Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆レシピ管理方法の見直し

お気に入りのレシピは無印のA5サイズのファイルに書いたり、切り抜きを貼ったりしていました。

 

f:id:miyabi2:20180328050836j:plain

 

いいな、と思って雑誌の切抜きを貼っても結局一度も作っていないものも沢山。

 

f:id:miyabi2:20180328050812j:plain

 

f:id:miyabi2:20180328050754j:plain

 

そして、書き写して作ったはいいけれどあんまり上手くできなかったものとかは、消すわけにも行かないので上からバッテンをしてみたり。1ページ1レシピだったら良かったんですけどさすがにそれは嵩張るし。

 

いつも見るページはほぼ決まってるし、どうにかしたいなと思いつつ早数年。今回、ようやく見直しました。

 

手のひらサイズの小さな紙(ドイツではよく売られているKarteikarten)に1枚1レシピとして書き写し、カードを入れる専用の箱も売られているのですがどれも大きな箱なので、とりあえず家にあった箱を使っています。

 

カラフルな付箋は、スイーツ、ご飯物、と分けている部分。これも正式な箱が決まるまでの仮。この箱ごと手のひらに乗るぐらい小さな物です。

 

f:id:miyabi2:20180328051301j:plain

 

レシピとはいえ、作り方というより「配合」を買いてるだけの物も多い。

 

f:id:miyabi2:20180328051356j:plain

 

切り抜きは最後にまとめて入れて、実際作って美味しければちゃんとカードに書き写すことに。

 

f:id:miyabi2:20180328051516j:plain

 

作ったらカードを1番前に移動させて、作らないものは後ろに後ろに残っていくシステム。どれだけ「美味しそう!」「作ってみたい!」と思っても、実際作らなければ意味ないですし。

 

とりあえずこれで様子見です。

 

レシピって最近は本よりネットで調べることが多くて、スマホのお気に入りにレシピのフォルダを作って保存しているのですが、なんか別にそれでもいいよな・・と思いつつも、でもサッと見たり、スマホって触っていないと画面が消えちゃうからレシピとかってその都度スイッチ入れるのも面倒だったりするので、やっぱり紙の状態であったほうが助かるといえば助かります。

 

ずっとやろうと思っていたことが出来てスッキリ!