Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆通称「アンティーク部屋」の家具配置を日々模索中。

天井が斜めすぎて無駄に広いのに使いきれない2階の部屋。あーだこーだと家具を動かしたり色々やっています。

 

一応「仕事部屋」っぽい存在として、旦那の実家にあった家具を使っています。

 

f:id:miyabi2:20180131044520j:plain

 

なのですが、この写真にあるこの背の高い家具、柱と壁の間にある空洞を埋めるように壁の役目として、また外からの目隠しの意味もこめて配置しているのですが、これが逆に部屋を暗くしていてちょっと変更したい。

 

そして白い机は仮で使っているものの少し小さいのと、今の場所だと脚の1本(写真でいう左奥)がハイツング(暖房)にぶつかるので机を壁につけて綺麗に置けない。

 

そして何より、天井が低くなった場所も有効活用したい。

 

この茶色い家具は好きに配置できるようになっていて、実家にもまだ少し残っています。

 

f:id:miyabi2:20180131044605j:plain

 

これを試しに天井が低い場所に移動。

 

f:id:miyabi2:20180131045816j:plain

 

ただこうするとしゃがんでしか使えず、あまり使わないものを入れるしかない。食器とか・・・。

 

f:id:miyabi2:20180131050000j:plain

 

同じシリーズの家具ではあるのですが、土台になるパーツと上に載せるパーツで高さも奥行きも違うので、なんかしっくりこない・・・。

 

f:id:miyabi2:20180131050143j:plain

 

一つ一つが小さな家具なのと、中にあまりモノが入っていないので移動は簡単。なのであれやこれや今後も移動させてベストな配置を考えようと思ってます。

 

デスクも新調するか、もしくは実家にある元食卓を持ってくるかになりますが、それを置く位置もちょっと色々考えていて、毎日頭の中で妄想中。

 

ここは通称「アンティーク部屋」なので部屋の雰囲気はそれっぽくなって行くと思います、夢見ていた感じとは全く逆の方向に進んでる・・・。