Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆すごいご縁でやってきたマグカップ

うちの普段使いのマグカップはiittalaのTeemaです。

 

f:id:miyabi2:20190228003650j:plain

 

容量は300ml。普通にコーヒーを飲むにはいいのですが、例えばカフェオレみたいにミルクの多い物をたっぷり飲みたいときとか、ちょっとしっかり量を飲みたいとき、300mlだとちょっと少なく感じるんですよね。飲み物と共にゆっくり何かを作業したいときとか。

 

で、もう少し大きなマグカップがあればなーと思って1つでいいから大きなのが欲しいなと思っていて、同じTeemaのシリーズに400mlのもあるのですが、ちょっとなんとなくイメージが違うというか、

 

 

 

私のイメージは

・底が細くなっていないもの(倒れにくい)

・持ち手がしっかりしていて持ちやすい物(カフェとかで指1本ぐらいしか入らない、でもとっても大きなマグとかありますがあれは使いにくい!)

・大きいけれどシンプルなデザイン

 

なのですが、ドイツで大きなマグを探すとやたらめったら派手なものが多いのです。上手く説明できないけど、雑貨屋さんとかでド派手な絵が描いてあるもの、ちょっとつくりが雑なやつ。あの手のものは大きなマグカップが多い。

 

 

 

ものすごく必死ではないけれど、機会があれば探していて、スタバのシティマグも悪くはないけど絵がごちゃごちゃしてるのが好きではなく、日本でもドイツでも旅先でも気にしながら過ごしていました。かれこれ1年とか、それ以上かも。

 

そんな中、1月に出張先で泊まったホテルの部屋に置いてあったマグカップが私のイメージにぴったりだったのです!もちろん底を見たけどブランドなどではなく何も情報なし。本当にこれだ!と思ったのでそれを写真に撮り、チェックアウトの時に販売していないか聞くつもりでした。

 

が、フロントがとても混んでいておじさんが一人で対応されていたので、マグのことを聞けるような雰囲気でもなく、結局聞かぬまま終わりました。

 

その時の写真。

 

f:id:miyabi2:20190227051402j:plain

 

ホテルのロゴも控えめだったし、白で内側がグリーンなのですがその色合いも素敵でした。でもこれだ!というイメージが具体化されたので、いつか見つかるはず!と嬉しくなりました。

 

 

 

そのホテルをチェックアウトした翌日、とある場所で人が集まる機会がありそこでたまたま、本当にたまたま名刺交換をした人が、な、な、な、な、なんと!このホテルの従業員の方だったのです。名刺を見たときに、え?このホテルってもしかして・・・?と聞いてみたらドンピシャ。私が泊まったホテルでした。

 

思わずその前日に撮った写真を見せ、このマグカップに一目ぼれしたこと、でもフロントで聞けなかったので、販売しているのか聞いてみました。そしたら「プレゼントしますよ」と言ってくださったのですが、単なる社交辞令かと思いきや、なんと!

 

f:id:miyabi2:20190227051721j:plain

 

後日、わざわざ宅配で送ってくださったのです!ものすごい感激!何このご縁!しかも私が見た白だけでなく緑バージョンもあったようで、2つも送ってくださいました。

 

本当に本当に嬉しい。企業のノベルティ(まあこれはノベルティとは言わないんだろうけれど)で、ここまで欲しい!もらって嬉しい!と思ったものは今までありません。

 

はー、嬉しい♪