Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆いいホテルだっただけに残念な出来事

先日ベルリンに行きましたが、旦那が予約したホテルが値段の割には予想以上に良いホテルで、場所も部屋も朝食なども大満足でした。これはブログにおススメですって書ける!と思うほど。

 

ただ・・・、残念ながら最後にそんな満足感を台無しにする出来事が・・・。

 

まあ、悪いのは私たちなんですけど、でも腑に落ちない!!

 

チェックアウトの際、部屋に忘れ物をしました。服3着をクローゼットの中のハンガーにかけていたのですがそれを全てそのまま忘れてきてしまいました。私の1着、旦那の2着。

 

旦那はチェックアウトの際には枕の下とかベッドの下とかまで忘れ物をチェックするタイプなのですが、今回は私も旦那もすっかりクローゼットのことを忘れていました。

 

チェックアウト(午前10時ごろ)した日の18時頃にホテルに電話連絡したところ、ハウスキーパーがもう帰ってしまっているので明日改めて返答します、とのこと。まっ、予想通り翌日には連絡がなく、次はホテルの代表アドレスにメールしてみました。

 

が、翌日も返答がなく再度電話。最初に話したスタッフと同じ人でした。「まだハウスキーパーからの返答が無いので入り次第連絡するから!」とのこと。

 

どんだけデカいホテルやねん!!!ハウスキーパーって言っても、普通に同じホテル内やし、そんな返答に時間かかる??

 

「さっさと調べて頂戴!」って思うけれど、そんな丁寧なプッシュをドイツ語でできるでもなく、とりあえず「返答待ってますから」と電話を切り、その時点で旦那が「もう望み無いかもね」って・・・。

 

私が忘れたのはH&Mの安いシャツ、19ユーロです。もちろんこの世の終わりってほど絶望的なものではないですけど、この夏はかなり服を減らして毎日カツカツなぐらいで生活してるし、何度も試着して買ったものなのに・・・。どうでもいいものとは違うのよ!

 

旦那はラルフのポロシャツ、昨年買った新しいもの。もう1着はどうでもいいものらしい。「旦那はラルフのがあったしなあ・・・考えたくはないけど、きっと忘れ物登録せず掃除の人が持ち帰ったかなんかだろうな・・・」と。まあそれしか考えられない。それか忘れ物とか面倒だし捨てられたとか??

 

あーあ、いいホテルだっただけに結構へこむーーー。

 

どこかに忘れて、落としたかもしれないし、もしかしたらホテルかも、っていうようなあいまいな忘れ物でもないし、アクセサリーとか小さなものでもない。確実に3着、クローゼットのハンガーに掛かっているのが明確。

 

それでも無いものは無い。

 

ここでゴネたところで、そもそも忘れたのは私たちだからね・・・。なんかホントショックだわ・・・。探して探して買っただけに(って言ってもH&Mですけど・・・)、旦那のは結構いい値段したし、もうほんと残念・・・。

 

日本ではまず起きないことかと思いますけど、海外では残念ながら起こりうることですし、ホテルに忘れたという時点で今回のようにいくら忘れたことが明確でも見つからないこともあり得るって気持ちで、今後は旅支度をしなければと痛感した出来事でした。そりゃ高級ホテルにでも泊まれば同じことが起きても100%見つかるのかもしれませんけど・・・。(高級ホテルではなかったけれど連休期間だからそれなりの値段はしたのに!)

 

私はその1枚が無くなるとかなり困るので、急いでH&Mのサイトから同じものをオーダーしました。今シーズンのものでまだ売ってはいたものの、奇跡的にそのサイズだけ残っていました。19ユーロだったけれど、その倍の38ユーロで買ったと思うしかない。でも38ユーロ出しても買う価値はあったかなと思うのでそれで納得するしかないかな。

 

あーあ、残念。