と起きる。まだ夜だよ、となだめるも「食べる!」と言うのでりんごを切ってみたらパクパク食べてまた寝ました。

 

おっぱいをやめたら良く食べるようになるといわれていますが、これ本当でした。今までそこまで食べるほうではなかったのですが、びっくりするぐらい食べるように。さっき食べたのに「おなかすいたー」と言い出したり。今までは「なにかたべるー」と言う時はお菓子の要求だったのですが、本当におなかが空いているみたいでりんごとか果物を食べたり、ちょっと夕食の時間を早めてみたりと今までにない食欲に圧倒されています。

 

★DAY 3★

断乳はじめて3日目。「おっぱいは、ひこうきね」と2回程度言ったぐらいで触ることもなく。この日も4時に起きてまた昼寝なし。夜は疲れ果て、おっぱいの「お」の字も言うことなくすぐに寝ました。また夜中に「なんかたべるー」と言い出しそうなので枕元にりんごをあらかじめスタンバイさせて寝たらやはり2時ごろに起きて「たべるー」とペロッとりんごを食べました。

 

トイレトレーニングは、保育園やお買い物などもあり結局1日おむつで過ごしました。朝起きてすぐのおまるは「行きたくない」、お風呂の前のおまるは一応座るも「でないー」とすぐにやめてシャワーブースでおしっこ・・・。ほんの数秒違いやん!

 

★DAY 4★

夜中に1度、数分間おっぱいを要求したものの、泣きながら「かわいいするー」と触ってすぐにまた寝ました。日中も飲みたいとは言わず少し触る程度。

 

外出したので終日おむつの日、夕方戻ってきてからパンツに履き替え、「ちょっと出たー」と出てしまったらしく、その後「でるー」と1度トイレへ、そこで初めて成功!その後また普通にパンツでやってしまう・・・、まあ気長に気長に。

 

トイレ行く?と聞いて「いかない」と言ったときに、そこで無理やり引きずって行くことまではしたくないので、あくまでも娘のペースで。ストレスにならないように、楽しんでやるように私自身に言い聞かせる感じです。トイレトレーニングはまだまだ続きそうです。

 

私のおっぱいの状況ですが、2日目ごろまではちょっと張る感じ。2日間はお風呂で自分で絞って出しました。久々に見たけれど、まだまだ結構出るんだなあと。3日目にはもうその必要もなくなり、寝ている間に少し張る感じで明け方ちょっと胸が痛いけれど困るほどでもなく。

 

ということで、2歳半の娘の断乳は、予想以上にあっさり終了。泣いたけれど困るほどでもなく。日本から戻ってきたタイミングというのもいい気持ちの切り替え時だったかも。数日は泣くから旦那に対応してもらって、泣いても授乳がないということをわからせるべき、みたいな事も聞きますが、いろんなことが分かる娘には、私に代わって旦那が登場するよりも、私が言い聞かせて付き合ったのは正解だったなと思います。

 

っていうか、すべて旦那が出張でいない間にやりましたから。だって夜中に泣いたりして、「うるさい!」って言うのは確実だし、それで余計に怒られたと思って娘が泣いて面倒なことになるのも目に見えてたし、別にほんの数分しか泣いてないのに「めっちゃ泣いた」とか翌日大げさに言うに決まってるし、旦那がいないほうが私も娘もストレスが無い事が分かりきっていたので、その判断も大正解でした。

 

今まで娘が「パパいやー、ママー、ママー!」と言うのはおっぱいのせいだといつも旦那が言っていました、それは違うと思うけれど、これでもうその旦那の言い訳も通じなくなります。

 

とにかく断乳後の食欲の急増にびっくりしています。もう初日から食べまくってましたから。今までは親の分を取り分ける程度で「娘がいるから食費が増えた!」ということはあまり感じてなかったのですが、これからは娘の分も量が必要になりそうだし、家計にも影響してくるかなあ。でもその分、私もちゃんと作ろう!と思えるのでお料理のいいモチベーションに繋がります。

 

「おっぱいとおむつバイバイねー」なんて言ってたのですが、別に望んでなかった「お昼寝」までバイバイしてしまったようです。時差ぼけで朝の4時に起きてるのに昼寝なしという日が2日、その後も6時に起きても昼寝なしという感じで、どうやらもうお昼寝も必要なくなって来たようです。貴重な私の一人時間もその分減りましたが、夜は一瞬で寝るので(今のところ・・・)助かってます。

 

授乳も終わり、少し寂しい気持ちもありますが、授乳の時間がないと急に娘とくっつく時間が減りました。なので今は意識してくっつくようにしています。

 

引き続きトイレトレーニングを気長に続けます。