Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆Eメールは違うんだけどなあ・・・

今の時代はこんな考えは古いのかも知れませんが、なかなか慣れないEメールのやり取り。

 

というのも、最近はLINEとかWhatsApp(LINEみたいなのです)とかでのメッセージのやり取りがもう主流ですよね、画面からも伝わるように会話のレスポンスのような感じでメッセージのやり取り。

 

ただ、私にとってEメールは違うもの、なんですよね。気を使わない家族や友達は基本的にLINEなどで連絡を取るのでEメールとなると公式のやり取りと言うか、気を使わない相手ではないことがほとんどなので

 

Eメールだと、

 

〇〇様

内容・・・・

〇〇(自分の名前)

 

という感じでちゃんと書かないと気持ち悪いというか、それが礼儀ではないか?と思っていて、メールの「やりとり」になった場合も、いくら前のメールに対する返答であれ、このフォーマットは変わらない、と思うんですけど、Eメールもスマホでやり取りする時代だし、そこまで考えている人も少ないのかLINEとかでやり取りしているような内容だけの短いレスポンスになることが増え、ちょっと違和感を感じてしまうんですよね。

 

もうそんな考えが古いのかなあ・・・。

 

 

 

あと、ドイツ人とメール(連絡)をするとよく起きるのが

 

相手:〇日の〇時に行ってもいいですか?

私:いいですよ

 

でそこで連絡が途絶えるんですよね。日本人的には

 

相手:〇日の〇時に行ってもいいですか?

私:いいですよ

相手:ありがとうございます、それでは〇日の〇時にお伺いしますね

 

という最後のレスポンスがあると思うんですけど、これ相手がドイツ人だと結構無いことが多い。別に忘れてるとかではなくて、私が「いいですよ」って言ってるからこれでいいんですよね、ここでもう約束成立。

 

 

 

最初は慣れなくて、結局来るのか来ないのかわからないことが多かったのですが、もう最近は慣れました。でも私はもし日本人とこのようなやり取りをするときは最後の1文をやっぱり送るし、相手からも来るかなとなんとなく思ってます。でもこの間、日本人でもこの最後の1文が無かったことがあって(ちゃんと約束通りに来たんですけど)なんかこだわってるのは私だけ??と思ったり。

 

こういう部分ってなかなか腰を据えてじっくり生活しないとわかってこない部分ですが、いくらドイツでの生活が長くなったとしてもこういう日本人的な感覚は忘れてはいけないなといつも肝に銘じてます。