Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆ドイツは試着&返品天国だと思います

今年の年明け(娘2歳半)まで授乳していたので、出産後からついこの間まで、服は授乳しやすいもの!というのが大前提。そしてその前はマタニティ。

 

ということで、「普通の服」を長らく着ていませんでした。夏からは仕事に復帰予定だし、毎日こんな適当なカジュアルスタイルでは無理だし、ちゃんとしないと!

 

とりあえず「仕事用」と書いて箱に入れていた服を改めてチェックしていたら、髪がロングからショートにバッサリ切ったことが原因か、年を取っただけなのか、なんかどれも似合わない・・・。しっくりこない、え???って正直ちょっとびっくりするほど。もちろん仕事の服だけではなく普段着も同様。

 

これはやばい!と少し買いに行きました。仕事服は仕事内容が明確になってから決めるとして、この春・夏に着る普段着を何点か新調。まとめて服を買ったのはかなり久しぶりです。とか言いながら安いものばかりですけど。

 

でも、今回は今まで以上にかなり試着しました。ちょっと違和感があるものはすべて排除。何がしっくり来ないのか、色なのか形なのか、とにかく何度も何度も試着。こういう時、店員さんが寄ってこないドイツは試着天国!いくらでも試着できます。平日の空いている時間を狙って行けばスイスイ試着できます。

 

娘を連れて行ったときは、娘が好きそうなドレスなども選んで一緒に試着室に。娘のはもちろん買いませんけど(わざと大きなものを選んで、「大きすぎるねー」という理由にしたり・・・)、娘も「かわいいー」とか言いながら楽しそうにしているので時間稼ぎ。

 

そして「返品」のシステムもドイツはかなり天国。お店によって日数制限とかあったりしますが、基本的に理由を問わず返品可能。これは本当に助かります。ネットの買い物とかも気軽に返品できるので、いくつかサイズ違いでオーダーして家で試着するような感じで買って返品してるよーという人もいます。私はそこまではしないけど。

 

先日も先に買った服より、後のお店で見たほうがほぼ同じデザインのものなのに値段が半額で・・・、なので返品しに行きました。何も理由も聞かれないし、購入してから2時間ぐらいしかたってないんですけど、そんなこともお構いなくサクっと終了。

 

そしてチェーン店などは大抵、他の店舗で購入したものも受け付けてくれたりするので(セール品は不可とかあるみたいですけど)、それもかなりありがたい。

 

よく他の人のブログで「私服の制服化」みたいな記事とか、服は5着のみ!みたいなストイックな方をよく見ますが、私もちょっと真似してみようと思います。ちょっと気温に上下のありすぎるドイツでは夏とはいえ長袖も必要だし、日本のようには行きませんけど。安いプチプラ系ブランドでワンシーズンで着倒す方向で行きたいかなと。いいものを長く(←うちの旦那)もわかるけれど、今回のこの似合わない騒動(笑)により、似合うものも変わっていくと痛感したので。

 

そして仕事に関しては、「制服化」ぐらいの意気込みで行きたいと思ってます。もういっそのこと「あの子はいつもスーツを着ている」って印象を与えてしまっても良いかと思ったりも。スーツ必須ではないのですが、でも男性はみんなスーツ、なんかそのほうが楽じゃない?って思ったり。

 

それにしてもなんかショックでした、あんなに今まで着ていた服に違和感が出るとは・・・。