Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆旦那実家のリノベ、進んでるような進んでいないような・・・

日本から帰国して1週間がたちました。

 

フランクフルト空港に着陸した瞬間から始めた断乳、上手く行っていますが、娘はそれでもやっぱり飲みたいのとおっぱいへの愛着もあってよく触っています。「チューしていい?」と聞いてきてチュッチュしていたり。その辺は可愛らしいので見守っています。

 

夜中に「おっぱいー」と叫ぶこともあり、泣いても触ってすぐに落ち着いていますが「ちゃんとさわる!」と私のパジャマをめくりあげ、触っています。私も眠いので寝てしまっていますがその間に飲まれていても分からないわ!という感じです。たぶん飲んでないけど、もうそこまで私自身もコントロールしてられないし、まっいっかーと言う感じ。

 

お菓子とか、おもちゃとか、テレビとか好きなものは沢山あるのに、おっぱいは何よりも上を行く、本当に大好きらしい。こういうのを見ていると人間の本能と言うか、生まれたての赤ちゃんが何も教えていないのにおっぱいを飲むという本能が、ずっと根付いているのかなと。

 

帰国後、最初の週末となりましたがもちろん実家の作業。片付けはジオラマとかが残っていますが、今はどちらかと言うとリノベーション作業に専念。

 

私がいない間に、リビングの床のカーペットを剥がしたらしい。

 

f:id:miyabi2:20180204160239j:plain

 

床が緑の変なカーペットじゃなくなってすごく明るくなりました。ここにこれから木の床を敷き詰めていきます。先は長い。

 

カーペットを剥がすのとか、すごい大変だったと思うし友達とやったみたいですけど、それは本当にすごいと思う、大変だったねお疲れさん!と思うけれど、私としてはそれ以外の部分がね・・・。

 

私はいつも実家のゴミの収集日を意識して、そのチャンスを逃すまい!とタンク一杯にして出しています。ゴミは山ほど溜まっているので。古紙回収は月1回。最寄のゴミセンターに持っていけるけど、本や紙は本当に重たいので直接回収は絶対に逃してはならない。多少はゴミタンクの横に追加で置いておいても持っていってもらえるし、この機会を使わない手はない!のですが、そういうのは全く気にしておらず、貴重なゴミ回収日をスルー。

 

家の片付けやリノベーションって「先に先に!」って進めていくことに目を向けがちだけど、「溜まったゴミを出す」っていうのは、目の前のことではないかもしれないけどそこを進めないと最終的には終わらない。そういうの、気にしてほしかったけど、ゴミのこと細かくは伝えてなかった私も悪い、ってか悪いのか?。いや、ここはもうそう思うしかない。

 

その他も、なんでこうなったかなーと言うことが何点かあってイライラ。ちゃんと最初にやっておけば5分も掛からないことをやらなかったばかりに後から1時間ぐらい掛かることってありますよね。ペンキ塗りの養生とかなんですけど、塗料がつかないようにカバーすること、これ旦那は結構適当。後から取れるとはいえ、新聞紙1枚で良いから敷いておけば済むことを、後から取るって取れるけど大変なんです。そういうところが多々あって、久々に行けばそんな状況。

 

キッチンのコンセントを業者のお兄ちゃんが来てくれて増やしてくれたみたいなのですが、換気扇用に高いところに必要なコンセントのことはすっかり忘れていたみたい。ママのときは換気扇が無かったしコンセントもそもそも無かったのですが、結局また後日作業せねばならずそうなるとキッチンの壁塗りが進まない。もーーー、一度にやっておけよーー!

 

カーペット剥がしたんだぞ!すごいだろー!っていう旦那の嬉しそうな報告とは裏腹に、色んなところが目に付いてイライラしてしまい、不服な様子の私にがっかりしている旦那。すごいよ、すごいんだけどさ、なんだかねーという感じ。

 

まだまだ冬だけど、随分と日も長くなったと感じるし、お天気の日もちょこちょこ増えてきた。そうなると土日にどっぷり家の作業なんて馬鹿らしくなってくる。

 

昨日、丸1日作業していたのですが、昼間に少しだけ最近家を買って同じくリノベ作業中のお友達の家に遊びに行ってきました。家を買って色々手直ししています。家の状況とか工事現場って感じが実家とそっくり。兄弟や親戚に業者さんが多いみたいでプロの人たちが何人も。玄関から入って手をつけない場所の養生が素晴らしい!もう本当にプロ!綺麗にカバーされていて感激モノ。そこに私は一番食いついたわ!

 

でもね、そこの旦那さんが全くこういうのが苦手というか役立たず(おーっと失礼!)で、みんなが黙々と働く場所でただ立っているだけ。なんかやることあるろー!


いい奴なんだけど、ちょっとボーっとしてる彼、私だったら子供の世話でもしてろー!って子供ともども追い返しちゃうけど、子供達は工事現場をウロウロし、うちの娘も加わって邪魔すぎる・・・、まだ生後2ヶ月の赤ちゃんは隅っこの部屋に置かれていて、時折ママが授乳に行く。お昼時でオーブンで次々ピザを焼いていて、出来上がったものからみんながつまんでいくのですが、そのオーブンのことを気にしつつ、授乳しつつ作業をする奥さん。

 

さすがにうちの旦那も、「あれは役たたなすぎ!」って笑ってたけど、ホントその時間があったら家の引越し荷物のパッキングでもなんでもお願いしたらどうかい?と思うけど、奥さんはそんな旦那さんのことを笑い飛ばしてました。そんな奥さんだから上手くやっていけてるのかも(笑)

 

それを見たから、まあそれに比べたらうちの旦那は良くやっているほうだと思えるようになった、いやいや本当によくやってるんだけどね・・・。

 

はー、いつになったら終わるやら。