Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆綱渡りな1週間と悶々とする毎日

今週はかなり綱渡りです。

 

平日に2日間、私が夕方から夜にかけての仕事があり、週末は2泊で出張。旦那と助け合って(と言うと聞こえがいいけれど)娘の送迎を何とかやってる感じです。

 

 

 

が、17時で閉まる幼稚園に旦那が仕事終わりに迎えに行くのは厳しく、数少ない知り合いママさんにお願いして幼稚園にそこの子と一緒に迎えに行ってもらって、旦那にはその後、友達の家に18時に迎えに行くということで手配したのが2日間。プラス旦那に1日は17時までに迎えに行ってもらう、あとの2日は私が行ける、という感じだったのですが、この動きを旦那はなかなか理解できない。

 

火曜日は17時までに幼稚園、水曜日は〇〇ちゃんの家、木曜日は私が行く、金曜日は〇〇ちゃんの家…と言うように伝えるのですが、覚える気が無いからすぐに忘れる。文字にしてメッセージで送り付けて、何とかわからせる。大したことないやーーーーん!なんでわからんかねーーー!と忙しいこっちはイライラする、という感じです。他のママさんにお願いしたり手配してるのは私、旦那はそれに従えばいいだけ、なぜ覚えられないのよ――――!しかも迎えに行ってもらったお返しに、私が迎えに行ける2日間はそこの子たちをうちに連れてきて遊ばせてるし、家に戻っても気が休まらない。

 

それでも嫌な顔一つせずに、仕事をさせてくれるのはありがたい。

 

 

 

日頃、メールでやり取りしているロンドンの業者の人たちとミーティング、もちろブリティッシュイングリッシュで。疲れた・・・。

 

ドイツ語でドイツ人の前でプレゼン、はぁぁ・・・出来るかな。

 

色々と刺激があってありがたいけれど、なんか毎日が綱渡りすぎて、明日何の日だっけ?という感じで、やっつけ仕事になってしまってる・・・。

 

時短で復帰して以来、時間が本当に限られているので今までのように時間をかけてやってられないことも多くて、それが仕事に現れちゃっているようで、「今までのあなただったらやらないようなミスが目立つ」と上司に注意され、でも「仕事量がキツいなら言ってほしい、納得のいく仕事が出来る環境にしたいから」と言われ、そういうフォローの声をかけてもらえるのはありがたい。

 

私がメールで対応した内容が(社内・他国の他部署宛て)納得いかなかったようで、その部署の人から私の上司Aにクレームが入ったらしい。そのクレームを受け取った上司Aが別の私の直属の上司Bにメールを送ってきたのを見せてもらったのですが、私のことを知っている上司Aが「彼女の仕事の仕方を見ていたら、絶対にそんな雑な仕事やメールをするとは考えられない、だから受け取った人の勘違いだとは思う、だけれどそう受け取られている以上、フォローしてほしい」って書いてありました。泣ける・・・・。

 

「そんな対応するわけないと思う」って書いてくれてることが泣けてくる・・・。しかも上司Aと上司Bとの間だけのメールだから別にぼろくそに書いてくれてもいいのに、ちゃんとフォローしてくれている上司Aの優しさよ・・・・。

 

そしてそんなメールを受け取った上司Bは、事の発端となった私のメールにそもそもCCで入っていて、「そんなこと書いてなかったよね」ってメールを振り返ってチェックしてくれて、「何も悪いことは書いてないし、これは受け取るほうが間違ってる!」と言ってくれ、今回のことでつくづく周りの人に恵まれてるな、と思ったし、しっかり心入れ替えて頑張らないと!とも思いました。どこまでが本心でどこまでがフォローなのかわからないけれど、頭ごなしに怒られるのではなく、サポートしたいという姿勢が上司から見えてくるので、頑張らないとなと思うし色々任せてもらえることはありがたいな、とつくづく感じる。

 

 

 

何のために仕事をしてるのか?と思うこともあって、ありがたいことに旦那もちゃんと働いているので私が働かないと家計が火の車、と言うことでもない。というか私の収入がそんなに家計の足しにならないし、無理してまで働く必要はない。だからと言って、仕事をやめようとは思わないし、出来る限りは頑張ろうと思っています。

 

時短で育休から復帰した時に、生活の軸は仕事ではなくプライベートに重点が置かれて、仕事は淡々と与えられたことだけこなして、可もなく不可もなくで受け入れられたらそれでいいと思ってたけれど、そこはそんな思惑通りいかなかったな・・・と。上手くいかないこととか、納得できないこととか日々起きると、もっと気楽に仕事するつもりだったのにな・・・と悶々とする毎日。

 

はー、なんか疲れたー。