Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆おびただしいSNSのフォローに疲れるぞ!

仕事関連でとあるドイツ女性4人のSNSをフォローすることになりました。インフルエンサーとでもいうのでしょうか、彼女たちの発信力を使って幅広く宣伝してもらうという関連で(別に怪しい宣伝でもステマでもないのですが)、とりあえずまだ本格的に仕事は始まっていませんが、それぞれのSNSをフォローしはじめました。

 

ブログ、Facebook、Instaglam、Youtube、Twitter、Pinterest... 私にとってなじみのないところではGoogle+、LinkedIn、Tunblrなどなど実に様々なSNSを駆使して情報発信する彼女たち。私自身このブログを更新するぐらいで、Facebookもインスタもアカウントは持っているけれど発信はせず見るのみ、Twitterでさえ今回初めてアカウントを作るような状態。

 

 

 

たった4人なのに、どんだけ発信されるのー!?と言うほど。彼女たちの名前でGoogle検索すれば実に多くの記事が出てくるのでそれすべてに目を通すのは不可能に近い。

 

この4人の女性たちとここ数週間メールで連絡を取っているのですが、メールの返信も早い早い。常にオンラインな感じ。メールの返信も軽いというか、嫌みではない適度なカジュアルさでやりやすい。月末にこの女性たちと実際に会えるので、どんな人たちなのかも想像してワクワク。

 

でも私、別に何を発信したわけでもないのに、見ることだけですでに疲れてる・・・。

 

 

 

 

 

こういう人たちがいるということはわかっていたし、日本にもきっとたくさんいるんだろうけれど、いやー、ホントすごいなあと。

 

でも今回、SNSのことも色々勉強になりました。

 

育休後、「仕事復帰してどう?」といろんな人に聞かれるのですが、時間的にバタバタするのはもちろんだけれど、こういう今まで自分から知ろうとしなかった世界や分野や色んなことも仕事を通じて触れ合わないといけない、知らないといけないという環境に置かれることはとても新鮮だと答えることが多い。

 

色んな人と会って話すことで、色んな情報を得ることもできるし、自分自身も色々知っておかないとな、と思うし。何事も全て完璧に知ることは出来ないけれど、ちょっとしたことでも知っていると話が広がったりもする。

 

育児だけをして家にいたときは、自分の好きなこと、気になる情報だけに触れていた気がします。もちろん100%そうはいかないけれど、基本的には自分が必要とする情報だけで生活していた気がします。人間関係もそう、自分が会いたい人だけに会ってた日々。今は色んな人と会ったり仕事をしたりするのでいいことも難しいこともある。そこが一番の変化かな。

 

そういや、こないだは同僚の旦那さんから「植毛」についてそのお値段とか方法とか色々教えてもらいました(笑)。そういう話題もこれまた新鮮!