Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆旦那から引き出しを取り上げる

パラソルの土台のレシートがトレーの奥から出てきたという話を書きましたが、旦那は本当に整理しない。荒れててもそのまま。イライラ・・・イライラ・・・・イライラ・・・・。

 

そんな旦那ですから、何とか綺麗に保ってもらいたいという望みを持って、リビング収納に「旦那エリア」を作り、引き出し4段を旦那用にしました。

 

 

 

 

 

こんなの。

 

f:id:miyabi2:20190717215506j:plain

 

この下2段を旦那に自由に使ってもらい、加えて無印のファイルケースも1つあげました。上2段は出張精算と実家関連というどちらも旦那用ですが用途別にラベリングもしました。

 

旦那は何度言っても食卓で書類を広げるので、書類が置いてあると私は旦那のこの引き出しに片付けます。それは違う収納だった昔から同じ。

 

ですが、この引き出しタイプだとすぐに一杯になってしまい、入らないから違う段に入れる、結局ぐちゃぐちゃという始末。引き出しの奥に書類が入り込んで引き出しが閉まらない。

 

パラソルの土台の一件もあるので、もう私は怒ってます。なので旦那から引き出しを取り上げました。娘のお絵描きや文房具を入れる用に娘に使わせることにしました。娘も自分の引き出しが出来て喜んでます。

 

 

 

で、旦那の場所にはボックスタイプの入れ物にしました。

 

f:id:miyabi2:20190717215911j:plain

 

このタイプならとりあえず多少溢れても入れられる。どんどん入れてやる!さすがに山になれば(2年に1回ぐらいかな)旦那もたまーに整理します。

 

旦那には引き出しは無理だな。

 

 

 

そんな娘は「お絵描きボックスの“いるいらない”しようよー」と自ら言いだし、一杯になってきたお絵描きのボックスの中を整理。

 

f:id:miyabi2:20190717220204j:plain

 

自主的にですよ、自主的に。もう、旦那に見習ってほしいわ!!

 

で、お絵描きボックスの中身が半分ぐらいになったこともあり、あるアイデアが。

 

「太陽でお絵描きできるのよー」って紙を透かして絵を写すことをどこかで知った娘がやろうとするも、空中では絵が描けない。ならば!と電池タイプの電球を入れて、蓋を閉めたら即席のトレース台に。

 

f:id:miyabi2:20190717220437j:plain

 

ダイソーだったかセリアだったか、日本で買った電球。

 

f:id:miyabi2:20190717220604j:plain

 

これをボックスに入れて点灯。

 

f:id:miyabi2:20190717220633j:plain

 

ママすごーい!って言ってもらえました。お絵描きの紙もしっかり置けるサイズだし、書きやすいみたいです。下の絵を写すとそれが塗り絵になるということを発見したらしく、すごーい!らしい。

 

いるいらないのお片付けしたからできたね、また一杯になったらやらないとね、といい理由付けにもなります。ホントに、ホントに、見習ってくれー、旦那よ―――!!