Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆もうすぐ春、人がうじょうじょ出てきたぞ・・・

最近、日が長くなったのも感じるし、お天気の日も増えてきました。長い長い冬の終わりが見えてきた今日この頃、少しでも天気がいいともうアイスクリームのお店には行列ができ(まだ寒いのに。。。)、何かにとりつかれたみたいに散歩する人がうじょうじょ出てくるのも恒例。そして旦那が「外に出なきゃ」と言い出す面倒なシーズンもスタート。

 

 

 

そんな週末はとーってもよいお天気でした。

 

f:id:miyabi2:20190225042922j:plain

 

f:id:miyabi2:20190225042906j:plain

 

旦那が外に出たいというので、朝のうちから出ていきました。午後になったらもっともっと人も増えるし。案の定、午前中でもすでに駐車場も一杯で路駐場所の争いに殺気立つ感じ。何にもないのに、単なる川沿いなのに、ものすごい人でした。彼らの目的はただ一つ「散歩」です。たかが散歩でこんだけ人が来る?と言うほどの大混雑。みんなただただ歩いています。

 

 

 

13時になり川沿いのワイン小屋がオープン。旦那の誕生日だったのでゼクトを調達(奥に写るのは散歩の人々)

 

f:id:miyabi2:20190225043159j:plain

 

今から漕ぎ出すお兄ちゃんたちの様子をのんびり見たり

 

f:id:miyabi2:20190225043429j:plain

 

平和な週末。

 

f:id:miyabi2:20190225043502j:plain

 

こういうなんてことない週末、この2年近くほとんど送れませんでした。旦那の両親が弱ってからは週末は実家だったし、亡くなってからは家の片づけに追われ、今も追われていて、こんなのんびりできることもなくて、もうすぐ賃貸に出せてすべてが片付けばようやく週末にゆっくりできるね、と旦那がボソっと言ってました。

 

 

 

 

この日、旦那の誕生日に合わせていつものドイツ・ブラジル夫妻が「サプライズ」でうちに来ることになっていました。約束は15時。なので私はそれも考えつつ、午後は家でカフェしようね、などと言いながら何気なくその15時に合わせて行動していました。

 

旦那が「じゃあケーキ食べようよ!」と色々準備を始めていい感じで15時になったのに、彼らは30分遅れるー!との連絡。もーーー、サプライズなんだから時間通りに来てくれ・・・。それでも何とか30分しのいで無事サプライズになったんですけど、もー!って感じです。

 

そしたら後から、そこのブラジル人奥さんが「もー、聞いてくれる?今日、15時に間に合わせるために子供の用意もして(1歳&4歳)、もちろん旦那は自分の支度だけでいいのに、ダラダラと支度。それでも間に合う時間に出たのよ!なのに高速を途中で降りで天気がいいから山道を通って行くとか言い出して、結局遅刻。もうやってられない!」と愚痴。

 

あー、わかるわ。自分の支度だけなのに子供の支度までしてる奥さんより時間がかかる(うちと同じ)、天気がいいからと天気優先の行動(うちと同じ)、そして奥さんはイライラ(うちと同じ)、もうわかりすぎるー!

 

 

 

ドイツ人ってあんまり旦那の愚痴とか言わなくて「うちの夫は世界一!」みたいな人が多いので、こういう愚痴を話す人があまりいないらしく、私はそこの旦那とも長い付き合いで性格もよくわかってることもあり、私には色々言えるんだそうで(私も同じように愚痴ってるし)、だからこそ「うちの旦那だけかと思ってたけど違うのね、万国共通!?」みたいな話で盛り上がる。

 

彼女はポルトガル語が母国語で、でもお母さんがドイツ人なのでドイツ語も基本的には問題なく話せる。私からしたら全く問題なく話しているように見えるけれど、冠詞とかちょこちょこ間違ってるらしい。彼女は子供たちが大きくなったらやりたい仕事があってそのためには英語を話さないといけない。全く話せないわけではないけれど得意では無いので、英語を勉強したいの!と言う彼女。私はそういうところ、すごいと思う。

 

なのに、彼女の旦那、そんな彼女の目標に対して「まずはドイツ語を完璧にする方が先」と言い放つ。おまえー、何様じゃーーーー!と私は横で聞いてて蹴飛ばしそうになったわ。

 

まっ、彼女たちが来てくれたおかげで楽しい誕生日の1日となりました。