Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆リノベ・リフォームは自己満足の世界

すーーーっかり報告を忘れていましたが、長い間工事現場状態だった1階から2階への階段。およびペンキ対策で覆われていたリビング。

 

f:id:miyabi2:20180802061554j:plain

 

 

www.livingingermany.me

 

こんな生活に嫌気がさして、手すりのペンキ塗りは切り上げました。もう「塗った本人だけがわかる気になる点」ってやつばかりなのでもうやめよう・・・と言い出し、全て片付けました。

 

 

 

階段はもともとの木を削ってオイルを塗って、とってもきれいになりましたが日本滞在中にスタートしていたため「Before」の写真がありません。

 

f:id:miyabi2:20180802062105j:plain

 

でも、うちによく来てる友達でさえ、「どんなんだったっけ?」と。こういうのは自己満足の世界だし、ましてや手すりのペンキなんて誰も見てないわーーーー!

 

階段が綺麗になったこともだけど、工事現場ではなくなってスイスイ階段を上り下りできることが快適。

 

そしてゲスト用(私らももちろんよく使う)1階のお手洗いも見直しました。ここもいつかはリノベしたいけれど、その「いつか」まで不便なままでいるのも嫌なので。

 

 

 

今まで古い姿見を洗面台の奥に立てかけていました。が、洗面台の水しぶきが飛んで鏡が常に汚れる、洗面台と鏡の接した部分に汚れが溜まる、木製の姿見の木枠がカビてきた・・・。

 

ということで、鏡をチェンジ!

 

f:id:miyabi2:20180802063241j:plain

 

IKEAのです。御覧の通り壁はタイル張りなのですが、今まで住んできた人が好き勝手に開けてきた「穴」がいろんなところにあるのでその穴を使って付けました。自分でつけるとなるとまた大仕事だけど、すぐに取り付けられました。

 

右のほうにちらっと写っているタオルもタイルの穴を隠すようにひっかけてます。

 

そして、写真左側にあるグリーンも本当ならもっと左側に置きたいところですが、姿見を撤去したことで見えてきた穴にフックをつけ、グリーンは容器ごとひっかけてます。なので洗面台の拭き掃除がものすごく楽になりました!

 

費用、鏡台の19ユーロ也。いずれリノベするなら鏡も新しくするだろうしこのお金は無駄かもしれません。だけどいつになるかわからないことだし、19ユーロ(2千円ほど)でスッキリするなら無駄ではない!と私は思います。

 

トイレを使うたびに気になってた鏡の汚れもなくなったし、私としては19ユーロ以上の価値のある作業だったと思います!はい、自己満足!