Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆家具に対する考え方で旦那と意見が合わない・・・

テレビのケーブルが気になる件、テレビ台を変えることにしました。そこで旦那との意見が合わないんですよね・・・。

 

うちは、テレビ台もソファーもサイドボードも全て前の2人暮らしのアパートで使っていたものを使っています。中には私の一人暮らし時代のものも!

 

全てIKEA。どれももう10年以上使っています。いつかいいものに変えたい、それは旦那も私も同じ気持ち。でもまだ子供が小さいうちは、いい家具にして汚れたり壊れたりするのにピリピリしていたくないし、神経質になりたくない。だからある程度大きくなるまではいいものは買いたくない私。

 

 

 

 

すでにうちの中では食卓の椅子が高かったので旦那がピリピリしています、いつも。

 

www.livingingermany.me

 

私は使えば味も出るでしょ、的な感じでそこまでピリピリしていませんがやはり高かったというのは頭にはある。

 

あと、床。木を削って綺麗になった床。でも生活していたらどうしても傷がついたりします。それは仕方ない。でもこれも旦那はめっちゃうるさい。悪気が無くても物を落としたりしてしまうこともありますし、娘がまだ小さい頃は物を投げたりもしてた、でも怒り方が「床が傷つくだろ!」という感じで、「物を投げない」という方向じゃなかったりして、それでなくても床にこだわる男なので、床床床床うるさーい。

 

ってことでいい家具は置きたくない。ソファーももうかなりボロボロなので飛び跳ねたりダイブしたり、家では好きにさせています。

 

 

 

 

旦那は「ちゃんと言い聞かせればわかる」と言います、ええわかりますとも、うちの娘はそこまでやんちゃじゃないので言えば大抵わかる。だけど友達が来てくれたりして娘以外の子供が来ることも多々ある。その度に気になってハラハラしてられないし、そういうところをガミガミ言いたくない。どうせ友達が来た時だって私が基本的にはそこにいるわけで、旦那はその場にいないし痛くもかゆくもないことかもしれないけど。

 

「考え方が子供中心だ!」とのこと。それだといつまでたっても自分たちの好きなインテリアで生活が出来ないと。いえいえ、私は「自分中心」に考えてます。自分がガミガミ言いたくないから、自分が神経質になりたくないからなのよー。

 

これは本当にいつまでも分かりあえない価値観というのか、考え方と言うのか・・・。

 

なのでテレビ台も私は安いものにしたい。いつかいいものを買う日が来るかもしれないけれど、それまで、それが3年なのか5年なのかわからないけれど、ずっとごちゃごちゃケーブルのこととか台の下におもちゃが転がって行って取れないこととかそういうイライラを軽減して、気持ちよく暮らしたい。たとえそれが数年であったとしても納得できる価格で(イメージは200ユーロ以下)、シンプルでスッキリしたものにしたい。

 

だったら今のままでよくね?という旦那と、もう10年も使ってるし別に変えてもよくない?という私との間で平行線。今のテレビ台を売れば更に安くできるし、やるわ!ってことでちょっと強引ではあるけれど、私のお金で!自分でIKEA(またIKEAかーい!)で一人で買って運んで組み立てて(いや一人じゃなくて娘付きで買い物&組み立てしましたよ)、段ボールも処分して、そして今まで使っていたのは新しいものを買う前にebayに出して、即売れて、翌日には取りに来てもらって、全て完全に一人でやりました。それでも文句ある?って感じです。

 

 

 

ホント、自分以外の人と住むってのはなかなか同じ意見にならないので色々妥協しないといけないし、周りの友達も良くブツブツ言ってるけれど、散々あーでもないこーでもないと頭の中で妄想してシミュレーションして、これだ!って思っても、旦那の「イヤだ」って一声ですべてが終わってしまう、ってことよくあります。

 

全く興味がない旦那さんも困るけど、中途半端にうるさいのも困るし・・・。こればっかりは永遠に平行線ですね。考え方も趣味もすべて同じ!ってことのほうがありえないかもね・・・。

 

ってことでテレビ台のこと、これから綴っていきます。