Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆日本での年越し2019→2020

1年ぶりに旦那も一緒に日本へ行きました。旦那と行くと、ずっと実家にいるわけにもいかず、もちろんいてもいいけれど、母も気を遣うだろうし、私もなんか色々落ち着かないし、実家ステイはなるべく少なめにして旅行を組み込みます。

 

それでも以前に比べたら旦那も一人で色々外出するようになったので、私は買い物、旦那は観光ってのが出来たりと助かります。ここで娘が旦那についって行ってくれるといいのですが・・・、娘は私と常に一緒です。一人だったらもっとサクサク買い物できるけどなあ・・と思いつつも、娘との外出もずいぶん楽になりました。

 

今回は年末年始に弟夫婦が実家に来る予定だったので、年末年始を実家宿泊にしあとは外泊。

 

 

 

元同僚たちとの同期会や仲の良い友達と大阪でホテルステイ!みんな家に帰れる距離なんだけどでもそうやって夜まで遊んで子供も一緒にお風呂に入ったりと楽しい宿泊。

 

そしてドイツ駐在を終えて帰ってしまったお友達家族との再会!カニを北海道からお取り寄せしてくれていて、もう感激のカニづくし!

 

f:id:miyabi2:20200112141903j:plain

f:id:miyabi2:20200112141914j:plain

f:id:miyabi2:20200112142105j:plain

 

新築に引っ越して、私たちが初のゲスト!とのことだったのですが、まあこの新築が素敵だったことといったら・・・、はぁー、ため息が出るようなすごいおうちでした。

 

 

 

31日の年越しは、旦那の相手を弟夫婦にお願いし、私と娘は実家で紅白見てダラダラの年越し、これが一番やりたいこと!快く引き受けてくれた弟夫婦には感謝です。大阪市内のパブで年越ししたとか。

 

私と娘は紅白見ながら寝てしまい、でもMISIAの迫力ある歌声やレインボーフラッグの演出に目が覚める。紅白終わると、年越しまでザッピング。結局ジャニーズのカウントダウンになるのもいつもと同じ(笑)

 

そして年明け1月2日には旅行に出発しました!旅行の話はまた次回。

 

それにしても、娘は飛行機に乗るのが私と一緒のことが多いからか、旦那と一緒の機内でも「ママー」と。トイレも旦那と行きたがらないし、スクリーンの操作ぐらい旦那に頼ってーと思ったら、旦那は時間がかかるので「遅いー」と。結局、旦那がいたから寝れるかなと思った機内では全然寝れず、そして羽田で国内線までかなりの待ち時間があり疲れ果てていたのですが、旦那は空港のソファーで居眠りですよ!私は結局寝れませんでした・・・。