Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆マッキーのこと、真実が知りたい

うーーーーん、あれからどうなったのだろう。情報が突然出なくなって、真実は一体・・・。

 

f:id:miyabi2:20200216020121j:plain

 

ええ、マッキーのことです。信じてるとか、やってないと思うとか、そういうレベルでの話ではなくて、ちゃんと事実が知りたいなと。

 

 

 

21年前の逮捕の時、当時勤めていた会社の先輩に「マッキーが捕まったよ」と言われ、何を冗談を言ってるの?って全く信じませんでした。あの頃はスマホも無かったし、すぐに調べるようなことも出来ませんでした。そもそも全く想像もしていなかったことだから、マッキーと全く結びつかない罪の世界だったから、とにかく理解できなかった。ショックでショックで・・・。その後もコンサートチケットの払い戻しを受けたりしました。

 

その前も、そしてそれからも、ずっとリアルタイムでマッキーの歌を聞いてきました。どの歌にも当時の思い出が色々あります。高校生の時だったな―とか、就職したころだなー、とかそれぞれの歌に私の人生が刻まれているというか、どれも思い出深い。もうこれからの私の人生の中でリアルタイムで誰かの歌を30年近くも聴くことってないと思う。

 

真実がどうであれ、マッキーの歌に励まされ、助けられてきたのは事実。

 

f:id:miyabi2:20200216020226j:plain

ベストアルバムは持ってないけど、オリジナルアルバムは全て持ってます。

 

ファン仲間が誘ってくれてマッキーの実家の電気屋さんにも行ったことがあります。マッキーのお母さんが突然の訪問にもかかわらず暖かく迎えてくれてお茶までご馳走になりました。ちょうどマッキーが最初の逮捕の後、復活しはじめたころでした。あの時、お母さまが言っていたのは、事務所の社長さんが横領していたこと(後に1億の着服で当時の社長が逮捕されました)、本人は疑っていたけれど、社長さんなんだから信頼しなさいって言ってたのよね、でもあの時ちゃんと信じてあげたらよかった・・・、きっと辛くて苦しかったんだと思うと申し訳なくて・・・ってそんなお話をされていました。その話はなんかずっと忘れられず、今も心に残っています。

 

f:id:miyabi2:20200216023322j:plain

 

ライブで出待ちをしたこともあります。そしたら「はよ帰りやー」って車の窓を開けて答えてくれて、本当に優しい方です。

 

 

 

そして2013年の夏、ここドイツでマッキーに会うことが出来ました。このブログにも当時のことを何度か書いたことがありますが、本当に今でも信じられないことです。こんなことってある?こんなに会いたいと思っていた人に会えるってもう夢みたいと言うか、ありえない出来事でした。サイン貰ったの?写真撮った?とかみんな言ってくるけれど、本当に会いたかったから、会えるだけでもう嬉しかったから、サインなんて、写真なんてそんなこと考えてもなかった。でもマッキーから「写真撮ってあげたい!」って言ってくれて叶った1枚。

 

f:id:miyabi2:20200216021130p:plain

撮影 byマネージャーの平山君

 

マッキーのラジオによくメールを送っていたので(笑)、ドイツでファンがいるということを認識してくれていて、「え?いつもメールくれる子??えーーー!?」ってマッキーもびっくりでした。その前日にドイツに着いた時に、「よくドイツからメールくれる子がいるって話をちょうどしてたんだよ!」って。だからものすごいびっくりしてくれました。あの後、またラジオで私の話をしてくれたこと、それも本当に忘れられない思い出です。

 

少しの間、いや15分ぐらいかな、色々と話すことが出来てお別れはハグまでしてくれて、私は20年分の感謝をマッキーに伝えることが出来ました。でもあの後、更に色々と苦しい時期もあり、それまで以上にマッキーの歌に支えられました。その感謝をいつかまた伝えたい!とずっと思っています。まあ、もうさすがに会えるなんてことはないだろうけど・・・。

 

 

 

あの時、色々話したマッキーは本当に優しくて人間的にも素晴らしかったし、ずっと好きでいてよかったと心から思える人でした。実際会って、不愛想だったり芸能人面してて印象悪かったりしたら、長くファンを続けてきたことも後悔しただろうし、それを機に嫌になってたかもしれません。でも本当にいい人だったからこそ、勝手に想像してたマッキーの人の好さを何一つ裏切らなかったし、ますます好きになった。もちろんこれからも頑張ってほしいと思うし、マッキーの作り出す歌をこれからもずっとずっと聞いていきたいと思うのです。

 

そしてもちろん、罪=マッキーは悪い奴、っていうレッテルは貼りたくない。悪いことは悪いこと、だけど人がいいことは変わらない、あの時会った、話したマッキーは嘘の姿ではないと思う。

 

 

 

 

CDが回収されようが、配信が無くなろうが、私の中で聴いてきたマッキーの歌が無くなるわけではありません。もちろん一人でも多くの人に聞いてもらいたいとは思います。だって本当に素敵な歌が多いから。でも、きっと私と同じようにずっと応援してきた同じ思いのファンの人はいるだろうし、擁護するとかそういうことではなくて、駄目なものはダメ、でもだからと言って今までのすべてを否定することはしたくない。

 

21年前の逮捕後の復活をファンとしてずっと応援してきた者として、どうしても今回のことは信じられない、折に触れて歌詞や言葉や文字になった当時のマッキーの気持ち、考え方など、そういうことを思い出しても、まさかまたこのようなことになるとは思わなかったけれど、とにかく知りたいのは真実かな。

 

ファンとか言いながら最近は以前のような長距離ドライブも少なく、歌を聞く機会も少なくなってますが、久々にここ数日ずっと聴いてます。CDだったら入れ替えるのが大変ですが、デジタル化しておいて良かった。どんなに久々に聞いても、どの曲もそらで完璧に歌えるんですよね、やっぱり好きだわ。