Living in Germany

◆ドイツで暮らす◆

 

 

 

 

☆ランタン行列に参加してきました

先日、娘の幼稚園の聖マルティンのランタン行列に参加してきました。夕方17時に教会のミサに始まり、近所をランタン持って練り歩き、最後は教会の広場で集まって伝統的なパンを食べてグリューワイン飲んでウダウダとして解散という流れ。

 

教会に行くと、子供たちがたくさんいて、娘の姿を見つけたらお姉ちゃんたちが我先にと飛んできて娘をだれが構うか、どこに座らせるかみたいなことを競っていて、色んなお姉ちゃんたちに可愛がってもらっているようで微笑ましかったです。

 

f:id:miyabi2:20181114061533j:plain

 

クラスは違うけれど、長時間保育でいつも一緒のレナちゃん(6歳)が「今日は私が面倒みるから!」とわざわざ私の所に言いに来てくれました。頼もしいのー!

 

 

 

 

私はこのお祭りがどんなものなのか自分自身で体験したことが無く初めてだったので、こういうものなのかな、としか思えないけれど、旦那的には自分が子供の頃はもっと味があったんだとか。

 

でも聖マルティンに扮した人が本物の馬に乗っていて、馬の後ろをついて歩くのはなんだか本格的~って思うけど、暗いから子供たちも馬に気づいてないのか、はたまた馬なんていつも見てるからあまり特別感が無いのか馬に対する反応が薄い薄い。

 

30分ぐらい街を練り歩いたかな。最後広場に着いてからは誰が何を仕切るでもなく、ウダウダ。好きに飲んで好きに帰る。1時間程度いたらもう最後の数組にまで減ってた。みんな寝る時間だからとどんどん帰って行きました。最後のほうとは言ってもまだ19時でしたけど。

 

 

 

 

 

子供たちは思いっきり走り回って遊びまわって、娘も必死にみんなと遊んでました。そういう姿が見れたのは良かった。大きいお兄ちゃんと追いかけっこしたり、お姉ちゃんたちと遊んだり、娘と同い年の子はいないの?と思うほど、娘が一番のちびっこ。

 

ずっと娘が恋焦がれていて、一緒に遊びたい!と言っていたアリーサちゃんのママとは少し前に連絡先は交換したものの遊ぶ約束まで出来てなかったのですが、あまりにも娘が遊びたい!と毎日うるさいので具体的に約束し、2日連続で遊ぶことになりました。

 

話しやすいママ。ドイツに来て10年とのことで私とほぼ同じ。どこから来たのか聞いてみたら、なんとコソボ!

 

こないだのママとは違う人なのに、偶然またまたコソボ!

 

www.livingingermany.me

 

でもこのアルティナちゃんのママと話していたおかげで、アリーサのママからコソボ出身と言われたときには「娘ちゃんとはアルバニア語で話してるの?」ってスムーズに質問できた!

 

自国とドイツの違いには色々思うところがあるようで(幼稚園の先生がずっと椅子に座って見てるだけ、のこととか不満の様子)、予想以上に話が盛り上がりました。

 

ホント、インターナショナルだわ。別にインターに通わせてるわけじゃないけれど、自然とインターナショナル(笑)。

 

幼稚園に通いだして3か月ちょっと、私も色んなママと触れ合うことが増え、ほぼ初めての大きな集まりだった今回のランタン行列では、ママ達とのコンタクトも増えてきたなあと実感。仲のいいママとかはまだいないけど、顔見知りのママがいるというのは気が楽。ママだけでなくパパ達だって結構顔見知りだったりする。

 

子供たちだって、娘が横にいなくても私の顔を見ただけでニコーって笑って挨拶してくれる子も多い。

 

とりあえず順調に娘もみんなと仲良くしているようで一安心。